2013年09月03日

渡部良三『歌集 小さな抵抗 殺戮を拒んだ日本兵』岩波現代文庫 九八〇円+税

 戦争になったら人間が死ぬ。そう他人事のように言うことはできるが、人間が死ぬ、人間を殺すと言うことが我が身に起こるならばそれは尋常なことではない。また、そうした状況の中で、人間が生きる、それでも生き続けるということも並大抵のことではない。戦争が風化していくのをいいことに、「そんなことはなかった」と言いたがる人たちをしばしば見かけることに歴史が消されていくことの不安感を感じずにはいられない。
 この歌集は最初は私家版として一九九二年に纏められたものである。そして巻末に「本書は一九九四年、シャローム図書より刊行された」とあるように、キリスト教系の出版社から公刊されることになった。一九九九年の三刷が底本となっているから、三度は版を重ねたと言うことだろう。それが十余年を経て岩波現代文庫から刊行されたと言うことはこの歌集に歌集以上の意味があるということを意味している。それは「忘れるな」ということなのだろう。
 この歌集の作者である渡部良三氏は一九二二年生まれ。キリスト教徒であった。一九四四年、中央大学在学中に学徒出陣で中国河北省の駐屯部隊に配属されたのだが、ここで彼は戦争の現実に呑み込まれる。直面したのでも、遭遇したのでもない。まさに彼自身が戦争の現実となったのである。
 それから彼はその現実を短歌に詠んでいった。その現実の過程でも復員に際しても記録を取ることも、持ち帰ることも許されなかったが、彼はあり合わせの紙に書き留めた短歌を服に縫い込んで、生還した。そして戦後の長い時代を生き抜いた後にこれらの短歌を纏めて世に問うたのである。 

朝(あさ)飯(いい)を食(は)みつつ助教は諭したり「捕虜突殺し肝玉をもて」

 助教とは新兵の教育を担当する下士官のことである。二等兵の渡部良三にとっては直接に指導される上官である。その助教が朝食の時に何と言ったか。
「捕虜を突き殺せ」
 上官の命令は天皇の命令であった。

稜威(いつ)ゆえに八路を殺す理由(ことわり)を問えぬ一人の深きこだわり

 稜威とはここでは上官の命令であり、それは天皇の神聖な命令のことであった。それゆえに捕虜(八路とは中国共産党第八路軍のことであり、この八路は彼らが捕らえていた捕虜のことである)を殺す理由を問いただすことはできるはずがなかった。

獣めく気合するどく空(くう)を截(き)る刺されし八路(パロ)の叫びきこえず
深ぶかと胸に刺されし剣の痛み八路はうめかず身を屈(ま)げて耐ゆ

 虐殺は始まった。上官の指図のままに兵士たちは捕虜に剣を突き刺していく。捕虜の痛みを彼はじっと見ているしかなかった。

かくのみにいつくしみなし戦争(たたかい)を聖(ひじり)と宣(のぶ)るやまとの剣に

 これが聖戦だと宣(のたも)うた日本のたたかいなのだろうか。 

地に額をつけ子の生命乞う母の望み断たれぬさるぐつわにて
生命乞う母ごの叫び消えしとき凜と響きぬ捕虜の「没有法子(メイファーヅ)!」

 捕虜には母親がいた。その母親をさるぐつわで黙らせ、刺し殺す。渡部は捕虜の無念に言葉を失うのだ。「没有法子(メイファーヅ)!」は「仕方がない、諦めるさ」という意味だという。

血と人膏まじり合いたる臭いする刺突銃はいま我が手に渡る
「殺す勿れ」そのみおしえをしかと踏み御旨に寄らむ惑うことなく

 そして彼に順番が回ってきた。その刺突銃が渡された時、彼はキリスト者として自分は人を殺さないと決意する。「汝殺す勿れ」というキリストの教えに従う道を選んだのだ。だがそれは銃殺されても仕方のない上官への、そして天皇への反逆行為であった。
 渡部良三の呑み込まれた戦争の現実がこれだった。四十八人の新兵によって五人の八路軍の捕虜が虐殺され、その後面前で八路軍のスパイだとされる若い女性が乳房を焼かれ、水責めにされるという拷問を見せつけられる。そして「不忠者」の烙印を押された渡部はその日から耐えることのないリンチの日々を受けることになるのだ。

血を吐くも呑むもならざり殴られて口に溜(たま)るを耐えて直立不動
煮えたぎるこんにゃくふくむ熱りなりゲートル二足のこの連打はも

 ゲートルで両頬を殴るというリンチで、音がしないために消灯後に行われたという。リンチを受け続けた日々を綴った歌も壮絶なものがつづく。

「尽忠奉公慰安婦来たる」の貼紙を見つつ戦友等にならわぬひとり
いかがなる権力(ちから)の故に連れ来たり遠き戦野に人を売るとは
慰安所に足を向けざる兵もあり虐殺(ころし)拒みし安堵にも似る

 慰安婦のことも詠まれている。渡部は慰安婦も拒否する。そして力ずくでの人身売買を告発する。それは捕虜虐殺を拒んだのと同じ信仰の上にあるものであった。
 戦争は人を殺すことだ。それは限りなく重たいことであるが、いったん踏み外してしまうと人間は人間ではなくなっていく。しかし、人間であり続けることはさらに重たい。
 戦争が風化してゆく。そんな危機感を持ち始めてからもうどれだけの歳月が経っているだろうか。自分の教員生活の中でも二~三世代は戦争から遠ざかってきた実感がある。父母の記憶だったものが、祖父母の記憶となり、今や歴史の一コマでしかなくなっているからだ。時の流れが否応なく古い記憶を消していく。それは致し方のないことではなくて、だからこそ忘れてはならない戦争の記憶があるのだ。そうした記憶がこの歌集には満ちている。そして戦争の罪を否定しようとする者たちや新たに戦争をしたがる者たちに人間のいのちの重さを知らしめる語り部として、この歌集はここにある。


☆☆☆☆ 

戦争の責任ぼかされて歪みゆく時代(とき)の流れを正すすべなし  渡部良三

 これも『小さな抵抗』にある歌である。詠まれたのは東京裁判の頃。世の中は復興に向けて動き始め、戦争の記憶を消し去ろうとしていた。その姿勢のまま六〇年の星霜を重ねている。似たようなまちがいを犯しそうな気配が漂っているような気がしないわけでもない。

死ぬのにはちやうどいいだらうこの道を右に曲がれば戦争がある   休呆
posted by ウィンズ at 19:18| 福岡 ☔| Comment(0) | 戦争と平和 | 更新情報をチェックする

ジェームズ・クラベル著 青島幸男訳『23分間の奇跡』集英社文庫

 教師だったら、「自分の思いを子どもに伝えたい」とか、「子どもに正しい生き方を伝えたい」とか、「人権を大切にする子どもを育てたい」とか、「平和を愛する子どもを育てたい」とか、「立派な市民に育てたい」とか、思うよね。あたいも子どもを教育するってなんか自分の理想とする価値観に子どもを近づけることだと思ってたよね。ていうか、今でも思っているのかもしんない。
 なんせ、センセイのいうことを聞かない生徒なんて、どっちかというと苦手だし、まあ、本音を言えば嫌いかな。だけどセンセイのいうことを聞かない生徒は山ほどいるし、センセイのいうことを聞かずに転落した人生を送っている子や、苦労している子や、ネット右翼になっちまった子もいる。あ~あ、なんとかならないかなあ、と思う今日この頃なのよね。
 そしたら「こんな本があるよ」って、お友だちが教えてくれた。それがこれ。単行本で出たのが一九八三年、集英社文庫になったのが一九八八年だから、もう三〇年近く前に出た本なんだわ。しかも、青島幸男訳っていうのがいけてるでしょ。
 それでね、どんな話かっていうと、ジョニーという少年がいる教室に若くてきれいな先生がやってくるところから始まる。それまでの先生は教室から出され、この若い先生がジョニーたちの新しい先生になったのだ。この舞台となった学校がどこの国なのか、いつのことなのか、そんなことは何にも書いていない。ただ、新しい先生は戦争が終わって、「海の向こうの見知らぬ国からきた」人たちの一人だということだ。
 たぶん、ジョニーの国は戦争のあと外国の支配下に入ったのだろうということだけが推測できる。かつての朝鮮かもしれないし、フランスかもしれないし、戦後の日本かもしれない。だから新しい先生にジョニーたちはちょっとした不安と反発する気持ちを持っているわけだ。
 そして新しい先生の授業が始まるの。この授業がすごい。不安と反発に満ちている子どもたちの気持ちをほぐし、受けとめていく。自由を与え、権利を与えていく。そして最後まで反感を持っていたジョニーまでが、ついに
「これからは、先生のいうことをよくきいて、いっしょうけんめいべんきょうするぞ」
 と「けっしんした」のだ。
 そして新しい先生が子どもたちすべての気持ちをつかみ、「りっぱな市民として育っていくだろう」と確信するまでの時間が23分だったという、そういう23分間の間に占領された国の子どもたちが先生を信奉してしまうという奇跡のお話なのだ。
 すばらしい授業は生徒の心を掴み、子どもたちを変えていく。そのことはすばらしいことなのかもしれない。しかし、それは言い方を変えれば洗脳なのかもしれない。ともかくこの若い先生のワザには脱帽すると同時にちょっと怖くなってしまいましたとさ。


☆☆☆☆ いい授業をしたいと願っている人、子どもたちに自分の思いを伝えたくてたまらない人なんかにおすすめ。
 学級崩壊で疲れ果てている人、学校が荒れて絶望している人、生徒が言うことを聞かなくて困っている人なんかにもおすすめ。
 でも、なんてったって、平和教育や人権・同和教育で子どもを変えたいと思っている人には絶対におすすめ。そして子どもを自由に操りたい人には必読の書だね。 
posted by ウィンズ at 19:17| 福岡 ☔| Comment(0) | 教育及び教育問題 | 更新情報をチェックする

安田浩一『ネットと愛国―在特会の「闇」を追いかけて―』講談社

 近頃、ネットの世界での人権問題というのが大きな課題になってますねぇ。人権に限らないですが、猥褻なものから残虐なものまでその表現は際限なく自由になっています。それって手塚岸衛の言う「消極的自由」なんですかね。
 えっ!「なにそれ?」と言う声が聞こえましたのですけれど、説明しますとですね、その昔、千葉師範学校付属小学校に手塚岸衛というセンセがおったんですと。千葉師範ていうのは今の千葉大学教育学部のことだと思うんだけど、その人がいわゆる大正自由教育の音頭取りの一人で、モロに「自由教育」論をぶっていたわけですよ。その彼がですね、
「自由には消極的自由と積極的自由がある」
 と言ったわけですよ。
 手塚の言う「消極的自由」というのは、例えば、籠の中の鳥は行動が制限されているから不自由なのだ。それで籠をとってやったら自由になる。そういう自由なのですね。それは限りなく勝手気ままになるのでよくない。つまり、そのままほっとけば、
「空気もじゃまだ」
 とか言って、空気まで取り去ってしまうことになる。そしたら死んでしまうじゃないか。まあ、そういう自由だってことでね、この消極的自由というのはあまりお薦めできない、ということのようなんですね。
 それにたとえれば、まさにネットの世界は消極的自由の世界なのですよ、今や。2ちゃんねる、というのは知ってますよね。ネット上でいろんなことを匿名で語り合っているサイトです。年中、管理者に不適切な書き込みがあるので削除するように勧告があるらしいけど、なかなか対応はされていないって、この間の新聞に出てたわ。それで覚醒剤の売買なんかにも使われているみたいだと書いてありましたですね。それって「消極的自由」をやりすぎて空気までとっちゃった、みたいな状態だと思うのね。
 それで、インターネットと人権の問題がいろいろ取り沙汰されるけれど、なんか放置されたまんまみたい。手の施しようがないのかしらね。人権侵害についてはめちゃめちゃだもん。検索してると部落差別やら、民族差別やら書き込みしほうだいね。差別発言ってシャバではきつく禁じられているから、ネットの中では匿名だということもあって勝手気ままに発散できるのかもね。そうして多くは弱い者いじめのスタンスと愛国を強調するので、〈ネット右翼〉なんて言い方もされているようですね。
 そんな中でネット空間から飛びだしてきちゃった人たちがいる。それが〈在日特権を許さない市民の会〉なのね。略称〈在特会〉。街角に出て在日朝鮮人に対する差別語満載の暴言を叩きつけていくカタチで出没し、それを動画に撮ってインターネットに流すというやり方で会員を増やしている連中だ。そして京都朝鮮学校妨害事件とか、徳島県教組乱入事件とかを引き起こして、こちらは逮捕者も出している。そうね、徳島県教組乱入事件は学校の先生ならよく知っているかもしれませんね。
 彼らの標的は在日韓国・朝鮮人の人たち、そして被差別部落。ともかくそれなりに批判することに対してタブーがあると考えられてきた被差別者に対してそうした暗黙のタブーを破ることを目的とするかのように耳を塞ぎたくなる差別的暴言を吐き続ける。
 著者の安田浩一氏はこの在特会の動きを追いかけてきたルポ・ライターなんですね。会長の桜井誠(本名高田誠、北九州市出身)をはじめとして、在特会の活動家をずっと追いかけて彼ら、彼女らに嫌われながらもその心の底にあるものを引き出そうとしているのがこの本なのですよ。
 この在特会、っていうのは愛国を語ったりするから右翼のようにも見えるけど(ネット右翼と言われるのはだいたいこういうものみたいなのだけれど)、最初は在特会を支えようとして「大人」の右翼たちも見放すようになったという。なぜなら在特会には、
〈思想がない〉
 のだと「大人」たちは見限ったらしい。とすると、彼らの活動は何をめざしているのでしょうかね。安田氏の取材を受ける在特会のメンバーの中には当然安田氏を忌み嫌うのもいるが(例えば桜井会長)、けっこう人なつっこい若者やふだんは物静かであったり、おだやかな人物もいるようなのですよ。そしてそれぞれがそれぞれに屈折したものを持っているみたいなんですね。同じような存在はあなたの隣にいるだろうと安田氏は言う。確かにいそうな気がします。もしかしたら、現代社会はそういう人たちを生み出しているのかもしれませんね。そして学校教育が教えてきた人権だの平和だのといった教師という「左翼」「エリート」の作った教条をぶちこわしたい在特会のような世代が続出してくるのですかね。こうした流れが人権や平和に影響を与えなければいいのにと不安におののいてしまいました。
 あ、そうそう、最初に書いた手塚岸衛の自由ですけれど「積極的自由」というのは理性に従って選択する自由なのでほぼ服従と同義なんですって。今ふうに言い直せば、「将来、いい生活したいよね、それなら勉強して、いい点取って、いい大学行って、いい会社に入ろうね。」という理性的な価値観に乗っかる自由で、たぶん「いい子」であり、「エリート」であり、学校の教師(日教組)の好みそうな生き方のことなのかな。そうしたら、在特会の「闇」が人権教育や平和教育にとって他人事ではないと思えるのですけれども。


☆☆☆ そう言えば福岡で在特会同様に部落解放同盟や日教組を攻撃してきた近藤将勝氏や、福岡市内でバーを経営しているという自称革命家の外山恒一氏なども在特会について取材を受けている。近藤は彼らの「言葉が宙に浮いている」と突き放し、外山は彼らを「うまくいかない人たち」と評した。
posted by ウィンズ at 19:16| 福岡 ☔| Comment(0) | 人権問題 | 更新情報をチェックする

団鬼六/黒岩由紀子『手術は、しません-父と娘の「ガン闘病」450日』新潮社

 しばらく前になるが、母が長い闘病生活の末に亡くなりました。ちょうど年の瀬も迫った十二月のことだったと思います。田舎の妹から連絡があり、嚥下障害がきびしくなったので、胃に穴を空けて直接流動食を流し込むことにしたと言うのです。少しずつ弱っていく母ではありましたが、苺が好きなので、「春になったら福岡の苺を持って行ってあげるね」と言うとうれしそうな顔をして、「ああ、楽しみにしているよ。それまでは死ぬわけにはいかないね。」と笑っていたのはほんの一ヶ月前くらいのことでした。だから、その連絡は私にとってはかなりショックだったのです。医師の話ですと、「再び口から食べられるようになる人もいます。」ということでした。そのニュアンスの微妙なこと。医師は決して嘘はつかない。そしてその言葉に嘘はない。確かに嘘ではないのです。そして母が再び食べられるようになるとはひとことも言いませんでした。これも医師としては正しい判断なのでしょう。そしてその時の妹にはなにかを判断することはできなかったのです。

生き方を選べぬ老母の生き方は医師のルールで決められていく   休呆

 年が明けて田舎に帰り、病院に母を見舞いました。母はベッドの上に寝たきりになり、時間になると流動食の入った袋を看護師さんが点滴の器具にぶら下げ、胃に繋がったチューブとドッキングさせてくれる。それが母の食事でした。
 私が来たことを知ると母はまなざしで顔を寄せるようにと合図を送ってきました。母の口元に耳を近づけるとかすかな声で母が言ったのです。
「苺が食べたい。春にあんたが持ってきてくれた苺がおいしかった。あれをまた食べたいよ。あの苺を食べられたらきっと元気になるような気がするよ。」
 母がもう口から食物を摂取できないことはわかっていましたけど、私は嘘をつくしかありませんでした。
「もうすぐ春になるから、そうしたら苺を持ってくるね。それまでに苺を食べられるように元気になろうね。」
 しかし、春が来ても母は回復せず、流動食にしてから半年後母は亡くなりました。半年の間、苺を口にする夢だけを見続けて。叶うはずのない夢を追わせることってすごく残酷なことなのではないでしょうか。食べたいものが食べられず、ベッドの上から降りられず、命が消えるその日まで生き続けなくてはならない。「生きる」っていったい何なんでしょう。おそらく時が来れば私もそんな場面に向き合わざるを得なくなるのかもしれません。その時、自分で自分の生き方(=死に方)を選べるだろうとしたら、どうするだろうか。もしそれすら選べないときには・・・
 と言うことで、この本の著者である団鬼六は知る人ぞ知る大作家。知らない人には一生知らなくてよい大作家。あなたは知っているかなあ。その出世作は『花と蛇』。斯界では名作中の名作とも言われ、『花と蛇』に始まり、『花と蛇』に尽きるとも評価されているらしい。よくわからないけど。たぶん、このコーナーで紹介されるべき本ではないでしょうね、きっと(『花と蛇』〈1~10〉幻冬舎アウトロー文庫 各六八〇円)。
 団鬼六は七十八歳にして食道癌と診断されました。そして、その日からおかしな闘病生活が始まるのです。この本は団鬼六が「残日録」と題して『小説新潮』に二〇一〇年五月号、八月号、十二月号に掲載した文章と、その最後の四五〇日間をつきあった娘の黒岩由紀子さんの文章とが掛け合い漫才風に編成されています。そして娘さんの父親と父親の死に対する向き合い方がすごい。
 なにしろ「残日録」と名づけるくらいですから団鬼六は死を意識してこの文章を書いていたことが想像できます。団鬼六は慢性腎不全を抱えていてそれまで三年ほど透析を続けていました。透析を受けながらも彼は銀座や新宿で夜遊びをし、何かあればパーティを開き、酒は呑み、煙草は吸い、という生活を続けていたのです。
 その団鬼六が癌宣告の後どうしたと思いますか。まず手術を拒否したのです。彼は子供たちに言います。
〈親を無理矢理長生きさせることを、親孝行だと思うな〉
 うーん、食べたいものも食べさせず、半年ものあいだ母親をベッドの上で生かし続けた私にはずしーんと来るひとことです。そして団鬼六はそれまでと変わらず、夜遊びをし、透析と癌の治療のための通院と執筆活動を続けるのです。そして亡くなる直前にはなんとうな重まで食べてしまうというすごい生き方=死に方を見せてくれたのです。
 生きるとはどういうことなのでしょうか。それは誰にもきっとわからないだろうと思います。わからないからそれぞれの思いで生と死とに向き合います。身内の者は愛する人に一日でも長く生きていてもらいたいと願い、医師はあらゆる技術をもって患者を一日でも長く生かそうとし、その願いに応えようとします。当の本人はその時どう考えたらいいのでしょうか。もし、考えを述べるチャンスがあったら私はどういう死に方を選んだらいいのでしょうか。この本を読んで少し前へ進んだような気がします。


☆☆☆☆ この本は団鬼六という異色の人物の闘病記なのではありません。また、団鬼六がSだとかMだとかいうこととも関係ありません。人権の基本にある〈命〉〈生〉というものを建前でなく,本音で考えるために読んでみませんか。
 
posted by ウィンズ at 19:15| 福岡 ☔| Comment(0) | 人権問題 | 更新情報をチェックする

2012年04月07日

架神恭介+辰巳一世『よいこの君主論』ちくま文庫 七八〇円+税

 困ったことなのですが、実は私のクラスがまとまっていなかったのです。受け持って二年目のクラスなんですが、最初から落ち着きのないクラスでした。子どもたちがバラバラで、いじめなんかもあるみたいなんです。人権・同和教育では学級集団づくりがたいせつだと言われるので、集団づくりとか仲間づくりとかで実績のある先輩たちの意見を聞いたり、時には指導してもらったりしてやってみたのですが、どうにも自分の思ったように子どもたちはいい集団になってくれないのです。
 そんな私の息抜きが時々応援に行くプロ野球なのです。今年は無事クライマックスシリーズも制して、さあ日本シリーズ!というときに読売球団の代表があの渡邉恒雄氏を告発するという事態が起きて、大騒ぎになりましたね。あのとき職員室でその渡邉恒雄という人物についていろいろ話題になったのです。というより、自分のクラス一つまとめきれない私ですから、あの読売新聞とか読売ジャイアンツとかを支配している権力者っていうのが少々うらやましかったわけです。それで隣の2組のY先生に話しかけてみたのです。
「Y先生、この清武代表ですか、あのナベツネに刃向かったっていうのが凄いですね。私なんか校長の悪口なんて、これっぽっちも言いきらんですもん。」
 そしたらY先生は、
「まあ、蟷螂の斧、とかいうんじゃないの。勝てる喧嘩じゃないだろうに。ささやかな抵抗ということにおさまるんだろうね。」
 とクールなことを言った。それを聞いていた3組のS先生が口を挟んできた。
「世論が味方すれば勝てると思ったんじゃないのかなあ。実際僕なんかも快哉を叫んだとこもあるよ。」
「あたしもちょっと溜飲を下げたわ。だけど、結局喧嘩には負けちゃったんでしょ。下げた溜飲が逆流してきたわ。うっぷ。所詮権力者には勝てないのかしら。」
 と、私はうまく両方に話を合わせてみた。
「そんなにナベツネの権力って凄いのかなあ。」
 S先生の疑問にT先生がしたり顔で言う。
「なんかね、官房長官が毎月だったか、毎週だったかナベツネのところに政情の報告に行くことになっているらしいよ」
「そんなバカな。権力者とはいえ、ナベツネは読売内部の人間だろう。民間人じゃないか、官房長官は国家を担っているんだぜ。ホントだとしたらどんな権力なんだい?」
「いや、そうだって。」
「ホントかなあ。誰が言ったのさ。ガセネタじゃないのかい?もしそうだとしたらこの国はおしまいだぜ。民主主義もへったくれもないし、メディアの横暴じゃないか。」
「確かにそうよね。新聞も読売だけじゃないわけだし、朝日もNHKもあるでしょうに。」
 私もS先生と一緒にT先生に反発してみた。
「い、いや、まちがいない。確かテレビで言ってた。」
 テレビか。テレビが言うにしても、根拠はあるんだろうし、そんな噂話をばらまかれても困る。それはみんなの疑問だった。
「でもさ、ほんとだとしたらさ、何でそんなふうになれるんだと思う?」
「興味あるわね。」
「僕も知りたいな。将来権力者になってみたいし。」
 あら、T先生の野望がちょっと見えたところで、チャイムが鳴った。実は私もあの統制の取れていないわがクラスの子どもどもを〈女王様〉として支配してみたかったのね。
 まずは渡邉恒雄がどんなに権力者なのかを確かめたくって、魚住昭『渡邉恒雄 メディアと権力』(講談社文庫 七六二円+税)をひもといてみた。おもしろい。これは十年以上前に書かれた本だけど、まさに今の彼のことがよくわかる。と言うより、この本が書かれてからの十数年間も、渡邉恒雄はさらに権力者としての地位を確かにものにしつづけているのですから。私だって、学級の女王から、学校の女王ぐらいにはなってみたいしね。
 渡邉恒雄は、学生時代は共産党で組織体験をしていたんですね。そして、共産党を離れてから、読売新聞社に入ってのし上がっていく過程が実に見事に史実に基づいて描かれています。これは渡邉恒雄という一人の人間の出世物語としてもおもしろいのですが、処世術の本として読むとまたちがう味わい方ができます。なんせ、名もない学生が新聞社もしくは日本社会という世界でのし上がって行き、人心を掌握し、大組織を経営している話ですから、『三国志』とか、戦国大名の話などがお好きなビジネスマンにとっても興味深いところで、あっ、T先生もそういう管理職にでもなろうという気持を持っているわけか。ふふ、私は女王様よ。
 で、まあ、『メディアと権力』のなかで書いてあるのが、渡邉恒雄は哲学科の卒業で、そのことが彼にとって自信の源だったらしく、特にマキャベリの『君主論』が愛読書だと書いてあった。マキャベリズムってよく聞くのだけれど、実はあまり意味がわからないのね。なにしろ、哲学とは遠いところにいたから、ですね。それで『大辞林』をひいたら「①どんな手段でも,また,たとえ非道徳的行為であっても,結果として国家の利益を増進させるなら許されるとする考え方。イタリアの政治思想家マキャベリの思想から。 ②目的のためには手段を選ばないやり方。権謀術数主義。」とある。うーん、しかし、それはどんな哲学なんだろう?それに学級経営に使えるかなあ?少なくともあの子どもどもを支配するのには役に立つのかもしれない。
 ということで、ちょっとだけ知的好奇心がわいてきた私は本屋さんに行ってみました。『君主論』はいくつも翻訳があって、私は池田康訳『新訳 君主論』(中公文庫 七八一円+税)を選びました。新訳だから訳もわかりやすいんじゃないか、と思ったのです。そしたら、『よいこの君主論』(ちくま文庫)が目に入りました。なんと表紙に漫画っぽいのが描いてあります。パラパラ開くとゲーム本の解説みたいな漫画での人物紹介が出ているんですね。「ひろしくん(10さい)」とかあって、「勉強 C+、運動 B-、用兵 S……」とかなってて、人物評が載っている。思わず、これも買い求めてしまいました。文庫本だから安いものです。で、帰りにコンビニに立ち寄ったら、許成準『超訳 君主論』(彩図社 一二〇〇円+税)というのがあったので、これもゲット。何だか、もう君主になったみたい。
 そして、まずは正統派『新訳 君主論』から目を通してみました。そしたら、意外と読みやすいではありませんか。たとえば「一 君主国にはどんな種類があり、その国々はどのような手段で征服されたのか」「二 世襲の君主国」「三 混成型の君主国」「四 アレクサンドロス大王が征服したダレイオス王国は、大王の死後も、後継者への謀反が起きなかった。その理由はどこにあるのか」……という具体的な項目が二十六続くんですね。でも、そのアレサンクロドス、いやアレクサンドロスか。そんな舌を噛みそうな名前の王様なんて知らないし、どうしようかと巻末の解説をめくったら、マキャベリが『君主論』を書いた頃のイタリアは「北にミラノ公国とヴェネツィア共和国、中部にフィレンツェ共和国、南にローマ教皇領とナポリ王国という五大強国が並び立っていた」そうで、「それぞれの国はいずれも近隣の小国へ領土的野心をもち、外国の絶対王制の国々も虎視眈々とイタリア半島をねらっていた」とあるから、司馬遼太郎じゃないけど国盗り物語の真っ最中だったようなんですね。そして、マキャベリはそうした国々の興亡を分析して「国の分類」「軍事」「君主の資質」なんかについて解説しているのです。しかし、イタリアの歴史を知らないとよくわからないところがあるわけでひいちゃうところがあったのです。ところが、いわゆる「マキャベリ語録として知られる名言が随所に散りばめられ」ているそうで、なるほどそれなら現代の支配者希望の人たちの役に立ちそうな感じがしますね。
 それならと『超訳 君主論』を開くと、こちらはその名言らしきものを小見出しに持ってきて解説を加えている。副題に「マキャベリに学ぶ帝王学」とあり、「最強のリーダー論」と銘打たれているから、ぐっと現代に引き寄せてあるんですね。
 そして教師として気になるのは、やはり『よいこの君主論』ですねぇ。これはマキャベリの『君主論』を子どもたちが学べるように書いたものとなっています。前書きがすごいんです。「よいこのみんなへ」として「この本(ほん)ではクラスを制圧(せいあつ)するために役立つ(やくだつ)知識(ちしき)や、下々(しもじも)の者(もの)どもの心理(しんり)などをわかりやすく解説(かいせつ)しているよ。」と書き始められているのです。その次には「保護者の方へ」があって、「確かにマキャベリをビジネスに応用すれば、社長業の参考にはなるでしょう。ですが、社長になってから君主論を学ぶのでは遅すぎるのです」と、教育ママを刺激する言葉が書かれているではありませんか。教師としてはそそられるものを感じるではありませんか。そうだ『超訳』も『新訳』もとりあえず置いといて、まずは『よいこの君主論』から読もうと思ったのです。
 この本はマキャベリの『君主論』を下敷きにとある5年3組を舞台にして主人公「ひろしくん」がクラスを制圧していく過程を描いています。つまり、『君主論』で分析されているイタリアが5年3組で、ひろしくんやりょうこちゃんといったリーダーっぽい子どもは強国の君主。「うぞうむぞう」のクラスメイトたちは近隣の小国にあてはめて、子どもたちの権力闘争のポイントが『君主論』に則って描かれていると言ったらいいのでしょうか。そしてわかりました。私のまとまりのつかないクラスを最高の学級集団にする秘訣が、ですよ。ここで教えろ、ですって。ダメ。ふふふ、女王の座は譲れないから。ということではなくて、私は女王様にならなくたっていいことがわかったわけよ。
 ともかく、いわば権力志向の本を人権・同和教育の『ウィンズ』で紹介するなんてなんてことだ、とお叱りを受けるかもしれませんが、それはとんでもない見当ちがいというものです。確かに私は自分のクラスの集団づくりに悩んでいました。でも、この本を読んで上手くまとまっているクラスっていうのは、実は教師という絶対的な君主がいるということを意味しているのじゃないか、と思ったのですよ。マキャベリは多くの「君主」のあり方を研究して、それを主君メディチ家に献上したのですけれど、よく「目的のためには手段を選ばない権謀術数の書とも曲解」(新訳『君主論』解説)されているのは女王様のマニュアルみたいな評価のされ方をなされてきたということなんでしょうね。
 しかし、目的のために選んだ手段を記述したのが『君主論』で、君主と君主、君主と人民の関係のあり方を描いたものだと考えていいみたいなのです。そしてそうした人間関係を5年3組に置き換えてみれば、ひろしくんはじめ5年3組のお友だちはそれぞれが君主にたとえられるわけね。そして他のグループを制圧したりするんだけど、それは子どもだちの人間関係を意味していると考えたらいいのですね。君主とはリーダーであり、制圧というのは集団のリーダーとなること、と読み替えれば、ごくふつうのクラスの中の人間関係がそこにはあるわけです。そして子どもたちっていうのは自然にそういう集団活動をしているわけなのですね。そういう活動って教師の指導とは全く別個の動きなんです。
 そうそう、この5年3組にも担任はいるのですね。十文字先生というのだけど、この先生はまったく姿が見えないのです。遠足やらドッジボール大会や騎馬戦まで教師が出てきてグループ分けをしそうなところまで子どもたちが勝手にやっていて、それが学級の中の勢力図を形づくっているんですね。ありえないといえばありえない設定なんですが、それは子どもたちの自然な集団形成を観察する設定としてはこれでいいのです。で、この十文字先生は三学期になると突然産休でいなくなってしまうのですね。そして登場したのが厳格な指導力を発揮する産休代理の先生なのです。ここで、教師の指導力が学級をたばねるかというと、意外な展開となります。教師は(自分はそう思っているかもしれないけれど)子どもたちのリーダーじゃないのですよ。君主である子どもたちにとっては教師は不慮の災害みたいなものでしかないのです。それに上手く対応できた君主とその存在によってつぶされていく君主とが出てきます。そうなんです。子どもたちは教師の動きを見て政治的に対応しているわけなのです。だから私は女王様として子どもたちに君臨する選択肢は捨てました。それから、教師の意図で思うような集団づくりを試みるのもやめたのです。そうしたら、ええ、ばっちりでした。
 最後に5年3組を制圧したひろしくん、制圧された5年3組はどういう状態になったと思いますか。ひろしくんはみんなに慕われ、戻ってきた十文字先生の見た6年3組は子どもたちの表情がおだやかになり、いさかいもなく、よく学び、よく遊び、クラスは一丸となっていろんな行事に取り組み、「最高の一年間」になったということです。これは架空のお話だけども、きっと私のクラスもそうなるにちがいない。だって私には『よいこの君主論』があるから。



☆☆☆☆ 誤解と偏見で語られる『君主論』だけど、実は集団づくりのテキストなんです。そして職員室をまとめるにも、組合をまとめるにも、校長会を仕切るにも必読の書ですね。『よいこの君主論』を『超訳』や『新訳』とつきあわせながら読んでいくと人間関係を読み解いて、集団づくりに役立つこと請け合い。もちろんご自身の立身出世の野望にも役に立ちますよ。人望のない校長先生にも教えてあげてね。

※本文中二箇所「子どもども」となっているが、「子ども」の次の「ども」には傍点を付してある。
※「よいこのみんなへ」の引用に( )で括ったのはルビであります。
posted by ウィンズ at 10:13| 福岡 ☀| Comment(0) | 教育及び教育問題 | 更新情報をチェックする