2017年05月10日

原田実『江戸しぐさの正体―教育をむしばむ偽りの伝統』星海社新書 八二〇円+税



 道徳が教科化されるっていうし、『心のノート』はそのための教科書の準備みたいなかたちで『私たちの道徳』というガッツリした本となって手元にあるはずだ。その文部科学省著作の『私たちの道徳 小学校五・六年』を開いてみよう。その58頁に「江戸しぐさに学ぼう」という教材が載っている。
〈江戸しぐさ〉
 聞いたことあるだろうか。当然、聞いたことのある人は知っているし、聞いたことのない人は知らないだろう。だけど着実にあちこちで企業の研修なんかでもてはやされているらしい。
 『私たちの道徳』ではまず、「三百年もの長い間、平和が続いた江戸時代に、江戸しぐさは生まれました。江戸しぐさには、人々がたがいに気持ちよく暮らしていくための知恵がこめられています。」と紹介されている。なんとなくひかれるではないか。そして「かた引き」、「こぶしうかせ」、「かさかしげ」、「おつとめしぐさ」という四つの〈江戸しぐさ〉が枠囲みで紹介されている。どういうことかというと、たとえば「かた引き」というのはせまい道で人とすれちがうときに互いに右の肩を後ろに引いて相手にぶつからないようにすることであり、「こぶしうかせ」というのは複数の人が一緒にすわるとき、一人でも多くすわれるようにみんなが少しずつ腰を上げて場所を作ること、なのだそうだ。
 大都市であった江戸でお互い仲良く暮らしていくためのちょっとした心遣いなのだそうだが、どこかで聞いたことのあるような表現だなと思ったのですな。
 そう言えばわが愛読書の池波正太郎の『鬼平犯科帳』(文春文庫 全二十四巻 時価)に似たようなのが出てくる。「お勤め」、「急ぎ働き」、「嘗め役」、「引き込み」、「盗人宿」といった用語だ。これらを『江戸時代語辞典』(角川学芸出版 二二、〇〇〇円+税)で引いても全く出てこない。主人公の鬼平こと火附盗賊改長谷川平蔵は実在の人物であるが、小説はもちろん池波正太郎の創作であり、ここに出てくるもっともらしい用語はすべて池波正太郎が小説にリアリティを持たせて作った造語であるからだ。
 ほら、なんとなくひびきが似ているだろう。「江戸しぐさ」もまた学術的著作のどこにも出てこない。ふつうこの段階で怪しいと気づいてもよさそうなものだが、この表現のもっともらしさが落とし穴なのだ。そういえば、この池波鬼平用語を実際に江戸時代に使われていた言葉だと信じ込んでいたのが友人にいる。笑ってしまうが、そこに池波正太郎の凄さを見てしまう。
 〈江戸しぐさ〉も似たような江戸っぽい表現なのだが、鬼平が小説として書かれ、時代劇として上映されていたのとは異なり、こちらは事実として語り、広められていることだ。それで、研修などという名目で一儲けしているのだろう。もとい江戸商人の行動哲学だという触れ込みだから、企業なんかじゃニーズがあるんだろう。
 ところで、だ。私たちはいろんなガセネタにだまされたことがある。霊感商法、血液型と性格、体型と民族の優秀性、野菜スープで癌が治るなど、どこかで聞いたことがあるだろう。まことしやかに人の心の隙間に入ってくるこうした嘘も罪のないものならば問題はない。有名な血液型と性格についても、それで楽しんでいるうちはいいが、ブラッドタイプハラスメントのようなものになってしまえば、問題だろう。例えば、「AB型の性格は嫌いなのでつきあわない」などというふうに使われれば、血液型と性格というガセネタは放っておけるものではなくなる。つまり、笑ってすませられる話と笑えない話とがあると言うことだ。
 で、この〈江戸しぐさ〉だが、江戸時代の史料や文献など、どこを探してもそういう言葉は出てこない。不思議だろう。で、著者の原田氏はそこを徹底的に調べ上げてこれが〈偽史〉だと断定する。〈偽史〉であるということは何らかの作為があって歴史が捏造されたということだ。それは池波正太郎が長谷川平蔵という実在の人物をおもしろおかしく脚色して小説にしたのとはわけがちがう。『鬼平犯科帳』を読んで、「これは嘘だ!」と怒る人はいない。池波正太郎も「これは史実だ」とは書いていないし、あくまでエンターテイメントとして書いた小説だ。しかし、〈江戸しぐさ〉は・・・・
 〈江戸しぐさ〉は芝三光という人物によってつくられた偽史であると本書は解明している。偽史であるということは霊感商法のように特定の価値観に人を騙して導く、それは知的犯罪だと言っていい。その特定の価値観とは、本書によれば芝氏の育った昭和戦前期の生活感に基づいたもののようだ。ということは教科化を迎えようとしている道徳はそのような価値観を子どもたちに刷り込もうと考えているように思われる。
 実際、〈江戸しぐさ〉は『私たちの道徳』だけではなく、何種類もの道徳の副読本に載り、なんと検定済みの『中学社会 新しいみんなの公民』(育鵬社)という教科書にまで載っているのだ。しかもこの教科書は採択をめぐって大騒ぎになったことで記憶に新しい。そして、子どもたちの道徳をむしばんでいくことになる。この背景には「自民党=安倍晋三ラインの支援を受ける形で教育現場に広まっている」という動きがあることも本書は指摘しているのは興味深い。
 偽史に対して正史という歴史がある。これは正しい歴史という意味ではない。正史とは「国家が編纂した正式の歴史書」(『広辞苑』)である。つまりは国家を正当化する歴史であって、戦前の正史というのはもちろん皇国史観に基づいた歴史観である。それがどういうものであったかおわかりであろう。そのためには〈江戸しぐさ〉が偽史であることを見破るわざを本書から学ぼうではないか。


☆☆☆☆ まあ、文科省や育鵬社が勇み足をしちゃったけれど、検定はそれを認めてしまったことは恐ろしいことだ。監視の目をゆるめないことだな。
 
posted by ウィンズ at 15:15| 福岡 ☁| Comment(0) | 歴史 | 更新情報をチェックする

眞嶋亜有『「肌色」の憂鬱 近代日本の人種体験』中央公論新社 二三〇〇円+税



 ヘイトスピーチが特定の民族に対する憎悪に基づくものならば、その根底にはレイシズムというものが存在している。そして、そのレイシズムはもとより白人社会においては有色人種とされるわれわれに向かっているものなのであった。しかし、現在ではアンチ・レイシズムを標榜する団体に言わせれば肌の色や民族、家系など「あらゆる出生による属性を対象とした差別」(People's Front of Anti Racismのホームページ)を指すものらしい。その意味ではいわゆる人種差別のみならず、在日コリアンに対するヘイト・スピーチも、部落差別もレイシズムという括りに入るものだと考えていいようだ。
 しかし、われわれ日本人の心性にとって微妙なのは西洋人に対する身体的コンプレックスという問題だ。日本が明治維新を経てアジアの大国たらんとした時に出会ったのは肌の色であったのではないか。
 内村鑑三という人を知っているだろう。『余は如何にして基督信徒となりし乎』、『代表的日本人』(いずれも岩波文庫にあり)などの著作がある近代日本の思想家である。本書ではまず内村が引き合いに出される。読者諸氏も手元のパソコンで「内村鑑三」を検索してみるといい。そこでヒットする彼の肖像はみな日本人離れした風貌であることを確認するにちがいない。
 それは内村にとってはかなり自覚的な行為だったというのだ。日本の近代はそのような意識によって始まったのかもしれない。肌の色、背の高さといったいわば人種的な特徴を織り込んだ複雑な心性が歴史の中で醸成され、日本人の世界認識を形成していったとも考えられる。
 例えば夏目漱石。彼は内村のように背は高くなかった。彼はロンドンに留学した体験を持つが、彼にとってその留学生活は相当に不愉快で惨めな体験をした日々であったと言われる。それは世界の一等国に成り上がったはずの日本の不安そのものであったという。さらには日本が日独伊の三国同盟を結んだことも、人種という大きな矛盾を抱え込んでいたのである。なにしろナチという史上最悪のレイシストと彼らが侮蔑してやまない「黄色人種」の日本人が同盟を結んだのであるから。尤も、現代でもナチにあこがれ、ヒトラーに共感する日本人がいるらしいが、その人たちは自分が白人社会で差別される存在であることを知っているのだろうか。
 一方で、欧米社会では如何に同じ黄色人種である中国人とちがうかを強調しなければならず、そのような屈折した経験を日本のから留学したエリートたちは西洋と接触するたびに体験していたのである。
 そして最終的にその差を見せつけたのが戦後直後の天皇とマッカーサーとの会見写真であろう。この有名な写真は日本国民に敗戦という現実を物理的に示してくれたものであったと言ってもよいだろう。
 本書はハーバード大学ライシャワー日本研究所に籍を置く若い研究者によって書かれた著作である。アジアでいち早く近代化を推し進め、西洋の強国、大国と肩を並べようして無理をした日本人の、そしてその返す刀でアジアの人々を差別してきた日本人の倒錯したレイシズムの構造が垣間見えてくるのである。
 われわれは単に「差別はいけない」という以前に差別の背後にある「肌の色」とその歴史を読み解く必要があるだろう。まさしく近代日本人にとって、西洋化を目指すには「肌色」は憂鬱以外のなにものでもなかっただろう。それは今でも続いているのではないだろうか。その裏返しの心性が日本におけるレイシズムとして朝鮮学校の襲撃やら、ヘイトスピーチやらに反映しているとすれば、この本は絶対に読んでおかなければならないだろう。民族差別、人種差別(肌の色差別)の愚かさを一口に言うのは簡単だが、それはかなり屈折した歴史に依って作られてきたのだということが、何ともおもしろい。われわれがレイシストであることじたいが滑稽なのだと理解したいものだ。

☆☆☆☆ ラドヤード・キプリング、エルヴィン・ベルツ、ジョルジュ・ヴィゴー、ラフカディオ・ハーンといった近代史における親日家をご存知だろうか。彼らは日本人並みの身長であったらしく、それが彼らにとってそれなりに意味があったということも書いてあった。いやはや人間はフクザツなものだ。
posted by ウィンズ at 15:07| 福岡 ☁| Comment(0) | 歴史 | 更新情報をチェックする

2009年09月29日

関曠野著『歴史の学び方について』窓社 一九九七年

 副題に〈「近現代史論争」の混迷を超える〉とあるように、本書は藤岡信勝氏らの自由主義史観を批判することから論を起こし、「自由主義」「市民国家論」にまで言及した意欲的な小論である。著者の関曠野氏はおそらくもっとも藤岡氏を理解した批判者だろうと思う。藤岡氏の主張が「ポスト冷戦を背景として出てきたもの」であることや、藤岡氏が「挫折から学ぶことによってきちんと滅びようとした左翼知識人なのである」ことなどを指摘して藤岡氏の位置づけを正確に行っている。きちんと理解しているから藤岡氏が犯しているまちがいや藤岡氏の発言の水準までが実によくわかる。こういう批判は実に心地好い。冷戦後という時代の歴史をわれわれはあらためて同時代史として認識する必要があるのだろう。その作業が抜けていて相変わらず冷戦構造の枠内(敵か味方か)で思考したり、運動をしたりしていたのでは歴史に取り残されるのはかつての前衛ということになってしまう。「同和」教育も解放運動もそういうところに来ているのだろう、というのは僕の勝手に受け取ったメッセージだ。
 第Ⅱ部は自由主義と国家について、第Ⅲ部は市民国家について論じているが、第Ⅰ部だけを読むためにでも買う価値はある。

 ★★★★ 自由主義史観をきちんと批判してみたい方には必読




posted by ウィンズ at 19:59| Comment(0) | 歴史 | 更新情報をチェックする

松下志朗『遠い雲ーある地域史研究者の足跡』海鳥社 一八〇〇円+税

 ウィンズの読者なら松下志朗先生を知っているだろう。知らなければ部落問題を語る資格はないと言ってもいいだろう。その松下先生が自らの半生を綴ったのが本書だ。
 第Ⅰ部と第Ⅱ部に分かれ、第Ⅰ部は松下氏の誕生から研究者として一人立ちするまでの言うなれば松下志朗青春記である。第Ⅱ部は地域史研究者としての松下志朗の曲折が描かれている。
 一人の研究者が、というより一人の人間が懸命に生きるとはどういうことなのか。私たちは比較的そういうことを考えてはいないのではないだろうか。なぜなら現代は懸命に生きようとしなくともそれなりのレールが敷かれていてどのレールが適当かを教師の示唆に待てばいいからである。しかし、人間の人生なんてそんなに単純ではないのである。そのことを私たちはこのような先人の生き方に学ぶべきなのではないだろうか。
 もっとも松下氏の生きた戦後という時代の特性はある。確かに松下氏が生きた戦後の社会についての素描は貴重な証言である。それ自体がひとつの社会史になっていると思うし、歴史家として十分意識して書かれている。
 松下氏は十一歳の時に父親を亡くされた。そこから氏が歴史研究者として自立するまでの苦闘の日々はついつい引き込まれて読んでしまう。少年期に受けたいじめであるとか、貧しさの中での苦心、大学選択での迷い、高校教師としての葛藤等々が記憶の糸をたぐりながら描かれている。九州大学の大学院に入ったときは他の大学院生より七年も遅れていたという。詳細はそれぞれ読んでほしい。いろいろな人との出会い、そして人間関係の葛藤なども含めかつて文学を志した松下氏の文章は読む人を引きつけて離さない。また、少年期の貧しさやいじめとのたたかいの中に後年部落史に情熱を傾けた氏の原点を見る思いがする。
 第Ⅱ部は福岡大学から九州大学経済学部に移ってからの研究者としての模索について書かれている。九州大学に来て松下氏は被差別部落史研究と出会う。今や松下志朗を通らずに部落史を語ることはできないが、その松下部落史が誕生した事情についても書かれている。なんとあの森山沾一さんとの出会いなどということも事件として出てくるし、部落史研究への開眼、そして福岡部落史研究会の設立という事情にも触れている。
 松下史学といえば部落史だけではない。松下氏が在外研究を機にはじめたハワイ移民史研究のエピソード、そして福岡県史、宮崎県史といった地域史研究にかかわっていった事情がつぶさに書かれている。もちろん読者諸氏の中には知った人の名も出てくるであろう。それもまた読む楽しみというものだ。なぜ松下氏が地域史にこだわるのかという側面も共感できるのである。そればかりではない研究に対する松下氏の精力的な取り組みの姿勢を通して研究者として生きることの凄さが伝わってくる。
 一人の人間がこの世に生を受け時代の波に翻弄されつつもそれを乗り越えて重要な社会的な仕事をするに至る。今風に言えば貧困の中から自尊感情を獲得していく過程が描かれていると言える。また、書きにくいことなのにもかかわらずいくつかの人間関係の行き違いにつついても言及されている。生きていくということはそういうことなのだろう。
 本書はもとより二〇〇三年四月に亡くなられたお母様の一代記を書くつもりで書き始めたものがいつの間にか松下先生の自伝になってしまったのだという(あとがき)。しかし、読者としては部落史界の巨頭松下志朗氏の半生を本書を通じて知ることができたのは何よりの幸福であった。

★★★ 部落史に関心を持つ人間は知っておかなくてはならないことがいっぱい書いてある。なにしろ部落史は歴史学なのだということを知らせてくれる。そしてきちんとした学問が解放への近道なのだ。それより人間松下志朗を知ろう(シロウをシロウ)。

posted by ウィンズ at 19:58| Comment(1) | 歴史 | 更新情報をチェックする