2013年09月03日

宮崎学+小林健治『橋下徹現象と部落差別』にんげん出版(モナド新書)九四〇円+税

 二〇一二年は、けっこう政治の嵐が吹きまくったな。年末に行われた総選挙は、自民党のこれまた歴史的な圧勝という結果になったけどよ、こんなに一つの政党が議席を占有しちゃうなんてのは、民主主義国家としてはちょっとまずいんじゃないかって気がするんだな。だけどよ、その投票率が過去最低だっていうのには、唖然茫然飯三膳。開いた口がふさがらなかったぜ。
 ところがよ、その三週間前に行われた大阪市長選挙は、府知事選挙とのダブル選挙でもあったが、前回選挙より一七・三一ポイント上昇した投票率で、これは四〇年ぶりの高投票率だったらしいぜ。このちがいっていったい何なんだ、って感じだな。
 それは、維新の会のブームということもあるけど、同時に行われた府知事選が前回比三ポイント程度の上昇だったのに比べれば、維新の会の人気より橋下徹個人の人気が強かったってことだろうな。
 そういう時期に、『週刊朝日』一〇月二六日号に橋下徹を攻撃する記事が載ったのを覚えているかい。それは、超大物のノンフィクション作家、佐野眞一の名で書かれた「ハシシタ 奴の本性」という記事だった。さらに表紙には、「ハシシタ 救世主か 衆愚の王か」「橋下徹のDNAをさかのぼり本性をあぶり出す」というキャッチコピーがあったそうな。そうかもしれねえ。ともかく俺は、その日散歩がてらに書店に立ち寄ってみた。そしたら『週刊朝日』は売り切れだった。なるほど橋下ネタが売れるのか、このえぐいキャッチが受けたのか、とりあえずすげえ売れ行きだったな。
 実は、前年の大阪市長府知事ダブル選挙の時にも、『新潮45』『週刊新潮』『週刊文春』の三誌が似たようなネガティブキャンペーンをはったことがある。いずれの場合も、橋下徹と被差別部落をからめて誹謗しようとする記事だ。殊に今回の『週刊朝日』は、ひどかったな。とにかく、これ以上はありえない罵詈雑言に近い汚い言葉で書かれた文は、「記事」という水準のものではない。まるで喧嘩の実況放送みたいな感じだ。
 「この男は裏に回るとどんな陰惨なことでもやるに違いない」、「やはりこの男はそんなおべんちゃらと薄汚い遊泳術で生きてきたのか、と妙に得心がいった」、「こういう下品な連中は、私から言わせれば“人間のクズ”という」といった、特に論証もなく橋下徹をののしっている文が続く。とりあえず公人を批判するのに、相当の悪態をつくことがないわけではないが、「奴の~」という言い方はふつうしないだろう。そうそう、その時は買いそびれたけど、ちゃんと原文は入手しているんだ。だけど、この文章は本当に佐野眞一なんだろうかね。彼の代表作『東電OL殺人事件』の文体とはまったくその落ち着きがちがうような気がする。まあ、週刊誌の記事のでき方をどうのこうの詮索するつもりはないが、名前を出しているんだから、佐野眞一に執筆責任はあるんだろう。
 そういう事情で発刊されたこの『週刊朝日』だが、橋下徹が猛然と反駁(はんばく)して、ついに連載はその一回限りでおしまいとなり、『週刊朝日』側が謝罪して落着した。しかし、問題が終わったわけではない。この背景には、橋下徹の率いる維新の会が初の国政選挙を迎えようとしている矢先に起きた。もちろん偶然ではなく、恣意的であることは明らかだろう。なにしろ、先端の社会状況を追いかけている週刊誌なのだからな。
 解放運動や「民主的」な政治姿勢の人たちから見れば、橋下徹は大阪人権博物館への補助金を打ち切った張本人であり、その右翼っぽい政策や強引なリーダーシップは、敵対そのものであろう。それゆえに、そうした人たちからずいぶんと嫌われている人物でもあるんだな。
 この本の著者である宮崎学・小林健治の二人も、橋下嫌いなのだという。橋下徹という政治家とその思想は嫌いだけど、それと差別とはちがう問題だ、というのがこの二人がこの本を作った理由だ。一〇月に『週刊朝日』が出て、この本の発行が一二月二五日というのは、まさに緊急出版である。もちろん丁寧に文章を書いたのではなく、この二人の対談を文章化したものである。だけど、じゃない。だからこそ、この二人の生の部落差別に対する立場が明確に出ている。
 橋下徹は「コスプレ不倫」で世間の顰蹙(ひんしゆく)を買ったが、その時の彼は反論も弁明もしなかった。それは彼自身の隠されたプライバシーであり、一般人であるならば私的な趣味までメディアに晒される必要はない。だが、彼はそれを受けとめた。それは、彼が公人であることの意味を知っていたからである。しかし、今回の彼はちがった。敢然と一人でメディアに立ち向かったのである。
 なぜか。『週刊朝日』の記事は「いちばん問題にしなければならないのは、敵対者を絶対に認めないこの男の非寛容な人格であり、その厄介な性格の根にある橋下の本性である」と橋下徹の人格を問題にしようというのである。今までいろいろと政治家の批判を聞いてきたが、人格を問題にしようというのは初めてだぜ。そして、「そのためには橋下徹の両親や、橋下家のルーツについて、できるだけ詳しく調べあげなければならない」というやり方をしようというのだ。それが、橋下徹の「DNAをさかのぼり」という言い方になる。これは橋下徹の批判ではなく、橋下徹自身には責任のない血脈の問題であり、それが部落問題にかかわるならば、まさしく部落差別そのものなのである。
 しかも、「それくらい調べられる覚悟がなければ、そもそも総理を目指そうとすること自体笑止千万である」と断定するのであるから、野中広務が麻生太郎から受けた差別と同根のものである。
 まずは、この二人の嫌いな橋下徹が、『週刊朝日』たちを相手に一人で差別を糾弾し、勝利したことを評価しているんだな。その一方で、宮崎学の言葉に従えば、「反橋下派左翼・市民主義知識人・文化人の多くは、ほとんどが朝日と佐野を擁護して、『豊かな教養に正比例する度しがたい鈍感さ』を示した」ということになる。
 ところで、今回の『週刊朝日』事件の前年に同じく橋下徹を雑誌が攻撃したことがあったと先に書いたが、その時に『新潮45』に書いていたのが被差別部落出身を自称する上原善広だったことも本書ではあげて追求している。上原が部落出身者であることを、『新潮45』は「弾除(たまよ)け」に使ったのだと言う。なもんで、上原のような人間の役割についてもきびしく批判している。上原については、俺は好きだ。奇しくもこの本と一緒に買った『異貌の人々』(河出書房新社/一六〇〇円+税)は世界中の被差別民をルポして歩いた作品でついつい引き込まれてしまう。世界の被差別民の実態をそれなりの明るさで描いていて、差別問題の深淵に迫るものがある。ぜひ読んでほしい。また宮崎らが本書の中で同じ被差別部落出身の角岡伸彦の『ピストルと荊冠』(講談社/一五〇〇円+税)を薦めている。これは、『週刊朝日』と佐野眞一が橋下徹誹謗のネタに使った、部落とヤクザのつながりの中に生きた中西邦彦という人物が、「飛鳥会事件」で指弾されるまでの人生を描いた作品だ。被差別部落の影の部分を描いて悪いわけではない。問題はその描く姿勢なのだ。 
★★★★

 一気に読めるし、論理も明快。しかし、強くわれわれに問題を突きつけている。つまり、こういうことだ。「労働者や左翼のなかから出てきた差別事象をどうあつかうか、という問題」(宮崎)に対する答えをこの本は読者に要求しているのだ。
〈あんたの嫌いな奴が差別されたとき、あんたはどうするんだ〉と。
posted by ウィンズ at 19:21| 福岡 ☔| Comment(0) | 人権問題 | 更新情報をチェックする

安田浩一『ネットと愛国―在特会の「闇」を追いかけて―』講談社

 近頃、ネットの世界での人権問題というのが大きな課題になってますねぇ。人権に限らないですが、猥褻なものから残虐なものまでその表現は際限なく自由になっています。それって手塚岸衛の言う「消極的自由」なんですかね。
 えっ!「なにそれ?」と言う声が聞こえましたのですけれど、説明しますとですね、その昔、千葉師範学校付属小学校に手塚岸衛というセンセがおったんですと。千葉師範ていうのは今の千葉大学教育学部のことだと思うんだけど、その人がいわゆる大正自由教育の音頭取りの一人で、モロに「自由教育」論をぶっていたわけですよ。その彼がですね、
「自由には消極的自由と積極的自由がある」
 と言ったわけですよ。
 手塚の言う「消極的自由」というのは、例えば、籠の中の鳥は行動が制限されているから不自由なのだ。それで籠をとってやったら自由になる。そういう自由なのですね。それは限りなく勝手気ままになるのでよくない。つまり、そのままほっとけば、
「空気もじゃまだ」
 とか言って、空気まで取り去ってしまうことになる。そしたら死んでしまうじゃないか。まあ、そういう自由だってことでね、この消極的自由というのはあまりお薦めできない、ということのようなんですね。
 それにたとえれば、まさにネットの世界は消極的自由の世界なのですよ、今や。2ちゃんねる、というのは知ってますよね。ネット上でいろんなことを匿名で語り合っているサイトです。年中、管理者に不適切な書き込みがあるので削除するように勧告があるらしいけど、なかなか対応はされていないって、この間の新聞に出てたわ。それで覚醒剤の売買なんかにも使われているみたいだと書いてありましたですね。それって「消極的自由」をやりすぎて空気までとっちゃった、みたいな状態だと思うのね。
 それで、インターネットと人権の問題がいろいろ取り沙汰されるけれど、なんか放置されたまんまみたい。手の施しようがないのかしらね。人権侵害についてはめちゃめちゃだもん。検索してると部落差別やら、民族差別やら書き込みしほうだいね。差別発言ってシャバではきつく禁じられているから、ネットの中では匿名だということもあって勝手気ままに発散できるのかもね。そうして多くは弱い者いじめのスタンスと愛国を強調するので、〈ネット右翼〉なんて言い方もされているようですね。
 そんな中でネット空間から飛びだしてきちゃった人たちがいる。それが〈在日特権を許さない市民の会〉なのね。略称〈在特会〉。街角に出て在日朝鮮人に対する差別語満載の暴言を叩きつけていくカタチで出没し、それを動画に撮ってインターネットに流すというやり方で会員を増やしている連中だ。そして京都朝鮮学校妨害事件とか、徳島県教組乱入事件とかを引き起こして、こちらは逮捕者も出している。そうね、徳島県教組乱入事件は学校の先生ならよく知っているかもしれませんね。
 彼らの標的は在日韓国・朝鮮人の人たち、そして被差別部落。ともかくそれなりに批判することに対してタブーがあると考えられてきた被差別者に対してそうした暗黙のタブーを破ることを目的とするかのように耳を塞ぎたくなる差別的暴言を吐き続ける。
 著者の安田浩一氏はこの在特会の動きを追いかけてきたルポ・ライターなんですね。会長の桜井誠(本名高田誠、北九州市出身)をはじめとして、在特会の活動家をずっと追いかけて彼ら、彼女らに嫌われながらもその心の底にあるものを引き出そうとしているのがこの本なのですよ。
 この在特会、っていうのは愛国を語ったりするから右翼のようにも見えるけど(ネット右翼と言われるのはだいたいこういうものみたいなのだけれど)、最初は在特会を支えようとして「大人」の右翼たちも見放すようになったという。なぜなら在特会には、
〈思想がない〉
 のだと「大人」たちは見限ったらしい。とすると、彼らの活動は何をめざしているのでしょうかね。安田氏の取材を受ける在特会のメンバーの中には当然安田氏を忌み嫌うのもいるが(例えば桜井会長)、けっこう人なつっこい若者やふだんは物静かであったり、おだやかな人物もいるようなのですよ。そしてそれぞれがそれぞれに屈折したものを持っているみたいなんですね。同じような存在はあなたの隣にいるだろうと安田氏は言う。確かにいそうな気がします。もしかしたら、現代社会はそういう人たちを生み出しているのかもしれませんね。そして学校教育が教えてきた人権だの平和だのといった教師という「左翼」「エリート」の作った教条をぶちこわしたい在特会のような世代が続出してくるのですかね。こうした流れが人権や平和に影響を与えなければいいのにと不安におののいてしまいました。
 あ、そうそう、最初に書いた手塚岸衛の自由ですけれど「積極的自由」というのは理性に従って選択する自由なのでほぼ服従と同義なんですって。今ふうに言い直せば、「将来、いい生活したいよね、それなら勉強して、いい点取って、いい大学行って、いい会社に入ろうね。」という理性的な価値観に乗っかる自由で、たぶん「いい子」であり、「エリート」であり、学校の教師(日教組)の好みそうな生き方のことなのかな。そうしたら、在特会の「闇」が人権教育や平和教育にとって他人事ではないと思えるのですけれども。


☆☆☆ そう言えば福岡で在特会同様に部落解放同盟や日教組を攻撃してきた近藤将勝氏や、福岡市内でバーを経営しているという自称革命家の外山恒一氏なども在特会について取材を受けている。近藤は彼らの「言葉が宙に浮いている」と突き放し、外山は彼らを「うまくいかない人たち」と評した。
posted by ウィンズ at 19:16| 福岡 ☔| Comment(0) | 人権問題 | 更新情報をチェックする

団鬼六/黒岩由紀子『手術は、しません-父と娘の「ガン闘病」450日』新潮社

 しばらく前になるが、母が長い闘病生活の末に亡くなりました。ちょうど年の瀬も迫った十二月のことだったと思います。田舎の妹から連絡があり、嚥下障害がきびしくなったので、胃に穴を空けて直接流動食を流し込むことにしたと言うのです。少しずつ弱っていく母ではありましたが、苺が好きなので、「春になったら福岡の苺を持って行ってあげるね」と言うとうれしそうな顔をして、「ああ、楽しみにしているよ。それまでは死ぬわけにはいかないね。」と笑っていたのはほんの一ヶ月前くらいのことでした。だから、その連絡は私にとってはかなりショックだったのです。医師の話ですと、「再び口から食べられるようになる人もいます。」ということでした。そのニュアンスの微妙なこと。医師は決して嘘はつかない。そしてその言葉に嘘はない。確かに嘘ではないのです。そして母が再び食べられるようになるとはひとことも言いませんでした。これも医師としては正しい判断なのでしょう。そしてその時の妹にはなにかを判断することはできなかったのです。

生き方を選べぬ老母の生き方は医師のルールで決められていく   休呆

 年が明けて田舎に帰り、病院に母を見舞いました。母はベッドの上に寝たきりになり、時間になると流動食の入った袋を看護師さんが点滴の器具にぶら下げ、胃に繋がったチューブとドッキングさせてくれる。それが母の食事でした。
 私が来たことを知ると母はまなざしで顔を寄せるようにと合図を送ってきました。母の口元に耳を近づけるとかすかな声で母が言ったのです。
「苺が食べたい。春にあんたが持ってきてくれた苺がおいしかった。あれをまた食べたいよ。あの苺を食べられたらきっと元気になるような気がするよ。」
 母がもう口から食物を摂取できないことはわかっていましたけど、私は嘘をつくしかありませんでした。
「もうすぐ春になるから、そうしたら苺を持ってくるね。それまでに苺を食べられるように元気になろうね。」
 しかし、春が来ても母は回復せず、流動食にしてから半年後母は亡くなりました。半年の間、苺を口にする夢だけを見続けて。叶うはずのない夢を追わせることってすごく残酷なことなのではないでしょうか。食べたいものが食べられず、ベッドの上から降りられず、命が消えるその日まで生き続けなくてはならない。「生きる」っていったい何なんでしょう。おそらく時が来れば私もそんな場面に向き合わざるを得なくなるのかもしれません。その時、自分で自分の生き方(=死に方)を選べるだろうとしたら、どうするだろうか。もしそれすら選べないときには・・・
 と言うことで、この本の著者である団鬼六は知る人ぞ知る大作家。知らない人には一生知らなくてよい大作家。あなたは知っているかなあ。その出世作は『花と蛇』。斯界では名作中の名作とも言われ、『花と蛇』に始まり、『花と蛇』に尽きるとも評価されているらしい。よくわからないけど。たぶん、このコーナーで紹介されるべき本ではないでしょうね、きっと(『花と蛇』〈1~10〉幻冬舎アウトロー文庫 各六八〇円)。
 団鬼六は七十八歳にして食道癌と診断されました。そして、その日からおかしな闘病生活が始まるのです。この本は団鬼六が「残日録」と題して『小説新潮』に二〇一〇年五月号、八月号、十二月号に掲載した文章と、その最後の四五〇日間をつきあった娘の黒岩由紀子さんの文章とが掛け合い漫才風に編成されています。そして娘さんの父親と父親の死に対する向き合い方がすごい。
 なにしろ「残日録」と名づけるくらいですから団鬼六は死を意識してこの文章を書いていたことが想像できます。団鬼六は慢性腎不全を抱えていてそれまで三年ほど透析を続けていました。透析を受けながらも彼は銀座や新宿で夜遊びをし、何かあればパーティを開き、酒は呑み、煙草は吸い、という生活を続けていたのです。
 その団鬼六が癌宣告の後どうしたと思いますか。まず手術を拒否したのです。彼は子供たちに言います。
〈親を無理矢理長生きさせることを、親孝行だと思うな〉
 うーん、食べたいものも食べさせず、半年ものあいだ母親をベッドの上で生かし続けた私にはずしーんと来るひとことです。そして団鬼六はそれまでと変わらず、夜遊びをし、透析と癌の治療のための通院と執筆活動を続けるのです。そして亡くなる直前にはなんとうな重まで食べてしまうというすごい生き方=死に方を見せてくれたのです。
 生きるとはどういうことなのでしょうか。それは誰にもきっとわからないだろうと思います。わからないからそれぞれの思いで生と死とに向き合います。身内の者は愛する人に一日でも長く生きていてもらいたいと願い、医師はあらゆる技術をもって患者を一日でも長く生かそうとし、その願いに応えようとします。当の本人はその時どう考えたらいいのでしょうか。もし、考えを述べるチャンスがあったら私はどういう死に方を選んだらいいのでしょうか。この本を読んで少し前へ進んだような気がします。


☆☆☆☆ この本は団鬼六という異色の人物の闘病記なのではありません。また、団鬼六がSだとかMだとかいうこととも関係ありません。人権の基本にある〈命〉〈生〉というものを建前でなく,本音で考えるために読んでみませんか。
 
posted by ウィンズ at 19:15| 福岡 ☔| Comment(0) | 人権問題 | 更新情報をチェックする

2012年01月21日

団鬼六/黒岩由紀子『手術は、しません-父と娘の「ガン闘病」450日』新潮社

しばらく前になるが、母が長い闘病生活の末に亡くなりました。ちょうど年の瀬も迫った十二月のことだったと思います。田舎の妹から連絡があり、嚥下障害がきびしくなったので、胃に穴を空けて直接流動食を流し込むことにしたと言うのです。少しずつ弱っていく母ではありましたが、苺が好きなので、「春になったら福岡の苺を持って行ってあげるね」と言うとうれしそうな顔をして、「ああ、楽しみにしているよ。それまでは死ぬわけにはいかないね。」と笑っていたのはほんの一ヶ月前くらいのことでした。だから、その連絡は私にとってはかなりショックだったのです。医師の話ですと、「再び口から食べられるようになる人もいます。」ということでした。そのニュアンスの微妙なこと。医師は決して嘘はつかない。そしてその言葉に嘘はない。確かに嘘ではないのです。そして母が再び食べられるようになるとはひとことも言いませんでした。これも医師としては正しい判断なのでしょう。そしてその時の妹にはなにかを判断することはできなかったのです。

生き方を選べぬ老母の生き方は医師のルールで決められていく   休呆

 年が明けて田舎に帰り、病院に母を見舞いました。母はベッドの上に寝たきりになり、時間になると流動食の入った袋を看護師さんが点滴の器具にぶら下げ、胃に繋がったチューブとドッキングさせてくれる。それが母の食事でした。
 私が来たことを知ると母はまなざしで顔を寄せるようにと合図を送ってきました。母の口元に耳を近づけるとかすかな声で母が言ったのです。
「苺が食べたい。春にあんたが持ってきてくれた苺がおいしかった。あれをまた食べたいよ。あの苺を食べられたらきっと元気になるような気がするよ。」
 母がもう口から食物を摂取できないことはわかっていましたけど、私は嘘をつくしかありませんでした。
「もうすぐ春になるから、そうしたら苺を持ってくるね。それまでに苺を食べられるように元気になろうね。」
 しかし、春が来ても母は回復せず、流動食にしてから半年後母は亡くなりました。半年の間、苺を口にする夢だけを見続けて。叶うはずのない夢を追わせることってすごく残酷なことなのではないでしょうか。食べたいものが食べられず、ベッドの上から降りられず、命が消えるその日まで生き続けなくてはならない。「生きる」っていったい何なんでしょう。おそらく時が来れば私もそんな場面に向き合わざるを得なくなるのかもしれません。その時、自分で自分の生き方(=死に方)を選べるだろうとしたら、どうするだろうか。もしそれすら選べないときには・・・
 と言うことで、この本の著者である団鬼六は知る人ぞ知る大作家。知らない人には一生知らなくてよい大作家。あなたは知っているかなあ。その出世作は『花と蛇』。斯界では名作中の名作とも言われ、『花と蛇』に始まり、『花と蛇』に尽きるとも評価されているらしい。よくわからないけど。たぶん、このコーナーで紹介されるべき本ではないでしょうね、きっと(『花と蛇』〈1~10〉幻冬舎アウトロー文庫 各六八〇円)。
 団鬼六は七十八歳にして食道癌と診断されました。そして、その日からおかしな闘病生活が始まるのです。この本は団鬼六が「残日録」と題して『小説新潮』に二〇一〇年五月号、八月号、十二月号に掲載した文章と、その最後の四五〇日間をつきあった娘の黒岩由紀子さんの文章とが掛け合い漫才風に編成されています。そして娘さんの父親と父親の死に対する向き合い方がすごい。
 なにしろ「残日録」と名づけるくらいですから団鬼六は死を意識してこの文章を書いていたことが想像できます。団鬼六は慢性腎不全を抱えていてそれまで三年ほど透析を続けていました。透析を受けながらも彼は銀座や新宿で夜遊びをし、何かあればパーティを開き、酒は呑み、煙草は吸い、という生活を続けていたのです。
 その団鬼六が癌宣告の後どうしたと思いますか。まず手術を拒否したのです。彼は子供たちに言います。
〈親を無理矢理長生きさせることを、親孝行だと思うな〉
 うーん、食べたいものも食べさせず、半年ものあいだ母親をベッドの上で生かし続けた私にはずしーんと来るひとことです。そして団鬼六はそれまでと変わらず、夜遊びをし、透析と癌の治療のための通院と執筆活動を続けるのです。そして亡くなる直前にはなんとうな重まで食べてしまうというすごい生き方=死に方を見せてくれたのです。
 生きるとはどういうことなのでしょうか。それは誰にもきっとわからないだろうと思います。わからないからそれぞれの思いで生と死とに向き合います。身内の者は愛する人に一日でも長く生きていてもらいたいと願い、医師はあらゆる技術をもって患者を一日でも長く生かそうとし、その願いに応えようとします。当の本人はその時どう考えたらいいのでしょうか。もし、考えを述べるチャンスがあったら私はどういう死に方を選んだらいいのでしょうか。この本を読んで少し前へ進んだような気がします。


☆☆☆☆ この本は団鬼六という異色の人物の闘病記なのではありません。また、団鬼六がSだとかMだとかいうこととも関係ありません。人権の基本にある〈命〉〈生〉というものを建前でなく,本音で考えるために読んでみませんか。
 
posted by ウィンズ at 18:20| 福岡 ☁| Comment(0) | 人権問題 | 更新情報をチェックする

上原善広『私家版差別語辞典』新潮社 一二〇〇円+税

 だいぶ前のことだけど、「バカチョンカメラ」って言ったら、「それは差別語だよ」って丁寧に忠告されたことがあるんだわ。どうしてかって言うと「チョン」というのは朝鮮の「朝」のことで、在日韓国・朝鮮人を差別的に言う使い方なんだと諭されたのね。そして「バカもいけない。知的障害に対する差別的な表現だ」とも言われたわ。
「えーっ!」
 そんなこと考えたこともなかったあたしはずいぶんと困ったのよね。全自動式の操作簡便なカメラを「バカチョンカメラ」ではない言葉で言わなくてはならない。ずいぶん苦慮したんだけど、ちがう言葉で言い換えようとするたびに知的障害者や在日韓国・朝鮮人の人たちに対するこだわりのような意識だけが増幅していって、なんか以前より差別意識みたいな感覚が強くなっていったのね。
 で、さ。そういう言い換えって、自分が差別そのものと向き合ってないで言葉をごまかして逃げようとしているだけじゃないのかな、って思うようになった。関東育ちのあたしには「バカ」なんて言葉は喧嘩の時に使うフツーの罵倒語だったし、男にふられたときなんかに「バカだなあ」って呟く自嘲的な表現だったのに(あっ、藤圭子の『新宿の女』だ。あれは名曲でした。藤圭子が「バカだなあ、バカだなあ、だまされちゃあああって♪」って呟くように歌うたびに切ない女心が震えたものよ)、そんな的確な言葉を失ってしまっちゃうじゃないのさ。
 それでさ、もしかしたら、って思って調べてみると、ちがうんだよね。「バカ」は元は梵語で「愚」の意味。僧侶の隠語として使われていたものだという。だから「莫迦」が正しい。意味はまず「知能の働きがにぶいこと。また、そのさま。そのような人をもいう」であり、もうひとつの意味は「道理・常識からはずれていること」となる。かなり幅の広い語だから、単純に障害者差別の言葉だとは言えないわね。
 「チョン」はね、それこそ元の意味は朝鮮とは全く関係なく、朝鮮に対する蔑視の始まる近代以前からあった俗語で、「一人前以下であること」を指すのよ。『西洋道中膝栗毛』に「ばかだの、ちょんだの、野呂間だのと」と書かれているそうで、もとより他人を貶める言葉ではあるけれど誹謗中傷の言葉をなくすわけにはいかないよね。だってそしたら日本語で喧嘩ひとつできなくなってしまうものね。(以上、『大辞林』を参照)
 いずれにしても差別より先に存在した言葉であって、あとから登場した特定の差別行為とくっつく言葉だと勝手に誰かが言い出して流布したもののようなのね。それって逆に差別の拡散じゃないのかなあ。
 そんなところに小林健治『差別語不快語』(にんげん出版 一六〇〇円+税)を見つけた。小林氏は解放同盟中央本部で差別表現事件に取り組んできた人で、にんげん出版の代表なのね。で、これはウェブ連動式管理職検定02と位置づけられ、その企画・制作は人材育成技術研究所(代表辛淑玉)なのね。ちなみに01は香山リカの「メンタルヘルス」、03が「パワハラ・セクハラ」、04が「職場復帰支援」、05が「クレームコミュニケーション」、06が「人事とコンプライアンス」、07が「企業とCSR」というラインアップになっている。まあ、これからの管理職は人権問題に精通していなければならないということなんだろうかな。
 にしても、対策としての差別語みたいなのって、抵抗があるなあ、と思わないわけでもない。
 そんなふうに考えていたところでこの本みっけ。上原善広『私家版 差別語辞典』だ。こちらの問題意識は対策じゃあなくって、差別の本質に迫ろうというところにある。差別行為はどこかに人間の業(ごう)のようなところがあるんじゃないかな。だって、容姿で差別的な意識を持っていたからあたしはあのイケメンと一緒になったんだしね。だからさ、厳密に言えばあらゆる差別をなくしちゃったら人生はおもしろくないっしょ。
 とは言え、色恋は差別だ、って言えば異論はあるでしょうね。でも美人は得だしぃ。得だってことは差別があるってことじゃないのかな、なんてひがんだ言い方をしちゃえば、差別とは何かについても考え直さなくちゃならないときなのかもしれない。差別用語だってはじめから差別のためにあったわけじゃない。その差別用語の歴史みたいなものにまで迫ることができれば、差別語や差別表現という意味も変わってくるんじゃないかな。
 差別表現に対する糾弾がある種の差別語についての警告を広めたのだけれども、それが機械的な言葉狩りに堕してしまったわけでしょ。それをこの上原さん、正面からぶつかろうとしているのね。と言うより、上原さん自身、被差別部落の出身で、それを中上健次の言った「路地」という表現から語りはじめる。「路地」が正解なのではない。それは彼の好む表現であって、向き合うべきは……そ、あたしなのだ。
 で、さ。上原さんをめっちゃ気に入ったのでこそこそ探していたらね、上原善広『被差別の食卓』(新潮新書 六八〇円+税)をみっけ。「はじめに」にはさ、「『これが日本のソウルフードだ』という口上が店内に掲げられているモツ鍋屋が福岡にあることを知った。その口上の横には『解放の父』と呼ばれた福岡出身の活動家松本治一郎の写真が額に入れて並んでいた」ってあるのを見て、思わず叫んじゃった。あたいらがよく行くあの店じゃないのさ。あああ、モツ鍋が食べたくなったなあ……
 それで上原さんの取材の姿勢がすごい。世界中の被差別民のソウルフードを求めて体当たりで喰いまくるんだね。旨そうなものから、遠慮しときたいものまでいろいろあるけど、食を通じて差別というものとガッツリ向き合う意味で、これはお買い得の一冊だね。

☆☆☆☆ これが差別であれは差別じゃないなんてものはたぶんない。敢えて差別と向き合い、ナマの人間関係を作り上げていくことがだいじなんだと思う。その意味で上原善広に注目!ってとこかな。

春吉のふか川旨しもつ鍋のたましい煮込み自由を語る  休呆
posted by ウィンズ at 18:17| 福岡 ☁| Comment(0) | 人権問題 | 更新情報をチェックする