2017年12月18日

平岡禎之『うちの火星人』光文社 一五〇〇円+税

 この本の凄さは、火星人との交流の方法をていねいに事例に即して解説したところにある。かつて火星人は、姿を隠して地球のあちこちに潜伏し、しばしばその能力をいかんなく発揮して地球のために多大な貢献をし、時に地球人の迫害に遭って密かに涙したこともある。この地球が火星人にとって住みにくくなってきたせいか、はたまた火星人がその特性を地球人に見破られはじめたせいかはわからないが、このところ火星人が理不尽な扱いを受けるようになった気がする。
 地球人である著者は、沖縄在住のごくふつうの―といえば失礼か―多くの賞を取った名のあるコピーライターであり、作家でもある。そして本書は、副題にも書いてあるように、彼の家に同居する火星人たちを地球人の理不尽な迫害から守るための“取扱説明書”なのだそうな。
 もちろん平岡さんは、これまで自宅に火星人を匿(かくま)っていたわけではない。ある時まで、ちょっと変わった個性的な人たちだと思っていたと言う。平岡さんの家は、夫婦と二男二女の六人家族。多少扱いにくいところのある子どもたちだな、と思いつつ暮らしてきたのだが、末っ子の次男が中学生の時に学校から呼び出され、もはや学校では手に負えないと通告されたことで事態が発覚したのである。
 そして、調べはじめたところ、子どもたちはみな発達障がいであることが判明したのである。あまつさえ、長年連れ添った妻までが発達障がいだったのだ。苦闘はそこから始まるのだろうが、平岡さんたちの克服法は、平岡さんを除く発達障がいの家族たちが自ら地球人とはちがう感覚を持つ〈火星人〉と自称することにしたことだった。
 火星人は地球人と感覚が違うのだと考えれば、要は異文化理解として、異星人理解として日々の行動を解釈し、つきあっていくことができるというのだ。平岡さんは、この〈火星人〉の家族をマンガに描いてみた。平岡さんはその際に、地球人の姿形をして潜伏していた火星人である家族を、それぞれの特性をあらわした動物のキャラクターにしてしまったのである。
 妻はワッシーナ(50)、長女ニャーイ(30)、長男ウルフー(23)、次女リスミー(21)、次男ウッシーヤ(17)といった具合にだ。次男は高校生だが、妻は幼稚園職員、長女は翻訳・通訳、長男は広告代理店勤務、次女は国際線CAと、それぞれ職業生活も送っている。そして、うちの火星人たちは外出時、敏感な感性ゆえに受けるストレスから身を守るために、透明なヘルメットを着用して登場する。 
 このようなキャラクターデザインに発達障がいという存在のしかたが描かれているのだという。そして実に個性的な感覚の特性を持っている家族の一人ひとりについて、マンガと文章で取扱説明書が綴られているのだ。地球人と異なる感覚も、ヘルメット越しにその感覚の特性を取扱説明書に従って把握すれば、お互いにストレスも少なくなるであろうし、理解も深まるし、なにより火星人たちが安心して地球で暮らしていけるというものだ。
 そして、長女ニャーイは結婚することになった。で、平岡さんは新郎新婦にニャーイの『火星人解説書』を手渡したという。
 実は、本書には副題として「5人全員発達障がいの家族を守るための“取扱説明書”」と書いてある。発達障がいの人間は、地球人のように扱われればそれは迫害のようになってしまい、とても生きにくい。だから、発達障がいの家族を守るには、このような取扱説明書が待ち望まれていたのだろう。頁を繰るたびに、眼から鱗がバンバン剥がれ落ちていく。つまり、火星人理解という新しい人間理解によって、人間観、世界観が広がっていくのだ。

☆☆☆☆ 発達障がいに限らず、人間理解のための“取扱説明書”は必要なのだろう。自分だけがふつうの地球人だとは思わないことだ。人間理解の苦手なあなたに是非一冊。ただし、この取扱説明書、ついてくるのではない。本屋で買っておくれ。
posted by ウィンズ at 10:56| 福岡 ☁| Comment(0) | 人権問題 | 更新情報をチェックする

2017年09月06日

宋美玄他『各分野の専門家が語る 子どもを守るために知っておきたいこと』メタモル出版 一三八〇円+税

 去年のこの欄に原田実『江戸しぐさの正体』という本を紹介した。何しろ〈江戸しぐさ〉という偽史が文部科学省の『私たちの道徳』やら、とこぞの教科書なんかに載っているという現実があり、その問題性を歴史考証の専門家が批判した本だった。
 教育の世界というのは実に広い世界だ。教師はその広い世界の知識を子どもたちに伝え、子どもたちの育ちを支援しなくてはならない。ところが〈江戸しぐさ〉がそうであったように、子どもを取りまく知識や、諸問題については教師は専門家ではない。子どもたちを教える専門家ではあるが、知識の中身については残念ながら専門家ではない。子どもの心や生活環境についても実は不確かな情報で動いているのかもしれない。だからいつのまにか〈江戸しぐさ〉が教育の場にこっそり登場しても、多くの教師はそのまちがいに気づくこともできないのである。
 最近ではチーム学校とやらを文科省は提案しているが、あれは教師が子どものすべてについての専門家ではないことを暗に認めているのだろう。われわれ教師が専門家であるのはどの場面か、となるとはたまた心許ない。自信をもって、
「この子にはこういう対応をするとこう伸びる」
という正解を導き出せない。もしかすると一つの指導が親の批判を浴びるかもしれないし、ちがう立場の教員から罵倒されるかもしれないし、教育委員会から叱られるかもしれない。というより、教育については誰もがそれなりに一家言持っているので、それらのご意見と教師某の見解とどちらが正しいか、などという争いになったときに教師の立場は実に弱いものだ。
 じゃあ、教師が教育の専門家であるとはどういうことを言うのか。教師は授業をするということにおいては専門家である。これはまちがいない。何を教えるかではなく、どう教えるかについては専門家であろう。
「あの先生は教え方が下手だ」
などという非難があったとしても、だいじょうぶだ。それは「あの医者は藪医者だ」という以上の批判にはならないからだ。
 そして医者は患者の治療以外は素人だが、教師は子どもと向き合う専門家である。但し、向き合うだけで、授業以外の向き合い方に関しては他の専門家の知見をお借りしているに過ぎないので、そこはお借りする先の専門家の知見を信用するしかない。その意味では教師は他人のふんどしで相撲を取る専門家なのかもしれない。
 その他人のふんどしを選ぶときに文科省の素人は『私たちの道徳』に〈江戸しぐさ〉を載っけてしまうという愚を犯した。彼らに専門家の意見を参照する業がなかったからだ。
 で、だ。われわれ教師は、他人のいろいろなふんどしを選んで活用する眼を養わなくてはならない。つまりは、誰の何が専門で、その専門性の何が信用できて何が信用できないのかを、私たちはよく考えなくてはならないのである。
 本書が「各分野の専門家が伝える」と書名に冠を載せているのはそういう意味である。教育現場には医学の問題、栄養学の問題などが存在しているし、それらの専門家の知見を超える見解をわれわれは持たない。教科にかかわってはそれぞれの背景の科学的知見がある。それらについてわれわれは最も的確な専門家の知見を選び、活用する力を持っている。そこが教育の専門家としての教師の力量というものだろう。
 先に挙げた原田実氏も本書の中では「江戸しぐさ」と「親学」について知見を示している。「親学」は高橋史朗氏が提唱して始めたものらしいが、「江戸しぐさ」を引用し、いくつかの怪しげな俗説を引っ張りだし、「高橋氏自身の好き嫌いの感情によって、形作られた概念です。結局、高橋氏は自分の偏見を強化したうえに、人にまで押し付けているだけです」(一五七頁)と断罪している。
 また、「誕生学」 なるものについても、産婦人科医の宋美玄氏は「誕生学」が提唱する自然分娩(医学用語ではないらしい)が科学的にも倫理的にも問題があることを指摘している。また、精神科医の松本俊彦氏は、誕生の素晴らしさを伝える「誕生学」プログラムが自傷経験のある子どもたちを追い詰め、時に死に追いやっていることを告発しています。まあ、このあたり「いのちの大切さ」を訴える人権教育なんかでも落とし穴になっているんではないだろうか。
 「親学」にしても「誕生学」にしても、「学」と名づけ、学者や専門家らしき人が名を連ねて発言しているので、私たちはつい迷い込んでしまう。そこで、われわれ教師には、専門家の知見を選ぶ専門家としての判断力が必要なのだ。赤ちゃんの時のことを想い出させて「いのちの大切さ」を説くとき、専門家としての教師の知見は、クラスの不遇な子どものことを最も大切にすることではないか。子どもと向き合う専門家であれば、親に虐待された子、愛情を注がれていない子、そうした子どもたちの前で「愛されて育ってきた」自慢話を読み聞かせて「いのちの大切さ」を伝えようとすることの、危険を察知するだろう。
 本書は、子どもをめぐるまちがいやすい知識・情報について、特定の領域の専門家の知見をまとめてある。本書を通して、専門家を選ぶ眼を鍛えようではないか。


☆☆☆☆ この本を読んで『かがやき』やら『あおぞら』やら『ぬくもり』を見直してみようか。自分たちの人権教育に対する思い込みも、時には省みることが必要だ。

posted by ウィンズ at 19:19| 福岡 ☁| Comment(0) | 人権問題 | 更新情報をチェックする

2017年05月10日

田中辰雄・山口真一『ネット炎上の研究』勁草書房 二二〇〇円+税



 SNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)が急速に普及して、今やFacebookだとか、mixiだとか、Twitterなどに参加してネット・コミュニケーションを楽しんでいる人は半端なく多いはずだ。あのトランプ大統領も記者会見よりもTwitterで発言することを重視しているみたいだし、もはやSNSなしの生活は考えられなくなっているのかもしれない。意外と学校の教員はやっていないのかな。確かに教員が何か書こうとすれば、子どもたちや学校の愚痴になりかねないので、手を出しにくいのかもしれない。
 一方で、ホームページやブログを通じて自分の意見を世間に公表したり、そうした発信メディアを持たない企業、団体は信用を獲得できない時代になったと言える。
 そうしたインターネットを通じて意見を表明するわけだから、異論をもった人たちから批判的な書き込みも多々あるのは当然のことだろう。さまざまな意見のやりとりは民主主義の基本かもしれないから、SNSの普及は民主主義の発展に貢献するものかもしれない。SNSを通じて大きな政治的変革が起きた例もずいぶんとあったのを思い出すだろう。
 一方で特定の対象に対して誹謗中傷が殺到する「ネット炎上」という現象もしばしば起きている。いや、しばしばではなく、社会現象というくらいに発生していると言えるのかもしれない。それらは個人攻撃の形を取ることも多いわけで、新たな人権問題を生み出していると言えよう。
 本書はそうした「ネット炎上」を採り上げたマジメな研究書である。
 「炎上」が誹謗中傷の束であるということじたい、この現象は人権問題であることを認識しておかなくてはならないだろう。自分はSNSをやらないから、と問題を避けていたならば、重大なことを見過ごすことになるだろう。
 で、本書は「炎上」を類型化し、分類することから始めている。そして炎上の社会的コスト、炎上の参加者に分析をすすめ、実際にはどういう構造になっているのかが解き明かされていくのだ。
 じっさい、ある大学のセンセが講義中の発言を学生にSNSに流されることから炎上を引き起こしたことがあったのを見たことがある。まあ、それは一過性のものであったのだけれど、関係のよくなかった大学当局に利用されて不遇を託つようになったとも聞いている。また、同様に、別の大学の講義の内容について炎上が発生し、講義内容に変更を強いられるという問題になったこともある。ある意味では炎上を理由に物事におかしなものが介入することが起きかねないのであるが、そこは本書をよく読み、学術的な解明をすることで道が開けると言うことができる。要は炎上如きに振り回されてはならないという教訓を学術的裏付けで説明してくれているのだ。
 研究書とは言え、本書はそう堅苦しいものではなく、フツーに読みやすいし、ネットにびびっている人間にもわかりやすく説明してくれる。インターネットはもはや空気のようなものになりつつある。その空気の中にはウィルスも雑菌も含まれており、ときに感染をして病床に伏すこともあるだろう。しかし、空気なしに生きてはいけないのであり、その意味で本書は情報教育の基礎でもあり、人権教育のマニュアルでもある。

☆☆☆☆ 子どもたちの中でネットトラブルはますます増えている。その対応策のヒントが本書には散りばめられている。教師だけが取り残されないように。
posted by ウィンズ at 15:39| 福岡 ☁| Comment(0) | 人権問題 | 更新情報をチェックする

『低きに立つ神』(大蔵一郎解説)コイノニア社 二二〇〇円+税

『低きに立つ神』(大蔵一郎解説)コイノニア社 二二〇〇円+税

 「ルカによる福音書」の中に「善いサマリア人」の話が載っている。
 こういう話だ。
 一人の律法の専門家という人物がイエスに質問をした。
「『隣人を自分のように愛しなさい』と律法には書いてあるが、わたしの隣人とは誰ですか。」と。
 それに応えてイエスは一つのたとえ話をはじめた。
「ある人が追いはぎに襲われて、身ぐるみを剥がされ、半殺しにして立ち去ったのだな。そこを神に仕える祭司やらレビ人やらが通りかかったんだが、その人を見ると二人とも通り過ぎてしまった。しかし、一人のサマリア人が彼を介抱し、宿屋に連れて行き、宿代まで支払ったんだと。」
 イエスはここまで語ると、律法の専門家に問うた。
「さて、あなたはこの三人の中で、誰が追いはぎに襲われた人の隣人になったと思うかな。」
 律法の専門家は答える。
「その人を助けた人です。」
 そこでイエスは言った。
「行って、あなたも同じようにしなさい。」

 これは聖書の中では非常に有名な話なのだ。よく「汝の隣人を愛せよ」というフレーズが使われるが、出所はここだ。問題は誰が「汝の隣人」かということである。それは思いつきで慈善を行うことではない。先日、この本の著者の一人である犬養光博氏のお話を聞いたが、彼はカメラマンの岡村昭彦がよく使っていた「同情は連帯を拒否した時に生まれる」という言葉から「汝の隣人」を説明してくれた。同情ではなく連帯なのだと。そしてこのサマリア人にとって追いはぎにあった人が隣人なのではなくて追いはぎにあった人の隣人がサマリア人なのだと。
 つまりは「わたしの隣人は誰か」という連帯を拒否した問いではなく、「わたしは誰の隣人となるのか」と問うべきなのだ、と。
 本書は六人のキリスト者が日本社会の辺境と向き合い、辺境の民と連帯して生きてきた歴史を書き綴ったものである。その辺境には同和教育や、解放運動が露わにしてきた「差別の現実」が横たわっている。辺境という言葉が適切かどうかはわからない。しかし、そこがキリスト者にとって隣人となることができる境界であり、敢えて辺境という言葉で本書を紹介したい。
 本書はまず伊藤之雄の「問いかける神」という章から始まる。伊藤は教会のもつ知的・プチブル的な教養主義に疑問を懐き、「裸の人間とふれ、自分も裸の人間になり、生きたキリストを信じるには、この家族と階級のなかにいてはだめだ」と思い、山谷に入って労働者となるところから「隣人」をはじめたのだ。伊藤は山谷に隅田川伝道所を開いて活動をはじめた翌年の一九六七年にこの文章を書いた。そして伊藤は本書が編纂されるずっと前の一九八〇年に亡くなっている。だから本章は「山谷1967」という位置を与えられている。
 この伊藤の文章に倣い、五人のキリスト者が己と己のかかわってきた辺境について語るという構成になっている。
 その五人とは岡田仁「苦界に座す神」(水俣)、犬養光博「おらぶ神、黙す神」(筑豊)、菊池譲「痛む神」(山谷)、小柳伸顕「共なる神」(釜ヶ崎)、渡辺英俊「地べたに在す神」(寿町)である。それぞれが伊藤の遺産を引き継ぐかのようにそれぞれの辺境とそれぞれの生きてきた道を語る。一つ一つの「隣人」としての歴史は重たい。それを要約することはおそらくは何の意味もあるまい。重要なことは彼らはみな伊藤が直面した教養主義的なキリスト教に対する批判のまなざしを受け止めることになった者たちだということだ。
 それぞれの章の名に記された神の名はそれぞれの辺境に住む個性豊かな神たちである。一神教であるキリスト教に「神たち」もないものだが、まぎれもなく辺境の人たちの「隣人」となろうとしたキリスト者たちはそこに神の言葉を見出したのである。
 水俣、筑豊、山谷、釜ヶ崎、寿町。これらの辺境でキリスト者は磨かれ、キリスト教は救いを必要とする人間のものとして再生されることになったのだと思う。キリスト教徒であるならばおのれ自身のキリスト教を問い直すには格好の本だろう。他の宗教を以て信仰とする者も同様であろう。いや神を必要としない唯物論者であれ、ヒューマニストであれ、何らかの信条を以て生きる者は本書を通しておのれの信条と生き方を問い直してみることができるだろう。なぜならば、この国には追いはぎに襲われた人、つまり社会の矛盾の中で呻吟する人間がいて、一方で「知的・プチブル的な教養主義的」な自分がいることを知らされるからであり、その自分自身が試されることになるからだ。おまえはその人たちの隣人たり得るのかと。
 おっ、ちょっと熱くなってしまったか。
 まあ、いい。たまにはおのれの生き方を深く掘り下げてみよう。私たちは日々それぞれの職場で働きつつ生きている。何もここに登場したキリスト者たちのようにわざわざ辺境の地に赴く必要はない。しかし、私たちの仕事は日々子どもたちと出会い、つながりを持って行くことではないか。差別と被差別の現実はそこにあるのだ。そして、あなたのかかわりが被差別者への同情なのか連帯なのか。果たして自分は子どもたちの「隣人」として存在しているのか。人権・同和教育にかかわるあなた自身に問いかける一冊だ。



☆☆☆☆☆ 福岡の教師なら、まずは犬養光博の「おらぶ神、黙す神」を読んでみようか。さて、何を見つけられるか。
posted by ウィンズ at 15:35| 福岡 ☁| Comment(0) | 人権問題 | 更新情報をチェックする

加藤陽一『キーワードで考える 部落問題はじめの一歩』公益社団法人福岡県番犬研究所 一〇〇〇円+税



「もしもし、あ、おかあさん、今度学校で部落史の授業やるって言ってたでしょう。でも部落史って難しいよね。そこでね、授業の準備にとっても便利な本が出たんだ。『キーワードで考える 部落問題はじめの一歩』っていうの。近世政治起源説とか、賤民廃止令とか、水平運動とかね。そういうよく知らなかった言葉を目次から探すと部落史の基礎知識がわかるようにできているんだ。そうそう部落史だけではなくてね、同和対策事業とか、地名総鑑とか、全国統一応募用紙みたいな戦後の部落問題や同和教育にかかわる言葉や現代の人権問題でよく使われる言葉もキーワードとして載っているから人権の授業や研修にはすごく役に立つ参考書だと思うんだ。ほら、知っているようでいて、きちんとは説明できないみたいな、そういう言葉があるでしょう。C・S・Rみたいな。そういうのも載っているんだから、親切でしょう。そうしたキーワードから部落問題の知識がていねいに説明されているから、まったくの初心者でもすぐにわかるし、おかあさんみたいなベテランの教師でも便利に使えるんだ。それにね、これはブックレット菜の花シリーズのいちばん新しいものだからわかると思うけど、邪魔にならない大きさなので持ち運びにもいいと思うの。だから授業の準備じゃなくても、いつでも読める読み物としてパラパラっと目次を開いて気になるキーワードからそこを見れば簡潔にわかりやすく、それでいてけっこう詳しく書いているので読むのにかまえる必要はないの。読みたいときに読みたい箇所を拾い読みしていけばいいから、おかあさんみたいに時間のない人にもいいみたい。そしてそれぞれの項目の中を読んでいくとまたまた要注意のキーワードが太字になっていて、次の学びがしやすくできているのね。そうそうこの本を書いた加藤陽一って人は北九州市で中学校の先生をしてきた人で北九州市の同和教育を引っ張ってきた人みたいよ。そうそう加藤さんが部落問題と向き合ってきた歴史も第二部で『識字学級三十年』としてまとめられているのね。もちろんこちらは六十頁くらい通して読まなくてはいけないから、ほら通勤のバスの中で読むといいかもしれないよ。えっ、車酔いするんだっけ?それなら寝る前にベッドで読むのがいいかな。加藤さんが歩んできた道っておかあさんの教師歴と重なるんじゃないかな。でも加藤さんの部落と向き合ってきた生き方ってすごいよ。ついつい引き込まれて読んでしまった。そうそう注文はお近くの書店に申し込むのもいいし、福岡県人権研究所に直接注文するといいよ。電話番号を言うからメモしてね。〇九二ー六四五ー〇三八八。〇九二ー六四五ー〇三八八だよ。パソコンが使えるならネットで注文するのが便利だからこのアドレスを検索するといいから書き留めておいてね。福岡県人権研究所の注文フォームだけど頁のずっと下の方だから探してみることね。
http://www.f-jinken.com/books.html

☆☆☆☆ 「そうそう忘れてた。福岡県人権研究所のブックレットはこれで十九冊目。本書を買うのを機会にいろいろ合わせて買ってみるのもいいと思うよ。ネット注文は簡単だよ。」
posted by ウィンズ at 15:18| 福岡 ☁| Comment(0) | 人権問題 | 更新情報をチェックする