2018年03月20日

梨木香歩、師岡カリーマ・エルサムニー『私たちの星で』 岩波書店 一四〇〇円+税

 この星は地球だ。銀河系全体から見れば、たいしたものではありません。しかし、その上には、人類などというめんどくさい生き物が、めんどくさい関係をもちつつ、啀(いが)み合ったり殺し合ったりしています。私たちは、同じ地球という星の上に暮らしながら、なんでこんなに理不尽で悲しいことばかりしているのでしょうか。
 日本という国に住んでいると、世界はどのくらい見えているのでしょうか。インターネットの時代です。世界の情報は、何でも手に入るさ。そうは言っても、所詮は、小さな島国に日本語だけで暮らしていて、日本人しか友だちのいないさびしい私たちが、ちまちましたナショナリズムをかざして、隣国を非難したり、遠いムスリム世界を誹謗したり、大きな資本主義国に媚びを売ったりしているに過ぎない、と思えてしまうのです。
 幸いなことに私たちは、極東の小さな島国で細々と、とりあえずは七〇年余、人殺しをしないでやってきましたが、世界にどれくらい向き合ってきたのでしょう。世界と向き合わないと、未熟なままに孤立した偏狭な人間になってしまうのではないかな、という不安感をもってしまう今日この頃なのです。
 世界のものすごく多くの部分を占めているイスラム教についていえば、実のところ、私たちはまったくわかっていません。東アジアの住人でありながら、アジアのこともよく理解しないまま、アメリカの言う「世界」がすべてであるかのようにしか世界を見ることのできないのが、今の日本人なのかもしれません。
梨木香歩 一九五九年生まれの小説家。女性。
師岡カリーマ・エルサムニー 一九七〇年生まれで、文筆家。日本人の母とエジプト人の父をもつ。女性。 本書は、この二人のすてきな女性が岩波書店のPR誌『図書』に交互に掲載した、いわば書簡集なのです。まずは、梨木香歩から師岡カリーマ・エルサムニーに宛てた「共感の水脈へ」と題した文章から始まります。
 文化の垣根、まずはここからです。梨木香歩は、外国暮らしの長い友人が最近「日本はすごい」っていう本がたくさん出ていることに違和感を感じているという話や、錦織圭選手がある異国の強豪選手に勝ったときに「やっぱり日本人はすばらしいんだ」と讃美するキャスターの叫びに怖ろしさを感じたことなどをさらさらと書きつつ、ナショナリズムに触れていきます。
 それに対して師岡カリーマ・エルサムニーは、エジプトから同じような歪みつつあるナショナリズムに触れます。そして、梨木の感じた「怖ろしさ」に同調しない立ち位置が語られます。なぜかって? カリーマはエジプト人でもあるからなのです。そう、このことはとても大事なことだと思います。日本人だと自分で言い切れる人は、どんどん偏狭な世界観の中にとじこもりつつあるのではないでしょうか。カリーマのように異文化と触れ合う中に生を受け、新しい文化を生み、歴史を作る人間が、この島国には必要なのでしょうね。
 こうやって二人は、二〇編の書簡を交わす形式で、ナショナリズム、異文化、宗教・・・・日本人が、いや、この星に生まれた人間がこの星の住民になるために必要なさまざまな事柄について、考えを交換していくのです。
 二人の書簡のやりとりに首を突っ込むみたいな感じで、戦争と平和とか、キリスト教とイスラム教、日本とアラブ、そういう問題を考えていく。そして、私たちが広い心で世界に向き合っていく、そんな本です。それからこのお二人、文章がとても美しい。書評を書くために読み返していたら、私の文章もだんだん磨かれてきたみたいです。
★★★★
 たまたま日本という小さな島国で、偏狭な世界観と歪んだナショナリズムに困り始めたと感じたら、この本を手に取ってみるといいでしょう。きっと、小難しい国際政治の理論や情勢分析よりも、ずっとクリアな世界が見えてくるでしょう。そして、他国や他民族を憎んだり、嫌悪したりすることの悲しさを、また、異文化を理解し合うことの素晴らしさについて考えてみませんか。

posted by ウィンズ at 23:48| 福岡 ☔| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

作/武田一義、原案協力/平塚柾緒『ペリリュー/楽園のゲルニカ』1~今のところ3  白泉社 各六〇〇円+税

 だいたい三頭身で人物が描かれていれば、ギャグ漫画の類いだろう。つまりこれは漫画本だ。どう読んでも漫画本だし、登場人物も三頭身のかわいい男子だ。そう、男子だ。男子しか出てこない。
 第一巻の冒頭は、美しい海の写真、そして洞窟、朽ちかけた銃器の写真が出てくる。ページをめくると、海を見つめる三頭身の後ろ姿が呟(つぶや)く。
「ここに祖父がいた」
そして、美しい島の遠景写真。
〈ペリリュー島 昭和十九年 夏――〉
 三頭身の兵士が登場し、島の遠景写真が白黒の絵に変化する。現在から過去へ。島は、今も昔も同じ形をしていて美しい。その美しい景観は「まるで物語で描かれる楽園のようですよ」と、三頭身の兵士は故郷の母に語りかける。
「日本に帰ったらここでの見聞を元に冒険漫画を描きたい」
 まだ、彼は地獄を知らない。このようにして、この漫画は始まる。そう、これは、あの太平洋戦争を舞台にした漫画なのだ。主人公の田丸一等兵は、将来漫画で身を立てたいと思っている普通の若者だ。そして、ここまでの展開のように、ややのんびりした雰囲気の描写から始まる。しかし、その呑気な気分は、小山一等兵の言葉で否定される。
「田丸君は…俺らがこの島から生きて帰れると思ってるのかい?」
 南方では多くの島で日本軍が玉砕していることをこの小山は知っていたし、次は自分たちの番だということを理解していた。日本はそういう戦争をしていたし、その論理は沖縄戦や、八・一五以後の千島や樺太での民間人を巻き込んだ無謀な戦闘にも引き継がれていた。戦争が始まると、何のために戦争をしているのかがわからなくなり、戦争そのものが目的と化していく。それが、あの戦争だったのだろう。玉砕だの、本土決戦だの、まさに国を滅ぼしてもかまわないという〈誰か〉の声が、数多の兵士の、数えきれぬ国民のいのちを奪っていったのだ。
 丸山真男(政治思想史学者、一九一四~一九九六)だったと思うが、当時の国の指導者たちはみな「自分はそうは言っていないと責任を回避し、そういう雰囲気だった」とのたもうていた、と説明していたのを思い出した。そして、そうした雰囲気をトップの方針だと勝手に忖度して、将校たちの率いる戦場は存在した。
 この漫画も、米軍の空襲で地獄が始まる。空襲が去った後に、誰かが靴をひろった。なんと、靴には足が詰まっているではないか。当然のことだが、この兵士は靴の中に足だけを遺して、なすすべもなくこの世から消えた。そのように意味のない死に意味を付けるように報告がなされていくし、田丸もその仕事を命ぜられる。
「同じ死ぬなら勇敢に戦って立派に死にたいんだ」
と、戦死を覚悟していた小山も、敵の気配に驚いて足を滑らせ命を落とす。そんなふうに意味のない死が、次々と繰り返されるのだ。
 それは、アメリカ兵も同じだ。圧倒的に強大な戦力でペリリュー島に臨んだ米軍だが、白兵戦では兵士同士は時として遭遇する。戦死していく米兵にも母親がいて、「ママー!」と叫びつつ、日本兵の憎しみを全身に受けて死んでいく。しかし、なぜ日本兵の誰それが米兵の誰それを憎まなくてはならないのか。戦友の仇と一言で言ってしまうが、個人的には何の恨みもなく、それぞれ不運にも戦場で出会っただけのことである。
 そんな絶望的な状況でのペリリューの戦いに、三頭身で描かれた漫画的な兵士たちが邁進していく。漫画的に描かれていることで、リアリズムは抑えられているような気がするが、それゆえに、いやそれだからこそ、心の中に戦争の残虐さがカタチをなしてくる。
 戦争を漫画で描く。それは、実にカッコの悪い姿となって描かれる。笑うか、いや、笑えない。カッコの悪いことしかないのが戦争だったことがよくわかる。そして、あの連中はすべてを隠して国民に嘘をついてきたのだ。いや、彼ら自身も目に見えない雰囲気に呑まれて、妄想の中で戦争を起こしたし、止めなかった。
 第四巻は、二月末の発売だ。絶望的な戦いは早く終わって欲しいと思いながら(きっと田丸一等兵は思っているにちがいない)、わたしは発売日を待っている。
★★★★
 敢えてリアリズムを避けて、漫画としたところがすごい。教室の隅に置いておくだけでいいのかもしれない。マジで、戦争はやめようと思うだろう。昔話を又聞きで説明するような平和教育をしようとする前に、読んでおこう。



posted by ウィンズ at 23:40| 福岡 ☔| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2011年09月22日

野依智子『近代筑豊炭鉱における女性労働と家族―「家族賃金」観念と「家庭イデオロギー」の形成過程―』明石書店 四五〇〇円+税

 会社勤めをしている旧友と呑んでいたときだった。こいつが酒の勢いでからんできた。
「学校のセンセイはいいねぇ。給料は安定してるし、ダブルインカムで、、、ええ車乗ってるし、……」
 もとより酒癖のいい奴ではないが、その日は少し荒れていた。どうやら長い不景気風が彼の会社にも強くあたりはじめたらしい。
「給料がね、ずいぶん下がったんだよ。オレ一人の稼ぎで家族を食わせるのはもう無理だぜ。いいなガッコのセンセイは…」
 呑み友だちのくどいからみにだんだん腹が立ってきた。バブルの頃にこいつは所帯を持った。「女を食わせるのは男の甲斐性だ」とかなんとかえらそうなことを言って、彼女には仕事はさせず、結婚当初から専業主婦をさせていた。確かにその頃は厚い財布を見せびらかしていたし、充分に一家を支える稼ぎ手だったはずだ。それ がここに来て年収はかつての半分以下になったと愚痴る。
「嫁にね、少しは働けって言ったら、何であたしが働かないかんのってふてくされてね。確かに手に職はないから働いたにしてもしれているけどな。それに比べてあんたはいいよな、かあちゃんも教員だろ。二人とも一人前の給料だもんな。ずるい、ずるい、ああずるい!」
 あの頃のこいつの羽振りの良さを知っているだけにかわいそうにも思ったのだが、「ずるい」はないだろう。不愉快だ。なもんで、二次会はよしにして、千円余計に払ってやってタクシーで帰ったのだ。帰ってもおさまらないので飲み直した。二杯目のグラスが空いたとき、ふと妙な疑問が酒の染みた脳をよぎった。
〈給料というのは働いている人間個人に払われているんだろうか、それとも家族を養う前提で払われるんだろうか〉
 ダブルインカム・ノーキッズなどと言って家族を抱えたサラリーマンから揶揄されたのはだいぶ前のことだ。そういう揶揄の背景には夫一人の給料で家族を養うのがあたりまえであり、そのしきたりに従わずに稼ぎ手が二人で、子どもも作らないような生き方がある種の妬みも含めて僕たちのような二人家族に向けられたのではな いだろうか。実際、僕一人の給料で妻子を養っている同僚もいる。というより、世間ではそれが常識なのはなぜなんだろう。なのにその給料を二家族分取り、家族を持たない。それじゃ、ズルッ子と思われたのかもしれない。
 そしたら、「家族賃金」という熟語が目に飛び込んできた。…「家族賃金」観念と「家庭イデオロギー」の形成過程……と小さく黄色い文字で背表紙に書いてある。眼を凝らせば『近代筑豊炭鉱における……』とタイトルにある。筑豊の炭鉱の歴史を調べようと買った本だったけど、副題に「家族賃金」と「家庭イデオロギー」か 。ちがった興味で頁をめくった。そしたらおもしろい。第一章に〈夫婦共稼ぎの筑豊炭鉱〉ってある。筑豊の炭鉱って共稼ぎだったんだ。そう言えば、女性の鉱夫ってなんかの絵で見たような気がするなあ。うむ。なるほど明治の終わりくらいの共稼ぎというのは一先山一後山の採炭労働、つまり夫婦ワンセットで働いていたのか。 つまりは夫婦で一家族分の給料が支払われてたということなんだ。
 で、第二章は〈坑内保育所の成立・発展と女性鉱夫〉か。へぇぇ、共稼ぎが前提なので保育所を作るのはあたりまえだったと言うことか。で、第三章は〈女性鉱夫の変容〉ね。この共稼ぎの女性鉱夫はどうなるのだろう。なになに、女性の坑内労働が禁止されたって。ははあ、これは政府の政策かあ。第二の国民を産み育てるのが 女の役割だって…。そうか昭和初期になると世界はきな臭くなる。戦争が影響するんだ。おっ、それと機械化ね。機械化が進めば後山夫がいらなくなるのか。でも妻の仕事がなくなったら給料は減るんじゃないの?あらら、女性を坑内労働から排除するために男の給料を挙げたってわけか。でも倍にするんじゃないしね。ふむふむ、 で、失業した女性には内職をまわすんだ。ありゃりゃ、わが呑み友だちの置かれた状況に近くなってきたな。ほほう、ついでに保育所もなくなって幼稚園に変わるのか。うーむ、納得っ。
 で、第四章は〈炭鉱主婦会による生活改善運動〉か。えっ!主婦というのがここで登場するのか。女性鉱夫は失業して夫の給料とささやかな内職で暮らすようになり、主婦会に顔を出すんだ。おお、ここで彼女たちはいわゆる良妻賢母にさせられるのか。そうか、僕たち夫婦に向けられていた眼差しはこれだったんだ。
《家庭イデオロギー》
 僕たちの生き方はこのイデオロギーを逆撫でしていたのか。それで妬まれていたんだな。おお、それにわが呑み友だちの運命のように今や男一人の「家族賃金」では生活が成り立たなくなっている時代になってる。そうだ、そうだ、僕たちはこの《家庭イデオロギー》に洗脳されていたのかもしれない。何が男の甲斐性だ。女性を 労働から締め出し、家庭に押し込んでちっとばかし給料を上げてもらったのが「男の甲斐性=家族賃金」じゃねえか。それは甲斐性じゃなくって《家庭イデオロギー》の所産なんだ。かと言って、今更あいつに説教してもしょうがないしな。でも、この本はおもしれぇ。


★★★★ あ、これって九州大学に出した博士論文なんだ。博士論文ったって、こんなにおもしろいんだなあ。明日学校に行ったらみんなにも勧めよう。筑豊の歴史もよくわかるしね。
posted by ウィンズ at 10:17| 福岡 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2009年10月01日

竹中暉雄『エーデルヴァイス海賊団―ナチズム下の反抗少年グループ』勁草書房 2,800円

  少年向けの冒険小説に出てくるみたいな名前だろう。しかもこの海賊団のメンバーは十四歳から十八歳の少年少女たちだったと聞けばますます冒険小説的なロマンを感じて妙にわくわくするではないか。しかし、これは虚構ではなく、おそらくは教育関係者ならば知っておいたほうがいい「史実」なのである。
 このエーデルヴァイス海賊団はナチ支配下のドイツでナチが組織したあのナチ青少年団、ヒットラー・ユーゲント(HJ)を震えあがらせ、泣く子も黙るといわれたゲシュタポ(秘密国家警察)を散々てこずらせた少年たちであったというからいったいどんな連中だったか興味がわくではないか。
 まずは彼らのファッション。色つきの旅行シャツ、革の半ズボン、白い折り返しソックス、ネッカチーフ、そして目印になるエーデルヴァイスの徽章を襟につけていたとされる。そのシャツもスコッチ風タータンチェックなんかが好まれたという。髪は長髪であった。ちょっとおしゃれでかなり目立つファッションであることはまちがいない。そんな格好で彼らはギターを携えてワンダーフォーゲル旅行(その頃は禁止されていた)を敢行し、集まっては独特の歌を歌っていた。そしてヒットラー・ユーゲントの指導者やパトロール隊を見つけては襲撃しボコボコにたたきのめしていたのである。何故に彼らはHJと敵対したかというと、彼らの余暇の時間にまで干渉してくるHJの存在が許せなかったという実にわかりやすい理由に基づいている。
 ゲシュタポが彼らを捕まえようとしてもなかなか難しかった。彼らは特定の指導者を持つ組織ではないからだ。ただ同じようなファッションをしている少年少女というだけにすぎなかったからである。その目印のエーデルヴァイスの徽章は旅先の土産物店で誰もが手に入れられるものであったから取り締まりのしようがなかったというのだ。そして仲間のことはぜったいにチクらない。何とも痛快な連中ではないか。
 重要なことは彼らは政治的にナチにしたのではない。ヤナ奴だからナチにしたのである。その意味で彼らは社会的には「不良少年」でしかかないのかもしれない。しかし、それは適当な理屈をつけてナチに協力していった(日本で言えば軍部に協力していった)おとなたちややがてはそうなっていったおりこうさんたちよりははるかに人間らしかったのではないだろうか。
 で、ヤナ教師やウルセエ親やワケノワカランおとなにしている君!ひょっとしたら君らのはすごく正しいのかもしれないな。

◎もできないヤツにやができるかってんだ。悪ガキってのは実は時代を救うヒーローなんだな。
    ★★★★


posted by ウィンズ at 14:47| 福岡 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

原田久美子氏の論文『「男女混合名簿」につらぬく反動的な路線』を読んで

「人民教育」二二四号(通巻二八九号)に原田久美子氏の『「男女混合名簿」につらぬく反動的な路線』と題する論文を読んでこの教師の非常に不真面目な姿勢に不快感を抱いたので、敢えて筆を執らせていただいた。私自身は人民教育同盟のメンバーでもなく一読者にすぎない。毎号「人民教育」を講読しているのは、人民教育を標榜する教師ならば子どもの側にたった教育実践を学べるだろうとの期待からである。そして実際に本誌に報告される実践に共感しうるものが少なくなかったからである。しかし、この原田氏の論文を読んで、これが人民教育同盟の教師たちに共通する考え方ならば、私は人民教育なるものがまさに政治主義的な子ども(人民)不在の教育に堕落していくのではないかという危惧を抱いた。

  原田論文の基本姿勢について

 原田氏はまず日教組や各教組の運動のなかで「男女混合名簿」がとりくまれたり、婦人部から女性部への改称がなされたりする動向について、これらを「婦人解放運動と教育運動を「差別」「人権」問題にきりちぢめている」と断定し、そうした運動は「反動の方向である」と決めつけている。ここに大きな論理のすり替えがあると思う。主義と日和見主義がうかがえる。本来批判すべきはこうした進歩的な運動をよそおって支配階級の教育支配が進行していることであって、「男女混合名簿」そのものや婦人部から女性部への改称が反動的ではないはずだ。ところが原田氏は「男女混合名簿」そのものを否定し、女性部への名称変更にも反対している(実際、原田氏は最後まで婦人という用語をこだわって使用しつづけている)。人間は男女を希望して生まれてくるわけではない。出身階級も自分で望んで生まれてくるわけではない。平等に扱うべきところを平等に扱うことがなぜ問題なのであろうか。
 この冒頭の論の展開から判断して、原田氏はあきらかに「男女混合名簿」を反動的とみなし、婦人部から女性部への改称も反動的だとしてこれらに反対であると明言している。つまり、男女の名簿は別であるべきだし、組織の名称は婦人部がよいのだと言い切っている。このことは女性解放運動の文脈でいえばまさに反動的なのではないだろうか。女性解放運動は女性に対する抑圧、差別からの解放の運動である。そうした抑圧、差別のシステムを作ってきたのは、男という性の支配する社会である。それは確かに原田氏のいうとおりに超階級的な運動である。超階級的ということは人間普遍の問題であると考えてもよい。その抑圧の根本課題を人民教育にとりこまずして人民の側にたった教育はありえない。原田氏の誤りは超階級的な運動を人民教育に取り込もうとせず、超階級的であるからといってその抑圧にまわったところにある。だから男女を平等に扱おうとすることにはことごとく反対することになってしまう。そこには文部省や労働組合の右傾化に対する政治的闘争だけが浮き上がり、肝心の抑圧され、差別された人民や子どもの視点がまったく見られない。だから政治主義なのであり、人民や子どもから目をそらしているが故に教師として日和見主義に陥っていると言いたいのである。




   原田氏の「超階級的男女平等論批判」について

 原田氏は「男女混合名簿」を推進する人たちの意見を四点に整理した上で、これらの実践を「区別は差別」という観点だと総括して、こうした観点からの実践を「男女の性のちがいや肉体的特質の差異そのものを否定するものである。」と否定しているが、この原田氏の見解は男女平等教育に対する無理解を示している、としか言いようがない。男女を区別しないという実践は肉体的な差異を否定するものではなく、人間としての尊厳において区別も差別もしないと言うことであって、それゆえに男女の性をお互いに尊重し合うという視点に立っているはずである。
 しかし、私が言いたいのは原田氏の人民教師としてのもっと重大なあやまりについてである。私は原田氏に敢えて問いたい、学校とはいったい何なのか。学校がこの百二十年間果たしてきた役割は何だったのか、と。日本の学校はもとより人民のために存在するものではなく、国家自身の人民支配装置として発展してきたものである。そしてその役割は現在にいたってもまったく変わらずにいるのである。そして権力の支配装置であるということは、授業のなかで教えられる知識やものの考え方が子どもを思想的に洗脳するというようなことを意味しているのではない。学校にはさまざまな家庭(階級と言ったほうが原田氏には理解しやすいだろうか)の子どもが集まってくる。学校が国家権力の支配の装置として成り立ってきたのはそうした子どもたちが学校生活をくぐることで善良な国民の生活様式を常識として身につけてしまうという意味においてである。いいかえるならば学校文化はイデオロギーそのものであり、子どもたちはその中で息をしていくだけで国家のイデオロギー教育に染まっていくということなのである。日の丸をあげるとか、君が代を歌わせるなどということだけが学校の行うイデオロギー教育なのではない。そうした目に見えるイデオロギーは子ども自身にもじゅうぶん批判することはできるし、そういう教育は原田氏もやってこられたはずだ。しかし、重要なのは学校にいると当たり前で気づかない学校の文化であり、それが権力のイデオロギーだと言うことである。そしてそうした文化はごくありふれた風景であるから政治的な活動家にはとるにたらないものにしか見えないだろう。しかし、そうした目に見えない文化こそが学校教育の真骨頂なのである。学校文化の総体がイデオロギー性をもっているから、それをそのまま受け入れて子どもたちは成長していくのである。それは教育学のなかでは Hidden Curriculum つまり隠されたカリキュラムという言葉で説明されるものである。そうしたものの一つの例が男女別の名簿であり、いつでも男を先に、女は後という行動様式を学校がとっているということである。もちろん、そうした学校文化のイデオロギーは性差別の問題だけではない。
 国家権力はこの百二十年の間学校文化の中にほとんどの人民を取り込み、文化的に教育してきた。もちろんこの文化になじめない者は排除されてきたし、この文化を獲得できなかった者は社会が排除し、差別してきた。そしてそれを実践してきたのはほかならぬ教師たちである。このことをすなわち、人民の側にいる教師が確認しなければならないことはこうした自分自身の位置と役割なのである。性差別に関しては確かに原田氏が言うように「問題なのは、支配階級がこの性のちがいを利用して、婦人を社会的、経済的、人間的に低い地位におとしめていることである」が、それをよしとする文化的な価値観は学校文化の中で形成されてきたのである。原田氏が敢えて「男女混合名簿」に反対するというのはそのまま学校文化に内在する国家権力のイデオロギーを国家の教師として子どもたちに無言で伝えていく役割を負うことになるのである。


※この論考は『人民教育』編集部と話し合いの上ボツになった。
posted by ウィンズ at 14:24| 福岡 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする