2017年05月10日

木村玲欧『戦争に隠された「震度7」』吉川弘文館 二〇〇〇円+税


 四月十四日の夜ね。ちょうど職場の飲み会の帰りに小倉発九時二十七分発の電車に乗って発車を待っていたときに
「地震です、地震です」
という声が車内のどこかで鳴っていた。声が鳴るというのもおかしな話なんだけど、わかりますよね。たぶんどなたかの携帯の緊急災害情報が反応したのね。車内はそんなに混んでなかったのだけど、乗客のみなさまがたはそんな声は気にしないでキャーキャーおしゃべりに興じているご婦人たちの集団の他は静かに押し黙ったままなのね。わたしは携帯電話を職場に忘れてきてね、ちっとも状況がわからなかいのが不安だった。
 で、「さあ、来るよ!」と待ちかまえていたら、ぐらぐらっときた。でも、それ以上ではないという感じだったし、あの賑やかな集団は地震のことなんてひと言も話題にせずに賑やかなおしゃべりを続けていたし、電車は二〇分くらい遅れて発車したので、
「たいしたことはなかったのかな」
と思ったんだけど、帰ってニュースを見てそれはそれは驚いたわ。小倉で感じる地震と熊本で起きた地震の差というのはこういうことなのね。
 地震に限らず災害というのは特定の地域にダメージを与えるけどちょっと離れればどうということのない問題なのね。でも、熊本といえばいっぱい知り合いもいるし、心配になるじゃない。それで、余震の速報が入るたびにテレビを見るでしょ。そしたら変なことに気づいたの。鹿児島に知人がいるので、鹿児島の揺れも気になってたんだけどテレビに映るのは鹿児島以北の九州の地図なのね。
 で、鹿児島の知人に電話したら、
「こっちもかなり揺れてるわよ」
ということだった。
 その時、思い浮かんだことがある。原発よ、川内原発。あれがだいじょうぶかどうか気になってテレビの画面を見直すとちょうど南側の隠れたギリギリのところなのね。メディアは川内原発が存在しないとは言ってないけど、熊本の地震を報道するときに川内原発は見せたくないのね。そうかどうかはわかりませんが、そう思われても仕方ないわよね。
 どっかの放送局の籾井会長が局内の災害対策本部会議で、
「住民の不安をいたずらにかき立てないよう、公式発表をベースに伝えてほしい」などと発言したんだそうな。このことを参院総務委員会で質問されて、
「川内原発の問題については、いたずらに不安をかきたてることがあってはならない」
と改めて主張したんだって(『朝日新聞デジタル』2016.5.11 5:00)。
 それって、国家権力にとって都合の悪いことは知らせないということよね。
 で、この国には以前も似たようなことがあったんだ。平和教育やなんかで、戦争で日本は空襲やらなんやら被害を受けたことは教わってきたし、教えられてきた。でも、それらは戦後そんなことがあったんだって事実がわかってきてから共有化されたことなのよ。原爆だって最初は小さな記事だったみたいだし、その実体が明らかに報道されたのは戦後何年か経ってからだって、このあいだある人から聞いて驚いた。
 そしてさ、この本を読んでびっくり。あの戦争の終盤の昭和十九年十二月七日に東南海地震、さして年の明けた昭和二十年一月十三日に三河地震という大地震があったことをみんな知っているかしら。
 東南海地震はマグニチュード七・九の海溝型地震で、震度は七、死者・行方不明者は一二二三人だというし、三河地震はマグニチュード六・八の直下型地震で、死者は何と二三〇四人にのぼる。こんな大地震なのにみんな知ってた?
 本書は二〇一四年の発行です。本書を書いた木村さんは阪神・淡路大震災の研究をしていた人で、名古屋大学に勤めていた頃に愛知県内で阪神・淡路大震災の講演をしたんだそうです。その時に聴いていた人から、
「阪神・淡路大震災は自分たちとは関係ない」
「愛知県ではそんな大きな地震は起きたことがないし、これからも起きることはないだろう」
というような反応を得て驚いたのだそうな。なんと地元ですらその史実は忘れられていたということなのね。
 著者の木村玲欧さんは「情報学」が専門なのでそういう観点からこの本を書いている。地震がどのように隠され、また報道されてきたのかということを歴史的に振り返り、過去の記憶(体験談)を掘り起こし、そうした過去から何を教訓とすべきかということが書かれているし、すごい刺激的ね。情報を伝えていくことの大切さと、伝えないことの怖さを痛感しましたよ。
 でね、山下文男『隠された大震災―太平洋戦争史秘録』(東北大学出版会)も同じ地震について書かれた本で、合わせて読んだけど、これもおもしろかった。歴史の本として国家の隠蔽を告発しているのでぐいぐい引き込まれましたね。大学の出版会の発行だからお堅い本かと思ったらとんでもなく読みやすい本でした。こっちも紹介したかったけれど、実は二〇〇九年刊行でちょっと時間が経っている。でも、東北大学・・・でしょ。東日本大震災の直前だったのね。ちょっと哀しすぎるな。でも読んでください。


☆☆☆☆ 日本の報道の自由度ランキングは今年は七二位まで下がったそうな。二〇一〇年に一〇位だったのに、昨年は六一位、そして七二位。そういう時代だからこそ読んでおくべき本ね。 
posted by ウィンズ at 15:30| 福岡 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2011年09月22日

野依智子『近代筑豊炭鉱における女性労働と家族―「家族賃金」観念と「家庭イデオロギー」の形成過程―』明石書店 四五〇〇円+税

 会社勤めをしている旧友と呑んでいたときだった。こいつが酒の勢いでからんできた。
「学校のセンセイはいいねぇ。給料は安定してるし、ダブルインカムで、、、ええ車乗ってるし、……」
 もとより酒癖のいい奴ではないが、その日は少し荒れていた。どうやら長い不景気風が彼の会社にも強くあたりはじめたらしい。
「給料がね、ずいぶん下がったんだよ。オレ一人の稼ぎで家族を食わせるのはもう無理だぜ。いいなガッコのセンセイは…」
 呑み友だちのくどいからみにだんだん腹が立ってきた。バブルの頃にこいつは所帯を持った。「女を食わせるのは男の甲斐性だ」とかなんとかえらそうなことを言って、彼女には仕事はさせず、結婚当初から専業主婦をさせていた。確かにその頃は厚い財布を見せびらかしていたし、充分に一家を支える稼ぎ手だったはずだ。それ がここに来て年収はかつての半分以下になったと愚痴る。
「嫁にね、少しは働けって言ったら、何であたしが働かないかんのってふてくされてね。確かに手に職はないから働いたにしてもしれているけどな。それに比べてあんたはいいよな、かあちゃんも教員だろ。二人とも一人前の給料だもんな。ずるい、ずるい、ああずるい!」
 あの頃のこいつの羽振りの良さを知っているだけにかわいそうにも思ったのだが、「ずるい」はないだろう。不愉快だ。なもんで、二次会はよしにして、千円余計に払ってやってタクシーで帰ったのだ。帰ってもおさまらないので飲み直した。二杯目のグラスが空いたとき、ふと妙な疑問が酒の染みた脳をよぎった。
〈給料というのは働いている人間個人に払われているんだろうか、それとも家族を養う前提で払われるんだろうか〉
 ダブルインカム・ノーキッズなどと言って家族を抱えたサラリーマンから揶揄されたのはだいぶ前のことだ。そういう揶揄の背景には夫一人の給料で家族を養うのがあたりまえであり、そのしきたりに従わずに稼ぎ手が二人で、子どもも作らないような生き方がある種の妬みも含めて僕たちのような二人家族に向けられたのではな いだろうか。実際、僕一人の給料で妻子を養っている同僚もいる。というより、世間ではそれが常識なのはなぜなんだろう。なのにその給料を二家族分取り、家族を持たない。それじゃ、ズルッ子と思われたのかもしれない。
 そしたら、「家族賃金」という熟語が目に飛び込んできた。…「家族賃金」観念と「家庭イデオロギー」の形成過程……と小さく黄色い文字で背表紙に書いてある。眼を凝らせば『近代筑豊炭鉱における……』とタイトルにある。筑豊の炭鉱の歴史を調べようと買った本だったけど、副題に「家族賃金」と「家庭イデオロギー」か 。ちがった興味で頁をめくった。そしたらおもしろい。第一章に〈夫婦共稼ぎの筑豊炭鉱〉ってある。筑豊の炭鉱って共稼ぎだったんだ。そう言えば、女性の鉱夫ってなんかの絵で見たような気がするなあ。うむ。なるほど明治の終わりくらいの共稼ぎというのは一先山一後山の採炭労働、つまり夫婦ワンセットで働いていたのか。 つまりは夫婦で一家族分の給料が支払われてたということなんだ。
 で、第二章は〈坑内保育所の成立・発展と女性鉱夫〉か。へぇぇ、共稼ぎが前提なので保育所を作るのはあたりまえだったと言うことか。で、第三章は〈女性鉱夫の変容〉ね。この共稼ぎの女性鉱夫はどうなるのだろう。なになに、女性の坑内労働が禁止されたって。ははあ、これは政府の政策かあ。第二の国民を産み育てるのが 女の役割だって…。そうか昭和初期になると世界はきな臭くなる。戦争が影響するんだ。おっ、それと機械化ね。機械化が進めば後山夫がいらなくなるのか。でも妻の仕事がなくなったら給料は減るんじゃないの?あらら、女性を坑内労働から排除するために男の給料を挙げたってわけか。でも倍にするんじゃないしね。ふむふむ、 で、失業した女性には内職をまわすんだ。ありゃりゃ、わが呑み友だちの置かれた状況に近くなってきたな。ほほう、ついでに保育所もなくなって幼稚園に変わるのか。うーむ、納得っ。
 で、第四章は〈炭鉱主婦会による生活改善運動〉か。えっ!主婦というのがここで登場するのか。女性鉱夫は失業して夫の給料とささやかな内職で暮らすようになり、主婦会に顔を出すんだ。おお、ここで彼女たちはいわゆる良妻賢母にさせられるのか。そうか、僕たち夫婦に向けられていた眼差しはこれだったんだ。
《家庭イデオロギー》
 僕たちの生き方はこのイデオロギーを逆撫でしていたのか。それで妬まれていたんだな。おお、それにわが呑み友だちの運命のように今や男一人の「家族賃金」では生活が成り立たなくなっている時代になってる。そうだ、そうだ、僕たちはこの《家庭イデオロギー》に洗脳されていたのかもしれない。何が男の甲斐性だ。女性を 労働から締め出し、家庭に押し込んでちっとばかし給料を上げてもらったのが「男の甲斐性=家族賃金」じゃねえか。それは甲斐性じゃなくって《家庭イデオロギー》の所産なんだ。かと言って、今更あいつに説教してもしょうがないしな。でも、この本はおもしれぇ。


★★★★ あ、これって九州大学に出した博士論文なんだ。博士論文ったって、こんなにおもしろいんだなあ。明日学校に行ったらみんなにも勧めよう。筑豊の歴史もよくわかるしね。
posted by ウィンズ at 10:17| 福岡 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2009年10月01日

竹中暉雄『エーデルヴァイス海賊団―ナチズム下の反抗少年グループ』勁草書房 2,800円

  少年向けの冒険小説に出てくるみたいな名前だろう。しかもこの海賊団のメンバーは十四歳から十八歳の少年少女たちだったと聞けばますます冒険小説的なロマンを感じて妙にわくわくするではないか。しかし、これは虚構ではなく、おそらくは教育関係者ならば知っておいたほうがいい「史実」なのである。
 このエーデルヴァイス海賊団はナチ支配下のドイツでナチが組織したあのナチ青少年団、ヒットラー・ユーゲント(HJ)を震えあがらせ、泣く子も黙るといわれたゲシュタポ(秘密国家警察)を散々てこずらせた少年たちであったというからいったいどんな連中だったか興味がわくではないか。
 まずは彼らのファッション。色つきの旅行シャツ、革の半ズボン、白い折り返しソックス、ネッカチーフ、そして目印になるエーデルヴァイスの徽章を襟につけていたとされる。そのシャツもスコッチ風タータンチェックなんかが好まれたという。髪は長髪であった。ちょっとおしゃれでかなり目立つファッションであることはまちがいない。そんな格好で彼らはギターを携えてワンダーフォーゲル旅行(その頃は禁止されていた)を敢行し、集まっては独特の歌を歌っていた。そしてヒットラー・ユーゲントの指導者やパトロール隊を見つけては襲撃しボコボコにたたきのめしていたのである。何故に彼らはHJと敵対したかというと、彼らの余暇の時間にまで干渉してくるHJの存在が許せなかったという実にわかりやすい理由に基づいている。
 ゲシュタポが彼らを捕まえようとしてもなかなか難しかった。彼らは特定の指導者を持つ組織ではないからだ。ただ同じようなファッションをしている少年少女というだけにすぎなかったからである。その目印のエーデルヴァイスの徽章は旅先の土産物店で誰もが手に入れられるものであったから取り締まりのしようがなかったというのだ。そして仲間のことはぜったいにチクらない。何とも痛快な連中ではないか。
 重要なことは彼らは政治的にナチにしたのではない。ヤナ奴だからナチにしたのである。その意味で彼らは社会的には「不良少年」でしかかないのかもしれない。しかし、それは適当な理屈をつけてナチに協力していった(日本で言えば軍部に協力していった)おとなたちややがてはそうなっていったおりこうさんたちよりははるかに人間らしかったのではないだろうか。
 で、ヤナ教師やウルセエ親やワケノワカランおとなにしている君!ひょっとしたら君らのはすごく正しいのかもしれないな。

◎もできないヤツにやができるかってんだ。悪ガキってのは実は時代を救うヒーローなんだな。
    ★★★★


posted by ウィンズ at 14:47| 福岡 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

原田久美子氏の論文『「男女混合名簿」につらぬく反動的な路線』を読んで

「人民教育」二二四号(通巻二八九号)に原田久美子氏の『「男女混合名簿」につらぬく反動的な路線』と題する論文を読んでこの教師の非常に不真面目な姿勢に不快感を抱いたので、敢えて筆を執らせていただいた。私自身は人民教育同盟のメンバーでもなく一読者にすぎない。毎号「人民教育」を講読しているのは、人民教育を標榜する教師ならば子どもの側にたった教育実践を学べるだろうとの期待からである。そして実際に本誌に報告される実践に共感しうるものが少なくなかったからである。しかし、この原田氏の論文を読んで、これが人民教育同盟の教師たちに共通する考え方ならば、私は人民教育なるものがまさに政治主義的な子ども(人民)不在の教育に堕落していくのではないかという危惧を抱いた。

  原田論文の基本姿勢について

 原田氏はまず日教組や各教組の運動のなかで「男女混合名簿」がとりくまれたり、婦人部から女性部への改称がなされたりする動向について、これらを「婦人解放運動と教育運動を「差別」「人権」問題にきりちぢめている」と断定し、そうした運動は「反動の方向である」と決めつけている。ここに大きな論理のすり替えがあると思う。主義と日和見主義がうかがえる。本来批判すべきはこうした進歩的な運動をよそおって支配階級の教育支配が進行していることであって、「男女混合名簿」そのものや婦人部から女性部への改称が反動的ではないはずだ。ところが原田氏は「男女混合名簿」そのものを否定し、女性部への名称変更にも反対している(実際、原田氏は最後まで婦人という用語をこだわって使用しつづけている)。人間は男女を希望して生まれてくるわけではない。出身階級も自分で望んで生まれてくるわけではない。平等に扱うべきところを平等に扱うことがなぜ問題なのであろうか。
 この冒頭の論の展開から判断して、原田氏はあきらかに「男女混合名簿」を反動的とみなし、婦人部から女性部への改称も反動的だとしてこれらに反対であると明言している。つまり、男女の名簿は別であるべきだし、組織の名称は婦人部がよいのだと言い切っている。このことは女性解放運動の文脈でいえばまさに反動的なのではないだろうか。女性解放運動は女性に対する抑圧、差別からの解放の運動である。そうした抑圧、差別のシステムを作ってきたのは、男という性の支配する社会である。それは確かに原田氏のいうとおりに超階級的な運動である。超階級的ということは人間普遍の問題であると考えてもよい。その抑圧の根本課題を人民教育にとりこまずして人民の側にたった教育はありえない。原田氏の誤りは超階級的な運動を人民教育に取り込もうとせず、超階級的であるからといってその抑圧にまわったところにある。だから男女を平等に扱おうとすることにはことごとく反対することになってしまう。そこには文部省や労働組合の右傾化に対する政治的闘争だけが浮き上がり、肝心の抑圧され、差別された人民や子どもの視点がまったく見られない。だから政治主義なのであり、人民や子どもから目をそらしているが故に教師として日和見主義に陥っていると言いたいのである。




   原田氏の「超階級的男女平等論批判」について

 原田氏は「男女混合名簿」を推進する人たちの意見を四点に整理した上で、これらの実践を「区別は差別」という観点だと総括して、こうした観点からの実践を「男女の性のちがいや肉体的特質の差異そのものを否定するものである。」と否定しているが、この原田氏の見解は男女平等教育に対する無理解を示している、としか言いようがない。男女を区別しないという実践は肉体的な差異を否定するものではなく、人間としての尊厳において区別も差別もしないと言うことであって、それゆえに男女の性をお互いに尊重し合うという視点に立っているはずである。
 しかし、私が言いたいのは原田氏の人民教師としてのもっと重大なあやまりについてである。私は原田氏に敢えて問いたい、学校とはいったい何なのか。学校がこの百二十年間果たしてきた役割は何だったのか、と。日本の学校はもとより人民のために存在するものではなく、国家自身の人民支配装置として発展してきたものである。そしてその役割は現在にいたってもまったく変わらずにいるのである。そして権力の支配装置であるということは、授業のなかで教えられる知識やものの考え方が子どもを思想的に洗脳するというようなことを意味しているのではない。学校にはさまざまな家庭(階級と言ったほうが原田氏には理解しやすいだろうか)の子どもが集まってくる。学校が国家権力の支配の装置として成り立ってきたのはそうした子どもたちが学校生活をくぐることで善良な国民の生活様式を常識として身につけてしまうという意味においてである。いいかえるならば学校文化はイデオロギーそのものであり、子どもたちはその中で息をしていくだけで国家のイデオロギー教育に染まっていくということなのである。日の丸をあげるとか、君が代を歌わせるなどということだけが学校の行うイデオロギー教育なのではない。そうした目に見えるイデオロギーは子ども自身にもじゅうぶん批判することはできるし、そういう教育は原田氏もやってこられたはずだ。しかし、重要なのは学校にいると当たり前で気づかない学校の文化であり、それが権力のイデオロギーだと言うことである。そしてそうした文化はごくありふれた風景であるから政治的な活動家にはとるにたらないものにしか見えないだろう。しかし、そうした目に見えない文化こそが学校教育の真骨頂なのである。学校文化の総体がイデオロギー性をもっているから、それをそのまま受け入れて子どもたちは成長していくのである。それは教育学のなかでは Hidden Curriculum つまり隠されたカリキュラムという言葉で説明されるものである。そうしたものの一つの例が男女別の名簿であり、いつでも男を先に、女は後という行動様式を学校がとっているということである。もちろん、そうした学校文化のイデオロギーは性差別の問題だけではない。
 国家権力はこの百二十年の間学校文化の中にほとんどの人民を取り込み、文化的に教育してきた。もちろんこの文化になじめない者は排除されてきたし、この文化を獲得できなかった者は社会が排除し、差別してきた。そしてそれを実践してきたのはほかならぬ教師たちである。このことをすなわち、人民の側にいる教師が確認しなければならないことはこうした自分自身の位置と役割なのである。性差別に関しては確かに原田氏が言うように「問題なのは、支配階級がこの性のちがいを利用して、婦人を社会的、経済的、人間的に低い地位におとしめていることである」が、それをよしとする文化的な価値観は学校文化の中で形成されてきたのである。原田氏が敢えて「男女混合名簿」に反対するというのはそのまま学校文化に内在する国家権力のイデオロギーを国家の教師として子どもたちに無言で伝えていく役割を負うことになるのである。


※この論考は『人民教育』編集部と話し合いの上ボツになった。
posted by ウィンズ at 14:24| 福岡 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

川向秀武著『人権の世紀のために―歴史・教育・啓発・運動、そして自分史』福岡県部落解放・人権研究所

 ウィンズを読んでいて著者の川向秀武氏を知らない人はいないはずだ。えっ、知らない?それはもぐりというものではないだろうか。ご承知のように川向氏は一九七七年に福岡教育大学に着任してから二十三年間福岡のそして九州の同和教育に尽力して来られた。福岡で同和教育にかかわった人間なら川向氏の同和教育に対する知見をまとめて読みたいという思いを持ったことがあるはずだ。なかったとは言わせない。そう思わなかったら福岡で何を頼りに同和教育をしていこうと言うのだろうか。そんな本を待ち焦がれていたあなたのために「ブックレット 菜の花6」として刊行されたのが本書だ。
 本書は川向氏が福岡に来てから今日に至るまでにあちこちに書いてきた文章をまとめたものだ。副題にもあるように部落史であり、同和教育であり、社会啓発であり、解放運動であり川向氏がいろんな場面で発言してきたことがこの一冊で手に取るようにわかる。そして川向氏自身の生き様とでも言うべきものがそれらの発言を綴る一本の糸となっているのだ。
 まず川向氏の志した学問が実は川向氏が出会ってきた教師たちへの「不信」と「憎悪」に端を発していること、そしてその「非教育学」への「こだわり」がエネルギーであることが衝撃的に示される。そして全部で11の川向発言が収録されている。とくに「4 人権思想の歴史を子どもに伝えるために」はそれじたいが史論であると同時に人権教育やその思想を伝えるべき歴史教育の形骸化への痛烈な批判を含んでいて僕は好きだ。「5 抑圧の文字から解放の文字へ」は識字運動についての発言であるがその前提として語られる識字の観点から叙述される教育史の素描は若き日に「小学簡易科論」といった重厚な教育史研究を積み上げていた川向さんの研究者としてのかがやきがにじみ出ていて僕は好きだ。「7 部落の子どもたちの『学力』の背景」は福岡、久留米の実態調査をふまえての分析であり、低学力の克服という課題を背負った人には必読の一節だろう。「8 これからの教育・啓発をどうするか」「9 『いつでもどこでも学べる場』の保障を」「同和問題の解決は、すべての人に」なんかは運動家としての川向さんが出ていて今同和教育にさし迫った課題を抱えた人は飛びつきたくなる内容だ。そして{10 おわりに―どんな出会いも大切に」は単なる「おわりに」ではない。川向さん自身の自分史を語りつつ人間というものについて深い洞察がなされている。この節は毎晩寝る前に必ず読み返している珠玉の一節で僕はいちばん好きだ。さてあなたは……

★★★★ 福岡の教師でこの本を読まないというのはひとつの犯罪かもしれない。
 お求めは福岡県人権研究所へ。
posted by ウィンズ at 14:17| 福岡 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする