2018年03月20日

梨木香歩、師岡カリーマ・エルサムニー『私たちの星で』 岩波書店 一四〇〇円+税

 この星は地球だ。銀河系全体から見れば、たいしたものではありません。しかし、その上には、人類などというめんどくさい生き物が、めんどくさい関係をもちつつ、啀(いが)み合ったり殺し合ったりしています。私たちは、同じ地球という星の上に暮らしながら、なんでこんなに理不尽で悲しいことばかりしているのでしょうか。
 日本という国に住んでいると、世界はどのくらい見えているのでしょうか。インターネットの時代です。世界の情報は、何でも手に入るさ。そうは言っても、所詮は、小さな島国に日本語だけで暮らしていて、日本人しか友だちのいないさびしい私たちが、ちまちましたナショナリズムをかざして、隣国を非難したり、遠いムスリム世界を誹謗したり、大きな資本主義国に媚びを売ったりしているに過ぎない、と思えてしまうのです。
 幸いなことに私たちは、極東の小さな島国で細々と、とりあえずは七〇年余、人殺しをしないでやってきましたが、世界にどれくらい向き合ってきたのでしょう。世界と向き合わないと、未熟なままに孤立した偏狭な人間になってしまうのではないかな、という不安感をもってしまう今日この頃なのです。
 世界のものすごく多くの部分を占めているイスラム教についていえば、実のところ、私たちはまったくわかっていません。東アジアの住人でありながら、アジアのこともよく理解しないまま、アメリカの言う「世界」がすべてであるかのようにしか世界を見ることのできないのが、今の日本人なのかもしれません。
梨木香歩 一九五九年生まれの小説家。女性。
師岡カリーマ・エルサムニー 一九七〇年生まれで、文筆家。日本人の母とエジプト人の父をもつ。女性。 本書は、この二人のすてきな女性が岩波書店のPR誌『図書』に交互に掲載した、いわば書簡集なのです。まずは、梨木香歩から師岡カリーマ・エルサムニーに宛てた「共感の水脈へ」と題した文章から始まります。
 文化の垣根、まずはここからです。梨木香歩は、外国暮らしの長い友人が最近「日本はすごい」っていう本がたくさん出ていることに違和感を感じているという話や、錦織圭選手がある異国の強豪選手に勝ったときに「やっぱり日本人はすばらしいんだ」と讃美するキャスターの叫びに怖ろしさを感じたことなどをさらさらと書きつつ、ナショナリズムに触れていきます。
 それに対して師岡カリーマ・エルサムニーは、エジプトから同じような歪みつつあるナショナリズムに触れます。そして、梨木の感じた「怖ろしさ」に同調しない立ち位置が語られます。なぜかって? カリーマはエジプト人でもあるからなのです。そう、このことはとても大事なことだと思います。日本人だと自分で言い切れる人は、どんどん偏狭な世界観の中にとじこもりつつあるのではないでしょうか。カリーマのように異文化と触れ合う中に生を受け、新しい文化を生み、歴史を作る人間が、この島国には必要なのでしょうね。
 こうやって二人は、二〇編の書簡を交わす形式で、ナショナリズム、異文化、宗教・・・・日本人が、いや、この星に生まれた人間がこの星の住民になるために必要なさまざまな事柄について、考えを交換していくのです。
 二人の書簡のやりとりに首を突っ込むみたいな感じで、戦争と平和とか、キリスト教とイスラム教、日本とアラブ、そういう問題を考えていく。そして、私たちが広い心で世界に向き合っていく、そんな本です。それからこのお二人、文章がとても美しい。書評を書くために読み返していたら、私の文章もだんだん磨かれてきたみたいです。
★★★★
 たまたま日本という小さな島国で、偏狭な世界観と歪んだナショナリズムに困り始めたと感じたら、この本を手に取ってみるといいでしょう。きっと、小難しい国際政治の理論や情勢分析よりも、ずっとクリアな世界が見えてくるでしょう。そして、他国や他民族を憎んだり、嫌悪したりすることの悲しさを、また、異文化を理解し合うことの素晴らしさについて考えてみませんか。

posted by ウィンズ at 23:48| 福岡 ☔| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください