2018年03月20日

文/そのだひさこ、絵/丸木俊(とし)、訳/Ian Neary『いのちの花』英語版 三〇〇〇円

 江戸時代の身分というのは、理不尽なものであった。近代になり、人権という言葉が生まれて、「それは人権侵害だ、差別だ」といって人は闘うことができるようになった。「人権」とか「差別」という拠り所となる言葉を持たない時代に生きていた人々にとって、身分制度はあまりに理不尽なものであった。
 ということで福岡の被差別部落に伝わる理不尽な一件。ムラを守るためにその理不尽さを引き受けた、寛政五人衆の伝承がある。この伝承を一人の女性がみんなの宝物にしようとして、物語を書き始めた。なんども推敲を重ね、言葉を磨いた。よけいな言葉は悲しみを風化させる。多すぎる言葉は怒りを磨耗させる。言葉を研ぐ。研ぎ澄まされた言葉は美しい。彼女の名は、そのだひさこ。当時は中学校の教員であったと聞いた。学生時代から被差別部落に入り、福岡の同和教育を牽引してきたひとだ。
 そのだには、心に決めた画家がいた。
 丸木俊(とし)(一九一二~二〇〇〇)という画家をご存じだろうか。そう、夫である位里(いり)とともに描いた『原爆の図』があまりに有名だが、絵本作家としても著名な人物だ。そのだは、偶然に手に取った石垣島空港反対の絵はがきによって、丸木俊の絵に魅せられたのだった。そのだが惚れ込んだのは、そこに描かれた「女」だったという。そのだの言葉に従えば、「その匂やかさ、切なさ」だ。
 丸木俊は、原爆や沖縄戦といった理不尽な人間の業を描いてきた。人間の業と理不尽なものに対する、怒りと悲しみを描くことのできる画家だ。そのだは、原爆展の講演のために博多の美術館に来ていた丸木俊に、突然声をかけた。それまでまったく面識はなかったという。
 絵本ができあがるまでの道は、平坦ではなかった。八年という時間が費やされたという。絵本ができあがった二〇〇一年には、丸木夫妻はすでに鬼籍に入っていた。こうして世に出たのが、本書『いのちの花』である。題字は、丸木俊の夫である位里がしたためた。なんとも贅沢な絵本である。
 物語は理不尽である。ある暴行沙汰の犯人がムラの人間にちがいないと決めつけた奉行所は、犯人を差し出せ、とムラに命じてきた。差し出さねばムラを焼き払う、というのである。そうして、五人の若者がムラを救うために名乗り出て処刑される、というストーリーである。
 丸木俊の絵はすばらしい。そのだひさこの訥々(とつとつ)とした語りに込められた悲しさ、切なさ、そして怒りを、丸木俊の絵は謳いあげていた。そのだひさこのことばと丸木俊の絵が見事な相乗効果をなし、心が震えてくるのを止めることはできない。描かれた絶望、悲しさ、理不尽さは、後の世には差別への怒りとなってあらわれる。たとえば、「博多毎日新聞差別記事事件」となって再現するのだが、ここでは部落解放史の講釈をするつもりはない。そちらは、『リベラシオン』一六五号の「博多毎日新聞差別記事事件から一〇〇年」を読んでもらいたい。
 で、だ。それから十六年。絵本は今回、そのだひさこ自身の手で新たに増刷され、さらになんと英語版が刊行されたのである。
 英訳をしたのは、イアン・ニアリー(Ian Neary)。オックスフォード大学教授で、『部落問題と近現代日本~松本治一郎の生涯』(明石書店/二〇一六)の著作がある。九州大学に留学していたことがあり、そのだひさこをはじめ、福岡の部落問題研究者との交流も深い人物である。
 イアン・ニアリーは、福岡の部落史の事情に通暁(つうぎょう)した研究者である。もちろん、この伝承についても熟知しているわけだが、英語の詩としても美しい。文学的な才能もあり、もし教材として活用されるのならば、英語の教材としても、人権教育の教材としても、すばらしい教材となるだろう。カリキュラム・マネジメント、教科等横断的教育課程の編成が求められているらしいから、これはいいと思う。
★★★★
 丸木俊の絵画は、新たに見ることは出来ない。おそらくは、二〇〇一年に絵本になったこの作品が事実上の絶筆だったのだろう(※絶筆は1999「洋梨」とあるが、推測だからママでいいのかとも※)。そのだひさこさんに頼めば、なんと〈原画〉の展示会もできると聞いた。地域や学校での展示会もお薦めだ。原画は感動するよ。
 そうそう、日本語版、英語版のほかに、オカリナの名手 山口裕之さんの演奏とコラボしたCDもあるんだなあ。これもいいですねぇ。ということで、詳しくはそのだひさこさんか、福岡県人権研究所へ問い合わせてください。
 ちなみに、英語版は三〇〇〇円、日本語版は三五〇〇円。CDは英語版とセットで三五〇〇円、日本語版とセットだと七〇〇〇円だそうです。

 そのだひさこ 電 話 090-1871-9994
FAX 092-672-1598
メール hisako.8.1@jcom.home.ne.jp
 公益社団法人 福岡県人権研究所
電 話 092-645-0388
FAX 092-645-0387
メール info@f-jinken.com








posted by ウィンズ at 21:42| 福岡 ☔| Comment(0) | 文学・文芸・コミック | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください