2017年12月18日

平岡禎之『うちの火星人』光文社 一五〇〇円+税

 この本の凄さは、火星人との交流の方法をていねいに事例に即して解説したところにある。かつて火星人は、姿を隠して地球のあちこちに潜伏し、しばしばその能力をいかんなく発揮して地球のために多大な貢献をし、時に地球人の迫害に遭って密かに涙したこともある。この地球が火星人にとって住みにくくなってきたせいか、はたまた火星人がその特性を地球人に見破られはじめたせいかはわからないが、このところ火星人が理不尽な扱いを受けるようになった気がする。
 地球人である著者は、沖縄在住のごくふつうの―といえば失礼か―多くの賞を取った名のあるコピーライターであり、作家でもある。そして本書は、副題にも書いてあるように、彼の家に同居する火星人たちを地球人の理不尽な迫害から守るための“取扱説明書”なのだそうな。
 もちろん平岡さんは、これまで自宅に火星人を匿(かくま)っていたわけではない。ある時まで、ちょっと変わった個性的な人たちだと思っていたと言う。平岡さんの家は、夫婦と二男二女の六人家族。多少扱いにくいところのある子どもたちだな、と思いつつ暮らしてきたのだが、末っ子の次男が中学生の時に学校から呼び出され、もはや学校では手に負えないと通告されたことで事態が発覚したのである。
 そして、調べはじめたところ、子どもたちはみな発達障がいであることが判明したのである。あまつさえ、長年連れ添った妻までが発達障がいだったのだ。苦闘はそこから始まるのだろうが、平岡さんたちの克服法は、平岡さんを除く発達障がいの家族たちが自ら地球人とはちがう感覚を持つ〈火星人〉と自称することにしたことだった。
 火星人は地球人と感覚が違うのだと考えれば、要は異文化理解として、異星人理解として日々の行動を解釈し、つきあっていくことができるというのだ。平岡さんは、この〈火星人〉の家族をマンガに描いてみた。平岡さんはその際に、地球人の姿形をして潜伏していた火星人である家族を、それぞれの特性をあらわした動物のキャラクターにしてしまったのである。
 妻はワッシーナ(50)、長女ニャーイ(30)、長男ウルフー(23)、次女リスミー(21)、次男ウッシーヤ(17)といった具合にだ。次男は高校生だが、妻は幼稚園職員、長女は翻訳・通訳、長男は広告代理店勤務、次女は国際線CAと、それぞれ職業生活も送っている。そして、うちの火星人たちは外出時、敏感な感性ゆえに受けるストレスから身を守るために、透明なヘルメットを着用して登場する。 
 このようなキャラクターデザインに発達障がいという存在のしかたが描かれているのだという。そして実に個性的な感覚の特性を持っている家族の一人ひとりについて、マンガと文章で取扱説明書が綴られているのだ。地球人と異なる感覚も、ヘルメット越しにその感覚の特性を取扱説明書に従って把握すれば、お互いにストレスも少なくなるであろうし、理解も深まるし、なにより火星人たちが安心して地球で暮らしていけるというものだ。
 そして、長女ニャーイは結婚することになった。で、平岡さんは新郎新婦にニャーイの『火星人解説書』を手渡したという。
 実は、本書には副題として「5人全員発達障がいの家族を守るための“取扱説明書”」と書いてある。発達障がいの人間は、地球人のように扱われればそれは迫害のようになってしまい、とても生きにくい。だから、発達障がいの家族を守るには、このような取扱説明書が待ち望まれていたのだろう。頁を繰るたびに、眼から鱗がバンバン剥がれ落ちていく。つまり、火星人理解という新しい人間理解によって、人間観、世界観が広がっていくのだ。

☆☆☆☆ 発達障がいに限らず、人間理解のための“取扱説明書”は必要なのだろう。自分だけがふつうの地球人だとは思わないことだ。人間理解の苦手なあなたに是非一冊。ただし、この取扱説明書、ついてくるのではない。本屋で買っておくれ。
posted by ウィンズ at 10:56| 福岡 ☁| Comment(0) | 人権問題 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください