2017年12月18日

吉野源三郎原作 羽賀翔一漫画『漫画 君たちはどう生きるか』マガジンハウス 一三〇〇円+税

 吉野源三郎の『君たちはどう生きるか』は岩波文庫(九七〇円+税)の一冊であり、一度は手に取ったことのある人もいるのではないだろうか。まあ、岩波文庫なので遠慮していた人もいるだろうし、岩波文庫の威圧感で読み切ることのできなかった人もいるかもしれない。
 なんと、その名著が漫画になったのだ。
 吉野源三郎(一八九九~一九八一)は編集者であり、雑誌『世界』の初代編集長として知られる人物である。本書の原作を書いたのは一九三七年、昭和十二年のことであるから、ちょうど八〇年前のことになる。最初は自身が編集にかかわった『日本少国民文庫』全十六巻中の一冊として、新潮社から刊行されたものだという。
 もとより、少年向けなので平易な文章なのだが、それでも岩波文庫本だと、そこそこに厚いし、字も小さい。読むには体力と気力が要りそうである。内容も旧制中学の生徒が主役であるから、ちょっとかまえてしまいそうだった。なにしろ、子どもたちのほとんどが高等小学校に進む時代に中学校に行くというのはよほどの勉強家か恵まれた人間であったはずだ。そして、その頃の中学生はずいぶんと大人だったのではないか、というのはわたくしめの勝手な思い込みであったが、漫画の中に出てくる中学生は今の中学生と変わらないかわいい少年だ。
 羽賀翔一の絵は、やさしいタッチで昭和の青春を上手に描いている。原作が書かれた一九三七年は、日中戦争が始まり、南京事件のあった年だ。世間がどんどんきな臭くなっている時代なのだが、少年の悩みは学校と友人関係の中にある。叔父さんは、その少年コペルくんが悩みを「自分で考える」なかで、社会問題とも関連づけながら導いていく。この展開は、羽賀の漫画の力による。そして、考えるべき問題が抽出されていくのは漫画の力だろう。
 漫画によって問題が提示されてゆき、叔父さんの意見になるとそれは原作通りに〈文章〉で書かれている。漫画で状況が展開されているせいで、叔父さんの意見が文章で長々と記述されていても、意外にスムーズに頭に入ってくる。もちろん、叔父さんのご意見はそれなりに小難しくはあるんだが、これならば中学生でも読めるだろう。
 コペル君が向き合わなくてはならないのはけっこう現代の中学生がぶつかっている悩みと変わらないと思う。基本的には友だちとの関係だ。
 例えば、学校の中でのいじめ。いじめは最近増えた問題ではなく、この頃もあたりまえにあったことだ。その中で中学生が悩むのも、現在と同じである。現在のようにいじめが深刻な社会問題ではなかった時代なのだが、そこにかかわる生徒たちそれぞれの立ち位置と役割は変わらない。そして、コペル君はいじめの傍観者として、まずは悩みを抱えることになる。さらに貧困の問題であるとか、仲間への裏切り、まさに青春ならではの精神的な課題をコペル君は抱え込み、時には引きこもってもしまうのだ。そのあたりの叙述も、羽賀の漫画の力がいい説得力を与えている。
 昔、中学生だった読者諸氏も、今、中学生とかかわっている読者諸氏も、そして活字離れになっている老青年諸氏も、漫画ならいけるから目を通してほしい。
 

☆☆☆☆ 漫画って力があるんだと、つくづく知らされた。漫画しか読まないアソウ君にはぜひとも読ませたい。きっと、人権軽視の暴言を吐かなくなるだろうから。悪いことをしても逃げ切ろうとしているアベ君にも読ませたい。人間として、してはいけないことに気づいてくれないかなあ。
posted by ウィンズ at 10:54| 福岡 ☁| Comment(0) | 教育及び教育問題 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください