2017年09月06日

高橋史朗監修 明生社編『物語で伝える教育勅語―親子で学ぶ12の大切なこと』明生社 1,200円+税



 森友学園問題で一躍浮上した教育勅語。いまだに
「教育勅語にはいいことが書いてある」
と言う人がけっこういる。一方で、教育勅語の教育現場での使用については「憲法や教育基本法等に反しないような形で教材として用いることまでは否定されることではない」という閣議決定をしたそうな。これに対して「日本教育学会(会長=広田照幸・日本大教授)など17学会の会長や代表理事が16日、声明を発表した。政府に対し、「問題点を批判的に考えるための歴史的資料として用いる場合を除き、使用禁止を改めて確認する」ことを求めた。」(朝日新聞 二〇一七・六・一七)というような反発する動きを示している。
 「教育勅語にはいいことが書いてある」などと申したおえらいさんもいっぱいいる。たとえば、稲田防衛大臣は野党の質問に対して「教育勅語の精神である日本が道義国家を目指すべきであること、そして親孝行だとか友達を大切にするとか、そういう核の部分は今も大切なものとして維持をしているところだ」と述べたのだそうだ。ところで稲田大臣の答弁にある「道議国家」なるものは教育勅語には一言も出てこない。
 おかしいな、思ったのでちょいと調べてみると稲田大臣は国民道徳協会とやらいう怪しげな団体の現代語訳を読んでいたふしがある。その団体が何者であるかはよくわからないのだが、教育勅語冒頭の「朕惟フニ我カ皇祖皇宗國ヲ肇ムルコト宏遠ニ德ヲ樹ツルコト深厚ナリ」というくだりを「私は,私達の祖先が,遠い昔遠大な理想のもとに,道義国家の実をめざして,日本の国をおはじめになり,」と訳しているからだ。本文がいくら難解に見えたとしても「道義国家」なる言葉のかけらもそこにはない。また、「朕」というのは天皇しか使えない一人称であり、単に「私」とか「私達」と訳してはいけないのだ。それは天皇を崇拝している人たちからすればとんでもない不敬な表現になる。まして「私達」とは誰ですか。
「国民でぇす、国民は天皇と一緒にこの国を作りました」
なんて言ったらそれこそ天皇を冒涜するも甚だしいというところである。
 そこは「天皇である私が思うに私の祖先が・・・」としなくてはならない。それは神武天皇以来の天皇家の歴史のことになるだろうからである。井上哲次郎の『釋明 教育勅語衍義』の解釈に杉浦重剛の『倫理御進講草案』の説明を斟酌して読み解くならば、「神武天皇の即位をもって国の紀元とする。以後二千五百五十余年の長い間続いてきた。そして天皇家の威信はますますさかんになっている。こういうことは世界に類例がない。これは我が国が何と言おうと世界での中で秀でている理由だ。これも天皇家の御先祖が深く厚く人民に徳を植え付けてきたからだ」ということになる。このように正しく読むことで
〈日本だけがすばらしい国〉
という独善的な国家観が成り立つ。それを井上哲次郎は「我邦ノ超然萬国ノ間ニ秀ヅル所以」(日本だけが特別どの国よりも秀でているわけ)と解釈したのだ。それは「道義国家」なんちゅうものではない。「道義国家」と訳したのでは天皇の意思に反する不敬的な国家観になってしまうのだ。
 ならば、だ。
〈教育勅語にはいいことが書いてある。〉
と言う人がその〈いいこと〉を生き方として学ぶには具体的な例を示すのがわかりやすいだろうし、そういうテキストがあれば便利と思うだろう。それで探してみたら『物語で伝える教育勅語』というそのものズバリの本が見つかった。
 で、「本書は、教育勅語の十二の徳を現した人物や歴史を通して教育勅語に説かれた精神をより具体的に理解できるように編集されました」(まえがき)と編集の趣旨が書いてあるので、胸をわくわくさせて頁を繰ってみた。
まずは「父母に孝に」である。題材はあの有名な二宮金次郎の話だ。金治郎は貧しい家に生まれ育ったのだが、親戚に預けた弟を取り戻し、父母亡き後は叔父の家に世話になり、よく働き、よく学んだので、成功して家の資産を取り戻し、さらには村の立て直しに貢献したという話が描かれている。そして最後は
「両親に孝行を尽くす」とは、両親に恩返しするだけではなく、自分の身体を大切にし、自分自身を大好きになることでもあると金次郎は言っているのです。
と結んでいる。
 あれ?おかしい。
 井上哲次郎は「天皇と臣民の関係は父母と子や孫との関係と似ている。」そして「天皇陛下はすべての国民に対して〈汝臣民〉と呼びかけたのだから、臣民たるもの子や孫が父母に対する心をもって謹聴感佩(謹んで聞き、ありがたいと感じて感謝する)しなくてはならない」と解説している。「自分自身を大好きになること」ではない。「天皇を親のように慕うこと」が「父母に孝に」の意味なのである。
 なのにそのようなことは一言も出てこない。これでは教育勅語を理解したことにはならないのではないか。
 「兄弟に友に」も「夫婦相和し」も「一家ハ細胞ノ有機体ニ於ケルガ如ク、実ニ一国ノ本ニシテ、家々和睦スルトキハ、一国モ亦安寧ナルヲ得(一家は有機体の細胞のようなもので、国家の基本になる。それぞれの家がうまくいっているときに国家も安泰なのだ)」という井上哲次郎の解説に見られるように、これらは家庭や家族の内に閉じる問題ではなく、天皇との関係、国家とのつながりで説明しなくてはならないのだが、そうしたことは紹介される物語には出てこない。
 最後の徳目「一旦緩急あれば義勇公に奉じ」だけは「もし一たび国家に一大事が起こったならば、正しい勇気をもって、お国のために真心をつくしましょう」と但書が着いているので、国家との関係に言及しているかと思えば、なんと元寇の話。しかも、「みんな心を一つにあわせ、国を守ろうとまとまったため、みごと敵軍を追い払うことができたのでした」と結んでいる。思わず、
「守れなかった戦争のことは書かんのかい!」
と叫んでしまった。
 せっかく期待して読んだのだが、天皇に対する敬愛も、国家に対する忠誠も育まれそうにないスカスカの物語集になっている。これでは教育勅語について何ら学ぶことはないだろう。あの国民道徳協会とやらの不謹慎な現代語訳と同様に教育勅語の趣旨をねじ曲げたものになっている。これではまっとうな臣民は育てられないだろう。

☆☆
 なので、このような天皇不在の教育勅語物語は民主主義の倫理を伝えるにはいいかもしれないが、それならわざわざ教育勅語を持ち出す必要はない。読んでも大して毒はないが、あの防衛大臣やなんたら学園の理事長や名誉園長だのといった誤読した人たちによって天皇や国家をないがしろにした歪んだ教育勅語観が広められるのは許しがたい。本書もその片棒を担ぐようなものだな。ふふふ
posted by ウィンズ at 19:21| 福岡 ☁| Comment(0) | 歴史教育 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください