2017年05月10日

『低きに立つ神』(大蔵一郎解説)コイノニア社 二二〇〇円+税

『低きに立つ神』(大蔵一郎解説)コイノニア社 二二〇〇円+税

 「ルカによる福音書」の中に「善いサマリア人」の話が載っている。
 こういう話だ。
 一人の律法の専門家という人物がイエスに質問をした。
「『隣人を自分のように愛しなさい』と律法には書いてあるが、わたしの隣人とは誰ですか。」と。
 それに応えてイエスは一つのたとえ話をはじめた。
「ある人が追いはぎに襲われて、身ぐるみを剥がされ、半殺しにして立ち去ったのだな。そこを神に仕える祭司やらレビ人やらが通りかかったんだが、その人を見ると二人とも通り過ぎてしまった。しかし、一人のサマリア人が彼を介抱し、宿屋に連れて行き、宿代まで支払ったんだと。」
 イエスはここまで語ると、律法の専門家に問うた。
「さて、あなたはこの三人の中で、誰が追いはぎに襲われた人の隣人になったと思うかな。」
 律法の専門家は答える。
「その人を助けた人です。」
 そこでイエスは言った。
「行って、あなたも同じようにしなさい。」

 これは聖書の中では非常に有名な話なのだ。よく「汝の隣人を愛せよ」というフレーズが使われるが、出所はここだ。問題は誰が「汝の隣人」かということである。それは思いつきで慈善を行うことではない。先日、この本の著者の一人である犬養光博氏のお話を聞いたが、彼はカメラマンの岡村昭彦がよく使っていた「同情は連帯を拒否した時に生まれる」という言葉から「汝の隣人」を説明してくれた。同情ではなく連帯なのだと。そしてこのサマリア人にとって追いはぎにあった人が隣人なのではなくて追いはぎにあった人の隣人がサマリア人なのだと。
 つまりは「わたしの隣人は誰か」という連帯を拒否した問いではなく、「わたしは誰の隣人となるのか」と問うべきなのだ、と。
 本書は六人のキリスト者が日本社会の辺境と向き合い、辺境の民と連帯して生きてきた歴史を書き綴ったものである。その辺境には同和教育や、解放運動が露わにしてきた「差別の現実」が横たわっている。辺境という言葉が適切かどうかはわからない。しかし、そこがキリスト者にとって隣人となることができる境界であり、敢えて辺境という言葉で本書を紹介したい。
 本書はまず伊藤之雄の「問いかける神」という章から始まる。伊藤は教会のもつ知的・プチブル的な教養主義に疑問を懐き、「裸の人間とふれ、自分も裸の人間になり、生きたキリストを信じるには、この家族と階級のなかにいてはだめだ」と思い、山谷に入って労働者となるところから「隣人」をはじめたのだ。伊藤は山谷に隅田川伝道所を開いて活動をはじめた翌年の一九六七年にこの文章を書いた。そして伊藤は本書が編纂されるずっと前の一九八〇年に亡くなっている。だから本章は「山谷1967」という位置を与えられている。
 この伊藤の文章に倣い、五人のキリスト者が己と己のかかわってきた辺境について語るという構成になっている。
 その五人とは岡田仁「苦界に座す神」(水俣)、犬養光博「おらぶ神、黙す神」(筑豊)、菊池譲「痛む神」(山谷)、小柳伸顕「共なる神」(釜ヶ崎)、渡辺英俊「地べたに在す神」(寿町)である。それぞれが伊藤の遺産を引き継ぐかのようにそれぞれの辺境とそれぞれの生きてきた道を語る。一つ一つの「隣人」としての歴史は重たい。それを要約することはおそらくは何の意味もあるまい。重要なことは彼らはみな伊藤が直面した教養主義的なキリスト教に対する批判のまなざしを受け止めることになった者たちだということだ。
 それぞれの章の名に記された神の名はそれぞれの辺境に住む個性豊かな神たちである。一神教であるキリスト教に「神たち」もないものだが、まぎれもなく辺境の人たちの「隣人」となろうとしたキリスト者たちはそこに神の言葉を見出したのである。
 水俣、筑豊、山谷、釜ヶ崎、寿町。これらの辺境でキリスト者は磨かれ、キリスト教は救いを必要とする人間のものとして再生されることになったのだと思う。キリスト教徒であるならばおのれ自身のキリスト教を問い直すには格好の本だろう。他の宗教を以て信仰とする者も同様であろう。いや神を必要としない唯物論者であれ、ヒューマニストであれ、何らかの信条を以て生きる者は本書を通しておのれの信条と生き方を問い直してみることができるだろう。なぜならば、この国には追いはぎに襲われた人、つまり社会の矛盾の中で呻吟する人間がいて、一方で「知的・プチブル的な教養主義的」な自分がいることを知らされるからであり、その自分自身が試されることになるからだ。おまえはその人たちの隣人たり得るのかと。
 おっ、ちょっと熱くなってしまったか。
 まあ、いい。たまにはおのれの生き方を深く掘り下げてみよう。私たちは日々それぞれの職場で働きつつ生きている。何もここに登場したキリスト者たちのようにわざわざ辺境の地に赴く必要はない。しかし、私たちの仕事は日々子どもたちと出会い、つながりを持って行くことではないか。差別と被差別の現実はそこにあるのだ。そして、あなたのかかわりが被差別者への同情なのか連帯なのか。果たして自分は子どもたちの「隣人」として存在しているのか。人権・同和教育にかかわるあなた自身に問いかける一冊だ。



☆☆☆☆☆ 福岡の教師なら、まずは犬養光博の「おらぶ神、黙す神」を読んでみようか。さて、何を見つけられるか。
posted by ウィンズ at 15:35| 福岡 ☁| Comment(0) | 人権問題 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください