2017年05月10日

原田実『江戸しぐさの正体―教育をむしばむ偽りの伝統』星海社新書 八二〇円+税



 道徳が教科化されるっていうし、『心のノート』はそのための教科書の準備みたいなかたちで『私たちの道徳』というガッツリした本となって手元にあるはずだ。その文部科学省著作の『私たちの道徳 小学校五・六年』を開いてみよう。その58頁に「江戸しぐさに学ぼう」という教材が載っている。
〈江戸しぐさ〉
 聞いたことあるだろうか。当然、聞いたことのある人は知っているし、聞いたことのない人は知らないだろう。だけど着実にあちこちで企業の研修なんかでもてはやされているらしい。
 『私たちの道徳』ではまず、「三百年もの長い間、平和が続いた江戸時代に、江戸しぐさは生まれました。江戸しぐさには、人々がたがいに気持ちよく暮らしていくための知恵がこめられています。」と紹介されている。なんとなくひかれるではないか。そして「かた引き」、「こぶしうかせ」、「かさかしげ」、「おつとめしぐさ」という四つの〈江戸しぐさ〉が枠囲みで紹介されている。どういうことかというと、たとえば「かた引き」というのはせまい道で人とすれちがうときに互いに右の肩を後ろに引いて相手にぶつからないようにすることであり、「こぶしうかせ」というのは複数の人が一緒にすわるとき、一人でも多くすわれるようにみんなが少しずつ腰を上げて場所を作ること、なのだそうだ。
 大都市であった江戸でお互い仲良く暮らしていくためのちょっとした心遣いなのだそうだが、どこかで聞いたことのあるような表現だなと思ったのですな。
 そう言えばわが愛読書の池波正太郎の『鬼平犯科帳』(文春文庫 全二十四巻 時価)に似たようなのが出てくる。「お勤め」、「急ぎ働き」、「嘗め役」、「引き込み」、「盗人宿」といった用語だ。これらを『江戸時代語辞典』(角川学芸出版 二二、〇〇〇円+税)で引いても全く出てこない。主人公の鬼平こと火附盗賊改長谷川平蔵は実在の人物であるが、小説はもちろん池波正太郎の創作であり、ここに出てくるもっともらしい用語はすべて池波正太郎が小説にリアリティを持たせて作った造語であるからだ。
 ほら、なんとなくひびきが似ているだろう。「江戸しぐさ」もまた学術的著作のどこにも出てこない。ふつうこの段階で怪しいと気づいてもよさそうなものだが、この表現のもっともらしさが落とし穴なのだ。そういえば、この池波鬼平用語を実際に江戸時代に使われていた言葉だと信じ込んでいたのが友人にいる。笑ってしまうが、そこに池波正太郎の凄さを見てしまう。
 〈江戸しぐさ〉も似たような江戸っぽい表現なのだが、鬼平が小説として書かれ、時代劇として上映されていたのとは異なり、こちらは事実として語り、広められていることだ。それで、研修などという名目で一儲けしているのだろう。もとい江戸商人の行動哲学だという触れ込みだから、企業なんかじゃニーズがあるんだろう。
 ところで、だ。私たちはいろんなガセネタにだまされたことがある。霊感商法、血液型と性格、体型と民族の優秀性、野菜スープで癌が治るなど、どこかで聞いたことがあるだろう。まことしやかに人の心の隙間に入ってくるこうした嘘も罪のないものならば問題はない。有名な血液型と性格についても、それで楽しんでいるうちはいいが、ブラッドタイプハラスメントのようなものになってしまえば、問題だろう。例えば、「AB型の性格は嫌いなのでつきあわない」などというふうに使われれば、血液型と性格というガセネタは放っておけるものではなくなる。つまり、笑ってすませられる話と笑えない話とがあると言うことだ。
 で、この〈江戸しぐさ〉だが、江戸時代の史料や文献など、どこを探してもそういう言葉は出てこない。不思議だろう。で、著者の原田氏はそこを徹底的に調べ上げてこれが〈偽史〉だと断定する。〈偽史〉であるということは何らかの作為があって歴史が捏造されたということだ。それは池波正太郎が長谷川平蔵という実在の人物をおもしろおかしく脚色して小説にしたのとはわけがちがう。『鬼平犯科帳』を読んで、「これは嘘だ!」と怒る人はいない。池波正太郎も「これは史実だ」とは書いていないし、あくまでエンターテイメントとして書いた小説だ。しかし、〈江戸しぐさ〉は・・・・
 〈江戸しぐさ〉は芝三光という人物によってつくられた偽史であると本書は解明している。偽史であるということは霊感商法のように特定の価値観に人を騙して導く、それは知的犯罪だと言っていい。その特定の価値観とは、本書によれば芝氏の育った昭和戦前期の生活感に基づいたもののようだ。ということは教科化を迎えようとしている道徳はそのような価値観を子どもたちに刷り込もうと考えているように思われる。
 実際、〈江戸しぐさ〉は『私たちの道徳』だけではなく、何種類もの道徳の副読本に載り、なんと検定済みの『中学社会 新しいみんなの公民』(育鵬社)という教科書にまで載っているのだ。しかもこの教科書は採択をめぐって大騒ぎになったことで記憶に新しい。そして、子どもたちの道徳をむしばんでいくことになる。この背景には「自民党=安倍晋三ラインの支援を受ける形で教育現場に広まっている」という動きがあることも本書は指摘しているのは興味深い。
 偽史に対して正史という歴史がある。これは正しい歴史という意味ではない。正史とは「国家が編纂した正式の歴史書」(『広辞苑』)である。つまりは国家を正当化する歴史であって、戦前の正史というのはもちろん皇国史観に基づいた歴史観である。それがどういうものであったかおわかりであろう。そのためには〈江戸しぐさ〉が偽史であることを見破るわざを本書から学ぼうではないか。


☆☆☆☆ まあ、文科省や育鵬社が勇み足をしちゃったけれど、検定はそれを認めてしまったことは恐ろしいことだ。監視の目をゆるめないことだな。
 
posted by ウィンズ at 15:15| 福岡 ☁| Comment(0) | 歴史 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください