2017年05月10日

中川聰監修・日経デザイン編『ユニバーサルデザインの教科書 増補改訂版』日経BP社 三〇〇〇円+税



 バリアフリーという言葉は知っているだろう。障害の壁(バリア)をなくしていこうという考え方だ。ちょっと前だが、うちの爺さんが脳梗塞で左半身が麻痺してしまった。それまで元気にバリバリ働いていた人だったのでよほどショックだったのだろう。
「もう俺もおしまいだ。一人前には働けねぇ」とぼやいていた。それまでは障害のある人などにはけっこう無神経な発言なんかもしていた爺さんだったが、自分が障害者になってしまったもので、落ち込んでしまったんだな。
 ところが、それから数ヶ月して訪ねてみたらすっかり元気を回復していた。
「おう、これからはな、バリアフリーだぜ」
 どうやら家の大改修をしたというのだ。なるほど玄関先には手すりが設置されていた。タクシーを降りたところからそれにすがれば家にたどり着けるというわけだ。玄関前の階段もなくなってスロープになっていた。家に入るとその手すりは至る所に設置されている。部屋と部屋の境目にあった小さなでこぼこもなくなって家中の床が真っ平らになっていた。
「茶でも淹れよう」
「あ、僕がやるよ」
「けっ、茶くらい淹れられるよ」
 爺さんは卓上のポットから急須に湯を注いだ。
「こいつは便利だぜ」
 その急須は初めて見るもので把(は)(取っ手の部分)がやたらと大きい。
「こいつは持ちやすくてね、わしは右利きだから脳梗塞の後遺症で左がダメになってもなんとかできるんだが、それでも片方が動かないというのはバランスが悪いもんだ。その点こいつは安心して持てるというものよ」
 思わず関心して爺さんの手先を見ていた。注がれる先の湯飲みもドデンと重心が低いカップだった。そしてやはりハンドル(持つところ)が大きく指が四本は入りそうな形状である。
「隣の婆さんはなその右手を捻挫してだな、えらい難儀しておった。で、な。こいつを教えてやったら、それはそれは大喜びでよ、ほら、これがその礼にもろうた糠漬けじゃ。茶請けによかろう。」
「年寄りに便利な時代になったんかいね」
と適当に相づちを打ったら、ムッとした声が返ってきた。
「なんや、知らんのか。ユニバーサルデザインというてな、年寄りや障害者だけのものじゃないとよ。誰でも公平に使えるという原則がある」
「へぇぇ」
「世の中にはいろんな人がいるからな。たとえばおまえさんは外国に行ったことがあるだろう?」
「ああ、もちろん」
「外国でトイレを探すときはどうしてるね?」
「・・・・」
「字のわからない国の場合なんかどうね、タイとか、ラオスとか」
「ああ、あれは困るな。台湾で往生した」
「台湾は問題なかろう、漢字圏だし」
「いや、その漢字が読めなかったのさ、何やら難しい漢字でね」
「おお、舊字軆というやつだな。それで臺灣とでも書いてあったんだろう」
「そうだよ」
「あああ、情けねぇ。そんな程度の字も読めないのかいい年をしてよ、まあいい、そういうときにはどうすんだ?」
「こういうマークを探すよ」





「それさ、字が読めなくてもそれでわかる。そのマークがあれば非識字者ばかりでなく外国人や子どもにもわかりやすい。わしは足にマヒが来たもんだから階段がダメになってな、最近はエレベーターばっかり使うとる。だけど、疲れたときはおまえさんも使うだろう」
「ああ、そうだね」
「それにだ。階を示すボタンね。近頃は低いところにもボタンがついているだろう?」
「車椅子用のだね」
「いやちがう。荷物を両手に持っているときなんか手が挙がらないからあのボタンを使うんじゃないのか」
「そういえばそうだ」
「つまり、誰でも便利ということなのだよ。それがユニバーサルデザインというものなのだ」
「へぇぇ、そうなんだ」
「これからの世の中はよ、何でもユニバーサルデザインで作られることになるだろうよ。パソコンだってキーボードが苦手な人でもタッチパネルでいけるだろう。〈障害のある人が使えるために〉ではなく〈誰でも平等に使えるために〉という発想の転換をしなくちゃいかんのだな」
「そういえば僕の学校も障害を持った子をどうするかとか、外国人の子どもにどう対応するかという議論をしてたけど,発想の転換をする必要があるね」
「そうよ、それにはきちんとしたやり方がある。こいつをやるから基礎から勉強するんだな」
 爺さんは真四角でちょいと重たい本を本棚から出すと僕にほうった。
『ユニバーサルデザインの教科書 増補改訂版』というタイトルの本だった。ぱらぱらとめくると資料編、基礎編、実践編、応用編からなっていて、端に色がついているからすぐにそこを開ける。まずは冒頭の資料編を見る。一覧表が載っていた。PPP(Product Performance Program)とある。どうやらユニバーサルデザインのガイドラインらしい。これを見ると爺さん言いたかったことがよくわかる。
「ちょいと勉強させてもらうわ、ありがとう」
 そう言って僕はそそくさと席を立つことにした。学校をUD化しようという野望を抱えて。


☆☆☆☆ 何しろ教科書と銘打ってあるだけにユニバーサルデザインの技法が丁寧に描かれている。これからはUDだ。
 
posted by ウィンズ at 15:10| 福岡 ☁| Comment(0) | 人権問題 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください