2011年10月21日

三山喬『ホームレス歌人のいた冬』東海大学出版会 一八〇〇円+税

 二〇〇八年の暮れの月曜日のことだった。朝日新聞の短歌投稿欄である朝日歌壇を愛読している僕はいつもの「えっ?」という声をあげた。朝日歌壇を見るときいつも敬愛している永田和宏氏の選から見ている。そこに選ばれた一首に僕の目は釘付けになった。

(柔らかい時計)を持ちて炊き出しのカレーの列に二時間並ぶ

 この歌に詠まれた光景の異様さに僕は息を呑んだ。炊き出しのカレーならものに並ぶという世界はどこにあるというのだ。そして投稿者の名を見て再び驚いた。そこには「(ホームレス)公田耕一」とあったからだ。ふつう( )の中には居住する都道府県名が書かれている。なのにそこには「ホームレス」という朝日歌壇には見慣れない文字か書き込まれていたからだ。これはホームレスを自称する人物が炊き出しに並んだ体験を読んだものであろう。
 ホームレスが短歌を投稿してなにが悪い、と言えばそれまでだが、僕の頭の中にはなにがしかのホームレスに対する偏見があったのかもしれない。それが一気に崩れ落ちた。(柔らかい時計)は明らかにあのダリの名作を引っ張ってきている。シュールレアリスムの思想の一端を少なくともホームレス公田耕一氏は血肉化している。それだけで公田氏の教養の深さに驚きを禁じ得なかった。思わず、家人に声をかけたが、まだ寝室で眠りをむさぼっている彼女にその声は届かなかった。歌壇欄を見わたすと、他の選者もこの公田氏の作品を選んでいる。なのでこの作品の上には☆が付いているのだ。
 そしてこの冬、毎回のように朝日歌壇には(ホームレス)公田耕一の作品が採られていた。いささか短歌や俳句を嗜む僕は月曜の朝の新聞を開くのが楽しみになった。そしてその期待に違わず公田耕一氏は投稿を続け、知る人の中ではその存在はけっこう話題になっていた。選者の永田和宏氏もかなり注目していたし、朝日新聞でも公田耕一が何者かを探し始めていた。決して名乗りを上げるわけではなく、どこに住んでいるのかもわからない謎の歌人であった。しかし、いつだったけか、「しばらく見ていないな」と思っていたが、そのまま作品が掲載されなくなり、消えてしまったのである。そして僕もその存在を気にしなくなっていた。つまり、公田耕一は世間から忘れられつつあったのである。
「あの冬、そんな投稿があったよね」という記憶だけを残して。
 そうしたら、この謎の歌人を追いかけていた人がいた。そして公田耕一を捜し求めてあちこちを動き回ったのである。そうしてその調査結果をまとめたのが本書である。
 だから、謎のホームレス歌人公田耕一を見つけ出すサスペンスとしてもこの本はおもしろいし、取材の過程でいろいろな人と出会っていくところはホームレスにまつわる人間ドラマを見ているようでいくつもの驚きがある。三山は短歌を作る教養人を手がかりにしていく。そうした人物はけっこういるもので、ちょっとした人生のずれが運命を分かつものである。中にはいまをときめく(この原稿を書いている現在もだし、これが読者諸姉諸兄の眼に触れる頃にもたぶんときめいているだろう)菅直人(その頃、首相であるかどうかはわからないけど)氏のかつての親友であり、同じ夢を描いた同志という人物もホームレスとして著者三山と出会っている。
 読んでいくと、この国の社会矛盾というのがどんどん露わになってくるのである。そしてそうした社会の裏面で人間の尊厳のために闘っている人々も描かれていく。例えば横浜寿町で識字教室を続けていた大沢敏郎。公田耕一のデビューは大沢の死の直後らしい。
 また本書の中には、似たような人物のことが出てくる。同じ朝日歌壇の常連で、アメリカで終身刑として刑務所から短歌を投稿してくる郷隼人。彼の作品は『LONESOME隼人』(幻冬舎 一五〇〇円+税)としてまとめられている(調べてみたらこの歌集についてはすでにこのコーナーで書評されていた)。また、ホームレス俳人大石太。大石の句集『ホームレス天叫』(創造書房 一二三九円+税)の表紙には

溺れるをなお突き落す天の川

 とある。パラパラとめくるとホームレス生活の中から詠まれた俳句が並んでいる。冒頭の三句。

配られし自決の毒に目が醒める
まぐろ怖じ金目のものは地に埋め
茜空飯場の嗚咽とひびきあう

 大石氏はこのような句集を何冊も出しているホームレス俳人だ。もう一冊手に取る。同じ大石太『ホームレス羽抜鳥』(創造書房 一二三九円+税)だ。こちらは写真がたくさん挿入されている。ベンチで横たわる男の写真の下に

元専務公園デビューの晴姿

 そうなのだ。元専務であろうが、元教師だろうが、ホームレスになる機会はいくらでもある。われわれだって例外ではない。俳人大石太は鹿児島県生まれの男性だということがわかっている。
 しかし、ホームレス歌人公田耕一の正体はわからない。そして三山は横浜のドヤ街をさまよいながら、さまざまな人と出会い、公田耕一を追い詰めていくのだ。
 


☆☆☆☆ いろんな読み方ができる本だ。そして問い詰めている問題は大きく、深い。で、公田耕一とは誰か?ネタバレになるので是非ともお買い求めの程を…。
posted by ウィンズ at 18:26| 福岡 ☁| Comment(0) | 文学・文芸・コミック | 更新情報をチェックする