2011年09月22日

野依智子『近代筑豊炭鉱における女性労働と家族―「家族賃金」観念と「家庭イデオロギー」の形成過程―』明石書店 四五〇〇円+税

 会社勤めをしている旧友と呑んでいたときだった。こいつが酒の勢いでからんできた。
「学校のセンセイはいいねぇ。給料は安定してるし、ダブルインカムで、、、ええ車乗ってるし、……」
 もとより酒癖のいい奴ではないが、その日は少し荒れていた。どうやら長い不景気風が彼の会社にも強くあたりはじめたらしい。
「給料がね、ずいぶん下がったんだよ。オレ一人の稼ぎで家族を食わせるのはもう無理だぜ。いいなガッコのセンセイは…」
 呑み友だちのくどいからみにだんだん腹が立ってきた。バブルの頃にこいつは所帯を持った。「女を食わせるのは男の甲斐性だ」とかなんとかえらそうなことを言って、彼女には仕事はさせず、結婚当初から専業主婦をさせていた。確かにその頃は厚い財布を見せびらかしていたし、充分に一家を支える稼ぎ手だったはずだ。それ がここに来て年収はかつての半分以下になったと愚痴る。
「嫁にね、少しは働けって言ったら、何であたしが働かないかんのってふてくされてね。確かに手に職はないから働いたにしてもしれているけどな。それに比べてあんたはいいよな、かあちゃんも教員だろ。二人とも一人前の給料だもんな。ずるい、ずるい、ああずるい!」
 あの頃のこいつの羽振りの良さを知っているだけにかわいそうにも思ったのだが、「ずるい」はないだろう。不愉快だ。なもんで、二次会はよしにして、千円余計に払ってやってタクシーで帰ったのだ。帰ってもおさまらないので飲み直した。二杯目のグラスが空いたとき、ふと妙な疑問が酒の染みた脳をよぎった。
〈給料というのは働いている人間個人に払われているんだろうか、それとも家族を養う前提で払われるんだろうか〉
 ダブルインカム・ノーキッズなどと言って家族を抱えたサラリーマンから揶揄されたのはだいぶ前のことだ。そういう揶揄の背景には夫一人の給料で家族を養うのがあたりまえであり、そのしきたりに従わずに稼ぎ手が二人で、子どもも作らないような生き方がある種の妬みも含めて僕たちのような二人家族に向けられたのではな いだろうか。実際、僕一人の給料で妻子を養っている同僚もいる。というより、世間ではそれが常識なのはなぜなんだろう。なのにその給料を二家族分取り、家族を持たない。それじゃ、ズルッ子と思われたのかもしれない。
 そしたら、「家族賃金」という熟語が目に飛び込んできた。…「家族賃金」観念と「家庭イデオロギー」の形成過程……と小さく黄色い文字で背表紙に書いてある。眼を凝らせば『近代筑豊炭鉱における……』とタイトルにある。筑豊の炭鉱の歴史を調べようと買った本だったけど、副題に「家族賃金」と「家庭イデオロギー」か 。ちがった興味で頁をめくった。そしたらおもしろい。第一章に〈夫婦共稼ぎの筑豊炭鉱〉ってある。筑豊の炭鉱って共稼ぎだったんだ。そう言えば、女性の鉱夫ってなんかの絵で見たような気がするなあ。うむ。なるほど明治の終わりくらいの共稼ぎというのは一先山一後山の採炭労働、つまり夫婦ワンセットで働いていたのか。 つまりは夫婦で一家族分の給料が支払われてたということなんだ。
 で、第二章は〈坑内保育所の成立・発展と女性鉱夫〉か。へぇぇ、共稼ぎが前提なので保育所を作るのはあたりまえだったと言うことか。で、第三章は〈女性鉱夫の変容〉ね。この共稼ぎの女性鉱夫はどうなるのだろう。なになに、女性の坑内労働が禁止されたって。ははあ、これは政府の政策かあ。第二の国民を産み育てるのが 女の役割だって…。そうか昭和初期になると世界はきな臭くなる。戦争が影響するんだ。おっ、それと機械化ね。機械化が進めば後山夫がいらなくなるのか。でも妻の仕事がなくなったら給料は減るんじゃないの?あらら、女性を坑内労働から排除するために男の給料を挙げたってわけか。でも倍にするんじゃないしね。ふむふむ、 で、失業した女性には内職をまわすんだ。ありゃりゃ、わが呑み友だちの置かれた状況に近くなってきたな。ほほう、ついでに保育所もなくなって幼稚園に変わるのか。うーむ、納得っ。
 で、第四章は〈炭鉱主婦会による生活改善運動〉か。えっ!主婦というのがここで登場するのか。女性鉱夫は失業して夫の給料とささやかな内職で暮らすようになり、主婦会に顔を出すんだ。おお、ここで彼女たちはいわゆる良妻賢母にさせられるのか。そうか、僕たち夫婦に向けられていた眼差しはこれだったんだ。
《家庭イデオロギー》
 僕たちの生き方はこのイデオロギーを逆撫でしていたのか。それで妬まれていたんだな。おお、それにわが呑み友だちの運命のように今や男一人の「家族賃金」では生活が成り立たなくなっている時代になってる。そうだ、そうだ、僕たちはこの《家庭イデオロギー》に洗脳されていたのかもしれない。何が男の甲斐性だ。女性を 労働から締め出し、家庭に押し込んでちっとばかし給料を上げてもらったのが「男の甲斐性=家族賃金」じゃねえか。それは甲斐性じゃなくって《家庭イデオロギー》の所産なんだ。かと言って、今更あいつに説教してもしょうがないしな。でも、この本はおもしれぇ。


★★★★ あ、これって九州大学に出した博士論文なんだ。博士論文ったって、こんなにおもしろいんだなあ。明日学校に行ったらみんなにも勧めよう。筑豊の歴史もよくわかるしね。
posted by ウィンズ at 10:17| 福岡 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

狸小路きみこ『オサクばあちゃんのひとりごと』法邑興業株式会社 九五二円+税

 今ここにあったものがない。昨晩何を食べたか、…んー、思い出せない。えーと、この人の名前はなんていったっけ。いつ頃からだったろうか、そういう自覚症状が出てきた。赤瀬川原平が『老人力』(ちくま文庫 七一四円)なんて言い方をして慰めてくれたのはいいとして、やはり歳を取りつつある人間にとってはこうした症 状が進んでいった先が不安でならない。二十年後、いや十年後に今の自分を保っていられるかというと自身はない。しかし、いわゆる認知症の状態になってしまった人の気持ちは何処まで理解できているのだろうか、と思うと、これまた心許ない。
 一方で、高齢者に対する話しかけ方も気になる。若い人がまるで子ども相手のように「おじいちゃん、何が食べたいの?」なんてお年寄りに向かって言ってるのをしばしば見ることがあるが、自分がそう言われるようになったときのことを想像するだけで恐ろしくもなる。
 既にわれわれは高齢社会に生きている。高齢者の存在は人権問題の中でも重要な位置を占めるようになってきた。なってきたが、高齢者のことについてどれだけの理解がなされているのだろうか。理解がされていないから未だに子ども扱いのような対応がなされているのだろうと思う。
 本書は二人の認知症の高齢者(夫の祖母と母)を介護した女性による手作りの絵本である。主人公は八十八歳になる認知症のオサクばあちゃん。狸の姿をしているキャラクターがかわいい。そのオサクばあちゃんがついついやってしまういろいろな行動や失敗なんかが本人のひとりごととして描かれている。まあ、認知症の人がし てしまうことが次々出てくるのだが、高齢者本人の側からのメッセージとして読む者に伝わってくる。その言葉は著者が二人のばあちゃんとつきあってきた中で学んできた体験から導き出されたものなのだろう。だから認知症になった(なりつつある)高齢者の心の動きや不安といった気持がよく描かれている。そして、認知症であ っても人間であることの尊厳は失っていないことを教えてくれる。
 高齢社会の中で高齢者になりつつあるあなた。そして高齢者とつきあうことになる高齢ではない人たちに是非とも読んで貰いたい一冊だ。もちろん絵本だから子どもたちにもいい教材となるだろう。


★★★★ 最後にね「順番じゃ!」って言葉で締め括られている。そう順番なんだよ。
 そうそう発行が法邑興業ってあるけど、ま、自費出版みたいなものなのだ。どうしたら手に入るかっていうと、著者が経営している茶廊法邑(さろうほうむら)(011・785・3607)http://houmura.com/に直接問い合わせるか、いわた書店(http://homepage3.nifty.com/iwata/ email:PXY07224@nifty.com)に聞いて みるといい。きっと何とかしてくれる。

posted by ウィンズ at 10:15| 福岡 ☀| Comment(0) | 文学・文芸・コミック | 更新情報をチェックする

伊藤氏貴『奇跡の教室 エチ先生と「銀の匙」の子どもたち』小学館 一三〇〇円+税

 灘高等学校は知ってるね。そう、東大にバリバリ合格者がいる日本一の進学校だ。この学校がかつては公立の滑り止めだったって知ってたかな。この本の主人公エチセンセイこと橋本武氏が旧制灘中学校に赴任したときはまったく無名のボンボン学校だったんだな。それが戦後一気に進学校として急成長したのだ。
 進学校として実績を上げるようになったのにはいろんな事情があるだろう。生徒にバリバリ受験勉強を叩き込めば受験の成果があがるのかというと、必ずしもそうではない。ほら、そのあたりの高校は頑張ったところでそんなところだからだ。ちなみに、よく言われることだが、関西の私立高校が進学校として成長した背景には戦後の公立高校の学区制の問題があることは否定できない。通学区が制限されるので特定高校に成績のいい生徒が集まらないというので、その生徒が私立高校に流れたというのだ。しかし、そのことだけでは説明できない。その伸び方には学校差があるし、殊に灘高校が進学実績で成長したのはそれより少し遅れてなのだ。何でだろう。
 で、だ。本書の主人公であるエチ先生は新制中学・高校の教育に彼なりの期待をしたのだ。灘中学校は戦後の学制改革で新制の灘中学・高校の六年一貫校となる。そして一教科一教師で持ち上がるというスタイルで、授業の内容はすべて教師の自由というのが、灘中学・高校の特徴なのだった。そこでエチ先生は自分が新たに中学一年を担当するときからとんでもない授業に取り組むことにしたのだ。それは教科書を使わないことだ。そのかわり、中勘助の『銀の匙』(岩波文庫)一冊を中学校の三年間かけて読むということだった。エチ先生が最初の中学一年生を受け持ったのが昭和二十五年だった。その六年後の昭和三十一年に最初の卒業生が出る。この年、灘高校の躍進が始まったのである。全国の東大合格者高校別ランキングで二十二位にランクインしたのだ。そして二代目『銀の匙』組が卒業した昭和三十七年には京大合格第一位となり、三代目が卒業した昭和四十三年にはついに東大合格第一位の座を手にする。その後の灘校は誰もが知るあの灘校である。
 どういう秘密があるのか。まず、すべての教科の基本は国語力だということだ。受験勉強だって詰め込みでは限界があって、「観察力、判断力、推理力、総合力などの結集がものをいいます。その土台になるのが、国語力だと思います。」(七十九頁)とエチ先生は言う。そして一冊の文庫本を三年間かけて読むという読み方にその答えがあるのだ。
 えっ!早く教えろって?だめだな、自分でちゃんと読まなくちゃ。国語なんだから。しかし、これはすごい方法であることは確かだ。ただ、まちがいないことは、エチ先生は受験指導はしないということ。そして灘校の教育は詰め込みではなくて「自由」な教育だということだ。
 ともかくこの方法で学んだ生徒たちは確かな「学力」を身につけ、東大やら何やらに入っていっただけではなく、その後の人生もバリバリやってんだそうな。そして卒業生たちは未だにその授業の中で生まれたものを持っているんだと。そして、また残念なことに灘校でエチ先生の授業を受けられたのは六年に一度の学年しかないということだ。だから、昭和五十九年に七十一歳で退職したエチ先生に『銀の匙』の授業を受けたのは灘校の中でも五世代、一〇〇〇人程度しかいないのだと言う。なんという無駄なことをしているのだと思うかもしれないのだが、それでいいのだというのが、この学校の方針なのだろう。受験校の代表格のように言われる灘校は詰め込みではないらしい。そのことだけでも驚きだ。
 「あえて捨てる、徹する、遠回りする」「すぐ役立つことは、すぐ役立たなくなる」「正解よりも自分の興味に忠実であれ」…それが橋本流スロウ・リーディングの根底に流れる思想だ。ちょっとわれわれは目先の成果に焦りすぎてはいないだろうか。

☆☆☆☆ エチ先生の授業、『銀の匙』は中学生が対象だ。さて、受験、受験と生徒の尻をたたいている諸君、こんな授業をやってみる勇気はあるかな。
 ところで、エチ先生こと橋本武先生は現在九十九歳でお元気だそうな。
 

posted by ウィンズ at 10:14| 福岡 ☀| Comment(0) | 教育及び教育問題 | 更新情報をチェックする

水野宗徳『さよなら、アルマ』サンクチュアリ出版 一二〇〇円+税

 平和教育がマンネリ化しているって誰かが言ってたけど、そうかもしれない。だってあの戦争が終わって六十五年。戦争を記憶している人ってみんな七十歳過ぎじゃないの。日露戦争が終わって六十五年後って一九七〇年よ。大学紛争も終わっていたわ。まあ、このことにドキッとする人じたい、もうだいぶお歳よね。
 だから、今の子どもたちにとって戦争ってほんとうに大昔のことなのよ。だけど、あの戦争はこの国にとってほんとうにたいへんなことだったんだし、その痛みはいろんな形で残していかなくてはならないのね。
 だからマンネリでもいいから、あの戦争のことは、いやあの戦争で悲しい思いをしたことは伝えていかなくてはならないと思うの。戦争の悲しみっていうのは愛するものとの別れだ。愛するもののために戦う、なんて言うのは嘘よ。戦争って戦うことで愛する者と別れざるを得ないことなのね。そのことを戦争好きの人たちはわかっていない。ていうか、想像力がないのかも。子どもたちの平和力(!)を育むのにたいせつなことはその想像力じゃないかしら。愛する者と幸福に暮らしたい。そのためには武器を持ってよその国にまで行って戦う必要性なんてまったくないのよ。その想像力は育てたいわよね。と言っても、教えるセンセイ自体戦争体験なんてないし、想像力だって枯渇しているんじゃないかな。
 この本はそれでもやっぱりあの戦争の時の話なのね。戦争をやってしまった事情やら、他の国や、他の民族に対してどんなにひどいことをしたかみたいなことはどんどん忘れていくことのようなのね。そして歪んだ愛国心やねじれた民族主義みたいなのがじわじわ復活している危機感はあるわ。でも、愛する者との別れは想像できる。愛する者と別れなければいけないことと敵を作って争うこととを比べれば、戦争がまずいことだというぐらいは伝わるんじゃないかな。
 この本は軍用犬の話なのね。そう戦争に行って戦った犬の話。この本の著者は戦争なんてまったく知らない世代の人なんだけど、図書館の雑誌で見つけた一枚の写真に突き動かされてこの本を書いたというの。その写真というのは「祝出征アルマ号」という幟の傍に行儀よく座っている犬の写真。賢そうなシェパードね。この犬がどこの誰の飼い犬だったかはとうとうわからずじまいだったんだけど、この一枚の写真から著者の水野さんはすてきな、そして哀しい物語を紡ぎ出したの。一匹の犬と子どもたちの、そして戦争に巻き込まれた人間たちとの愛の物語よ。
 あの頃は徴兵制度があったから、若い男の人は次々と兵隊にとられていった。それは無数の別れだったんだけど、戦争に行くことになった人たちはそれぞれ自分の意思を持たされて戦地に赴いた。でも、犬にはそんなふうに国家のことを考えたり、民族のことを考えて、別れを正当化することなんてしやしない。子どもたちだってそうだ。犬と子どもたちは純粋に愛でつながっている。子どもたちは戦争というつらい時代の中でアルマをかわいがっていたのね。だけど戦況は悪化してアルマにまで赤紙(召集令状)が来ちゃったのね。そしてアルマにその餌のために軍用犬の訓練をさせちゃった責任を感じた若者がアルマを追って満洲に行く。そしていろんな出会いと別れがあって…
 この物語の中で描かれているのは犬と人間との関係なのね。いや、ちがう。生き物と生き物の関係かな。軍人は命令で人を動かす。犬にもそうやって命令しようとする。でもね、犬は愛する者のために働くのよ。愛する人が喜ぶなら危険を顧みず任務を果たすのよ。そんな人間とアルマの関係を見ていたら、いつも命令文で話している自分が急に恥ずかしくなっちゃった。教師も軍人に似てるね。


☆☆☆☆ 犬と人間の命はどっちが重たいのか。こういう物語を読んでいるとわかんなくなるのよね。でも、犬のために人間が死ぬこともあるんだ。つまりさ、いのちっていうのは平等なのよ。あっ、誰のいのちもたいせつっていうのはこういうことなんだって気づかされた。まあ、読めばわかるって。
 それはさておき、この軍用犬と子どもたちの物語、小学生でも読める文体だから、クラスの子どもたちに買ってあげてね。もちろんセンセイのお小遣いで、よ。
posted by ウィンズ at 10:12| 福岡 ☀| Comment(0) | 文学・文芸・コミック | 更新情報をチェックする