2009年11月24日

加藤陽子『それでも日本人は「戦争」を選んだ』朝日出版社 一七〇〇円+税

 歴史って暗記科目だ。そう思って生きてきた。そう思っている人ってけっこう多いんじゃないかな。大学生はまちがいなくそう思っているからね。この間バイトの学生に「日本史とか好き?」って聞いたら、「好きですよ」という答えが返ってきた。へぇぇぇ、と感心して、「どこがおもしろいの」と返すと、
「私、覚えるのって得意なんです。それで覚えただけ点が取れると楽しくって。努力の甲斐がすぐに出るでしょ。」
 笑い話みたいだけど、その学生、ごくまじめに答えてんの。ほんとうにマジな話なのね。そんな人が教師になってまた覚えるだけの歴史を教える。そうやってどんどん歴史は受験以外に役に立たない科目になっちゃうんだな。

 あれ?この逸話、可笑しくない? ……あ、そうか。この話、何が可笑しいのかもたぶんわかんない人がいるかもしれないわね。なんせそういうふうに教わってここまで来ちゃえばねぇ。そういう人のためにひとこと言うと、歴史って暗記科目じゃなくて考える科目なのね。そして受験じゃなくて日本の明日のために役に立つのよ。きっと。
 そういうことを実際にやってみたのがこの本。書いたのは東大の日本史のセンセイ。でもこの本はこのセンセイが書いたと言うより、このセンセイが中学生、高校生に講義した成果なのね。だから、中高生向きの教科書と考えればいいわ。
 加藤センセイは日本史の教育は大学では遅い、鉄は熱いうちに打て、とかねがね思っていたようなのね。それで彼女なりの「理想の教科書」を書きたかったらしいんだわ。それを知った朝日出版社が加藤センセイに中高生を対象に講義をさせるという企画をしたらしいの。その成果がこの本というわけ。
 というわけで、加藤センセイの日本史講義は二〇〇七年の年末から翌年にかけての五日間の集中講義で行われたのね。お相手は栄光学園中学一年生から高校二年生までの一七名。歴史研究部のメンバーが中心だというので歴史に対する関心は強い生徒たちだ。という前置きはさておき、五日間の集中講義なので、講義を聴くつもりで読むとついていきやすいわ。実際の講義をもとにしているから、ときどき生徒に問いかけたりしているのね。そのやりとりがけっこうレベルが高い。しかし、中学生や高校生でこの程度の反応はできておかしくはない。そういう素地があればね(小中学校の責任だよ)。
 で、題名がすごいでしょ…「戦争」を選んだ…だもね。講義のテーマは「日本の近現代と戦争」なんだ。日清戦争に始まり太平洋戦争に至る、その戦争をどうして日本は選択してきたのかを生徒たちにまさに当事者になったつもりで考えさせながら歴史を解読していくのだ。日清戦争-日露戦争-第一次世界大戦-満州事変と日中戦争-太平洋戦争と章立てはそうなっているけど、それらの戦争はずっと一貫して続いてきたんだってことがわかるし、それは日本とアジアだけに閉じた歴史じゃなくって、世界史的な構造の中での話だったことがわかってくる。学校の歴史教育が日本史と世界史に分かれていること自体がおかしいのかもしれない、と思っちゃうね。
 そうすっとね、単純に侵略したとかしなかったとかではなくて、その時代の中にいた日本人の歴史を選択してきた理由を推し量ることになるんだなあ。歴史ってこんなに意味のあるものだったんだってことがよくわかる。受験のためだけに暗記させていく歴史教育がいかに非効率的かってこともよくわかるね。だってこの本のほうが教科書よりもよく歴史がわかるんだもん。わかるだけじゃなくて、この本を手かがりにちょこちょこ調べていくと入試なんて屁のカッパだな。ちゃんと理屈の通った物語として頭に入っていく。試験対策に覚えなくても自然にいろんな物事が頭に入っていく。まさに「理想の教科書」なんではないかな。
 平和教育に戦争の悲惨さだけを実感なくつたえたり、侵略と被侵略の単純な構図なんかで歴史をいじりまわすこともちゃんちゃら可笑しくなっちゃう。そんなわけで、この本で授業改革できそう。
 自分で授業を作るためには参考になりそうな文献やらなんやらは加藤センセイがいっぱい紹介してくれているから、自分なりの授業プランが作れそうだし、高校だったら日本史と世界史をドッキングさせて授業作りもできそう。但し、教師の力量が問われることもまちがいないけどね。
 もちろん、フツーに歴史書として読んでも痛快。あたしも松岡洋右を見直しちゃったし(国際連盟脱退の時に席を蹴って退場するイメージとは別の、ほんとうは戦争なんかしたくなかった彼を知ってしまったの)、何枚も眼から剥がれる鱗があると思うよ。
 とは言え、この栄光学園って、東大に何十人も入る進学校なんだ。そう言うと「だから、こういう講義をやっても成り立つんで普通の高校じゃねぇ、ちょっと無理じゃない」などという自己防衛の声が聞こえそう。でもね、この学校、例えば高一ゼミというのがあって、「沖縄」とか、「原子論の歴史と原子論的な歴史の見方・考え方」とか、「映画で学ぶ世界の歴史」みたいなテーマの成績のつかない少人数教育をやっている。そう、「自ら課題を見つけ、自ら学び、自ら考える」下地ができているんだね。単なる受験校ではないのだろう。
http://ekh.jp/ga/k1z.html
 とは言え、やはり、当然ながらというかレベルのチョー高い学校であることにかわりはない。しかも歴史好きの歴史研究部のメンバーだからね。でも、いやだからこそ見習うべきことは見習った方がいいと思う。


☆☆☆☆ そして、二度と戦争を選択しないためにわれわれはどうしたらいいのか。それを考えるのにも本書は必読だ。

戦争をしたがるやつが増えたなと保守で通した老父が怯ゆ   休呆

そういうやつらに読ませたい。
posted by ウィンズ at 16:39| 福岡 ☁| Comment(0) | 歴史教育 | 更新情報をチェックする